湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


本屋の思い出
 鹿児島大学でタランチュラが捕獲されたのだそうな。

 熱帯地域などにすむ毒グモのタランチュラが鹿児島市の鹿児島大学構内で見つかった。研究室など学内で飼っているとの情報はなく、どこから来たかは不明。大学は29日、「見つけても、むやみに近づかないで」と学生らに注意を呼びかけた。
 男性職員(54)が28日夕、郡元(こおりもと)キャンパス内の屋外のスロープ付近で発見し、捕獲。29日朝、大学事務局に届け出た。体長約10センチで毒性が弱く、ペットショップなどでも売られている「ローズヘアタランチュラ」とみられる。かまれても死ぬことはないが、かまれると非常に痛く、腫れる場合があるという。
 大学事務局は、ほかにもいる可能性が否定できないとして29日朝、学生や教職員に「発見したら連絡を」と注意喚起のメールを流した。捕獲した男性職員は「被害者が出なくてよかった。それにしても、なぜこんなところにいたのか」と首をかしげた。(林国広)
(鹿児島大でタランチュラ捕獲 「なぜこんなところに」・2014年7月29日付朝日新聞)

 久しぶりに、大学の事を思いだしました。

 鹿児島に住んでいた学生時代。
 古本屋と中古CD屋によく行っていました。

 鹿児島で当時大きかったのが、加治屋町の角にあった漫遊書店。
 びっくりしましたが、現在は鹿児島市内に漫遊書店はないんですね(参照)。
 中古CD屋は天文館の裏にある狭い通り(グルメ通りという名前だったらしい)にあったモッキンバードに行っていましたが、微妙に移転しているようです(参照)。

 しかし、これら有名店は閉店しようが移転しようが何らかの形で情報を得られるからいいですね。
 鹿児島中央高校前にも古本屋と中古CD屋と安いラーメン屋があった記憶がありますが、名前を忘れているのでまったく情報が出てこない。
 ひょっとして、夢?

 まあしかし、そんなに毎日行ける場所ではないので、下荒田に住んでいた時は騎射場電停前にあった古本屋や、郡元町の友人宅によく行っていた頃は中郡電停からJR指宿枕崎線方面に入った場所にあった古本屋によく行っていました。
 このどちらも現存していなさそうです。
 調べてみましたが、鹿児島市内に僕の知っている古本屋さんはあずさ書店西駅店くらいしか現存しないようです。

<古賀市にあった古本屋>

 ・・・で、このブログは鹿児島情報ではなかったので、古賀近辺の古本屋さんについても調べてみました。

 昔、古賀駅前には2軒の本屋がありました。
 一軒目は香川書店。古賀駅を出て線路沿いを南下する新町商店街の入口にありました(後に県道534号線沿いに移転しましたが)。
 もう1軒はブックス橋本。後にクオリティ21(参照)と名前を変え、現在も古賀駅前に店舗があります。

 昔は、駅前と言えば書店でした。
 そんな時代だから、古賀のような小さな町の商店街にも古本屋がありました。

 僕らが中学の頃から通いだしたのが、新町商店街(参照)の中頃にあった古賀文庫。
 主にマンガが多く、狭い店内に本がうずたかく置かれていた古本屋でした。
 僕らが高校に上がった頃。近くに名称不明の古本屋ができましたが、結局両方とも現存していないようです。

 その後、県道35号線の花見交差点近くに骨董屋か古本屋か分からない時代屋ができていますが、こちらは現存しているようです。
 同じ通り沿いの花見堂(参照参照)も現存しているので、幹線道路沿いだとある程度やっていけるのかもしれません。


<新宮町にあった古本屋>

 高校生の頃になると、自転車で普通に香椎辺りまで遊びに行くようになりました。
 その途中でよく行っていたのが、新宮にあった古紙回収業者さんの倉庫の片隅の古本コーナー。
 どんな本でも100円均一という、当時としてはありえない安さでした。
 場所は、湊川沿いを走る県道537号線が三苫方面に折れる角。
 確か、中嶋リサイクルセンターという名前だったと思います。

 現在は、有限会社萱嶋製巧所の工場になっているようです。

 新宮駅前の裏通りにあったアンチークシキなる骨董屋さんにも古本が置いていましたが、ご主人がいかにも古本屋のご主人といった感じの方でした。


<東区香椎にあった古本屋>

 で、新宮を経由して香椎に行くのが通常のパターンでした。
 よく行っていたのが、香椎駅を出て宇宙軒(当時)の角を左手に折れてすぐのあしび文庫
 最近通りかかると無くなっていたので残念に思っていたら、2000年の8月に奈多に移転したそうです(参照)。

 あしび文庫の前の通りを戻って香椎駅前通りを横断してしばらく行った所にも小さな古本屋さんがありましたが、あの辺りはビル自体が取り壊されているので全く面影が無くなっていますね。

 この辺りは再開発でずいぶん様変わりしていて、1986年創業のあい書林は、香椎駅を出て左手の香椎駅前1-7-35にあったようですが、再開発絡みで2013年7月頃香椎駅東3-24-3に移転(参照)。
 で、2015年4月には南区大楠に移転する予定だそうです(参照)。


<その他>

 普段は香椎止まりだったのですが、呉服町交差点近くに九州古書センターとかいう名前だったと思いましたが間口の狭い古本屋さんがあって、よく新聞広告を出していました。
 確かに当時としては大きかったですしお客も多かったんですが、ネットではまったく情報がないですね。
 上川端商店街の中にも老舗っぽい古書店があったのですが、いつの間にかなくなっています。

 一時期外回りの営業をしていたので、その地域その地域の小さな古本屋さんにもよく行かせてもらいました。
 唐人町の街の本屋さんはまだあるようです(参照)が、室住団地入口にあった古本屋さんはもう無くなったみたいですね。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 古賀市 福岡市 新宮町

テーマ:古本 - ジャンル:本・雑誌


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/1475-60a5ec59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。