湾鉄調査部
興味ある事を興味あるままに調査しています
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


古賀市長選挙 候補者乱立の理由
 11月30日に投開票される古賀市長選挙(選挙公報はこちら)。
 前々回に中村隆象さんを推した保守系は、前回竹下司津男さんを立てて辛くも勝利しました。
 今回は、その保守系の中から更に松島岩太さん(参照)、前田宏三さんの2人が立っています。
 一体何があったのかよく分かりませんでした。

 そこで、何回かブログに書いて(参照参照参照参照参照参照参照参照)、網を張っていました。
 すると、先日情報が寄せられました。
 でも、選挙期間中なので書くことが出来ませんでした。
 とりあえず、20時過ぎたら良いだろうってんで、今書きます(^_^;

<情勢は中村優勢?>

 事情通は、中村さんが優勢だと見ているようです。
 前回、竹下さんを推した保守系が、今回は竹下さん、前田さん、松島さんと割れているからなのだそうです。

 ただ、中村さんの基礎票は、同級生である清原さんと被っています。
 また、前回は現職としての強味もありました。
 現職の竹下さんは、有権者にとって特に大きな問題があるわけではありません。
 前回の得票数だけを見て、単純に中村さんが優勢だとは言えないのではないでしょうか。

<竹下さんは劣勢?>

 その竹下さんですが、就任当初は若い頃に所属していた団体の件で色々言われていました。
 最近はそれも克服し、特に問題なく市政を運営しています。

 先に述べたように、有権者にとって特に大きな問題はない市長です。

 竹下さんが、話題になった団体に所属していたことは、前回立候補表明した時点で分かっていました(参照)。
 ネットで検索すれば、1分で分かる事です。
 その問題を理由に、前回は支持したが今回は支持していないわけではないと思います。
 一般の有権者ならともかく、政治家の情報リテラシーとして、検索ぐらいはするでしょうから。


 その中で、前回竹下さんを担いだ松島さんや前田さんが出馬したのはなぜなのでしょう。

 どうも、竹下さんの支持層が離れてきていると分析されたようです。
 担いだ市議の方々にとっても、なかなか自分たちの意見を取り入れないという不満があったようです。
 一部市議は支持していると見られるのですが、出陣式には3名しか来なかったとの噂もあるようです。

 そもそも竹下さんは政治家ではないので、基礎票はそんなにありません。
 前回当選は支持していた市議たちの票が物を言ったのでしょう。
 市長をしていた間に、どれだけ支持を広げられたか。
 事情通は懐疑的でした。

<前田さんは後がない?>

 以前、許山さんが市長選挙に出るかもという噂を書きましたが、許山さんは次回県議選挙古賀市選挙区で自民党から出ると決まっているとの噂があるようです。

 西尾さんが、粕屋選挙区で出るとの噂もあるようです。

 前田さんは、自由民主党古賀支部長らしいです。
 当初、古賀市長選挙は、前田さん、許山さん、松島さんから推薦願が出ていたのだそうです。
 竹下さんが1㎜も絡まないのがビックリですが、色々な経緯があったんでしょうね。こんなのとか。

 前回の遺恨からか、中村さんの支持者と竹下さんの支持者が、お互いにネット上で攻撃しあっているように見えます。
 しかし、この経緯が本当なら、竹下さんの敵は中村さんではないのでは・・・。
 むしろ、お2人は最も立場が近いような(^_^;

 で、前田さん支持者がほとんどの会議で、前田さんを市長選に出して許山さんを県議選に出すと決まったのだとの噂。
 その噂を教えてくれた事情通は、その強引さが嫌われて山手の市議は自民党古賀支部から離れたのだと言っていました。
 そうなると、ここも厳しい闘いになりそうです。

 そういう経緯から、次の県議選には出られないでしょう。
 市長選挙に落ちたら政界引退するのではと見られているようです。

<「上」を目指す松島さん?>

 そして、松島岩太さん。
 以前から、次は市長や県議など「上」を目指したいという考えであったと事情通は言います。
 若いうちから市議をやってきて、結構なキャリアもあるのですから当然でもありましょう。
 加えて、前回支持した現職が思うように動かないというイライラもあったと言います(参照)。

 そこで、市長選挙に出る意向を示していたにもかかわらず、前述したとおりに調整され、強行突破で立候補したのだとは事情通の話。
 そういう事情なので、今のところ落ちても次の市議選には出ず、次回の市長選に備える意向のようです。

<大穴は清原さん?>

 過去の古賀市長選で保守系候補への対抗馬として幾度となく出馬し、古賀市内で一定の支持基盤を持つ市議会議長の奴間健司さん。
 その奴間さんが清原さんを支援しているとのことです。

 噂が本当であるかどうかは別にして、「革新系」唯一の受け皿になっているという事でしょう。
 ただ、自民党一強時代にはそんなに有利な点とは言えませんし、中村さんと同級生なので基礎票が割れる可能性もあります。

<情報のない安松さん(^_^;)>

 で、最後に安松示喜議さん。
 事情通はよく知らないようです(^_^;)
 すみませんm(_ _)m

【追記】

 開票所(市民体育館)では、開票中に中間発表が行われます。
 第1回の発表は、22時の予定らしいです。

 とりあえず、22時の中間発表では、清原1800、前田3500、竹下3500、中村3500、安松178、松島2900だそうです。
 投票率は、50%弱とのことです。

 再選挙の可能性ありとも報道されていたようですが(参照)、少なくとも1人が6000票超え濃厚で再選挙はないようです。

 22時30分頃確定しました。
 清原1857、前田5447、竹下5648、中村6600、安松178、松島3104だそうです。

 元職の中村さんの当選が確定したようですが、次は衆議院議員選挙です。
 今回分裂した市議たちも次は協力するのでしょうが、大丈夫なんですかね。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/1506-2f315274
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。