湾鉄調査部
興味ある事を興味あるままに調査しています
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


就労支援移行事業を使えるのは一生に二年間だけ
 前回は、就労継続支援B型について書きました。
 で、今回は就労移行支援について書いてみます。

 就労移行支援事業を使えるのは、一生に二年間だけである。
 そんな話を昨年聞きました。

 障害者総合支援法における就労系障害福祉サービスには、就労継続支援と就労移行支援があります(参照)。
 就労継続の利用期間には特に制限はありませんが、就労移行支援の場合には2年間という制限があります(参照)。

 問題は、その2年間が一生に一度っきりなのかどうかという事です。

<就活は一生に一回だけのチャンスなのか?>

 就労移行支援というのは、つまり就職活動(就活)の支援をするという事です。
 しかし、終身雇用制度が崩壊したと言われて久しい昨今(参照参照参照)。
 果たして、一生に一度だけしか利用できなくても大丈夫なのでしょうか?
 実際就職したら自分には合わず転職はよくある話です(参照)。

 検索してみると、確かに一生に一度だけしか使えないという説も散見します(参照参照)。
 一生に一度だけというよりも、一生に2年間だけという解釈が広く流布しているようです。

<とりあえず再度使える>

 この辺について、詳しい議論がありました(参照参照)。
 で、どうも2005(平成17)年12月26日に出された障害保健福祉関係主管課長会議資料(平成17年12月26日開催)の中の資料9 新しい事業体系等について1.新しい事業の概要に「利用期間を限定(原則1回限り、更新可)。」とあったらしいのですが、実はこれは2006(平成18)年6月27日に公開された障害者福祉 - 障害保健福祉関係主管課長会議資料(平成18年6月26日開催)資料1:支給決定事務についてによると、利用期間の更新についてのようです(参照)。
 で、厚生労働省も2006(平成18)年3月2日付の障害保健福祉関係主管課長会議資料(平成18年3月1日開催)資料1-3:障害者自立支援法による基準・報酬について就労移行支援事業と労働施策の連携という表で、「再チャレンジ」と書いているようです(参照)。

 こうして見ると、一生に一回だけという解釈は成り立たないようです。

<一生に2年だけではない>

 で、そうなると、「一生に2年だけなんだ」と言い出す人が出てきます。
 「前回就労移行支援を使ったけど、1年しか使わなかったからもう1年はどこかで使える。」とか言ってる人がいます。

 しかし、障害者福祉研究会という所が書いた障害者自立支援法Q&Aという本には、以下のように書かれているようです。

Q33 再度の就労移行支援事業の受給

就労移行事業については、プログラムが期限付きとされているが、期限内に就労できなかった場合、その後のサービスを受給することはできるのか。再度の就労移行支援事業の受給は可能か。

A 利用者の意向等を踏まえ、就労継続支援A型や就労継続支援B型および地域活動支援センター等を利用し、地域で生活し続けるための支援をおこなうこととなる。ただし、これらの施設で訓練を行い、通常の事業所に雇用されることが可能と見込まれる場合には、再度就労移行支援事業を利用することは可能である。
(参照)

 つまり、最初の利用で2年を超えていても「これらの施設で訓練を行い、通常の事業所に雇用されることが可能と見込まれる場合」には可能という事になるようです。

<どうしてこんなに「ガセネタ」が横行するのか>

 と、言う事で、調べれば調べるほど様々な解釈が並立し、混沌としている事が分かりました(^_^;)
 それもこれも、きちんと明文化されていないからなんじゃないかと思います。

 学校教育業界もそうですが、社会福祉業界って制度ビジネスです。
 お役所の出した法令の通りにやらないと、お金がもらえない業界です。
 ですから、お役所のご意向が指針になっています。

 でも、結構法令が曖昧なので、個人個人の解釈が横行したりするんでしょうね。
 結局は、こういったところで厚生労働省の御意向を慮ってやっていくしかないのでしょうか。

 まあ、デキる人はそのご意向を利用して、ご自分理想のサービスを実現させたりするんでしょうなぁ。
 僕には縁のない世界ですが(^_^;)


障害者自立支援法Q&A障害者自立支援法Q&A
(2009/01)
障害者福祉研究会

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:現場職員のぼやき・悩み - ジャンル:福祉・ボランティア


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/1501-951558ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。