湾鉄調査部
興味ある事を興味あるままに調査しています
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


仕事をサボる権利
 朝の通勤電車、会社の最寄り駅、扉が開く瞬間 に、「ああ。このまま降りずにどこかへ行って みたい。」と、夢想したことはありませんか?
 僕には、よくありました。

 ここ数日、国会をサボって旅行に行ったという疑惑で、ある国会議員が批判されているようです。

 果ては秘書の言葉づかいまでもが批判される始末(参照)。

 本人は、その当時病気療養中で、旅行はしていないと主張しているようです(参照)が、例え国会サボって旅行に行ったと仮定しても、「なんぢらの中、罪なき者まづ石を擲て(ヨハネの福音書8:3~7・参照)」ではないでしょうか?

<サボりたい国民とサボらせたくない支配者たち>

 そもそも、「サボれるものなら仕事をサボりたい」というのが、社会人の常識です。
 仕事をサボりたいというのは、自分の自由な時間を増やしたいという欲求です。
 それは自己決定権の表れであり、その制度化が法律に定められた年次有給休暇(参照参照)でしょう。
 しかし、「残業代なんて払わなくて良いんじゃね?」というのが、政治家の常識のようです(参照)。

 維新の党の足立康史衆院議員(比例近畿)は25日の厚生労働委員会で質問に立ち、元私設秘書から未払いの残業代700万円を請求されたことを明かし「払うことはできない。私たち政治家の事務所は、残業代をきっちりと労働基準法に沿って払えるような態勢かと問題提起したい」と述べ、未払いを正当化した。
 足立氏は「私は24時間365日仕事をする。そういう中、秘書だけ法に沿って残業代を支払うことはできない」と持論を展開。元秘書からの請求に対しては「ふざけるなと思う」と強弁。
 取材に対し「労基法は現実に合っておらず、見直しが必要だ。議論を喚起するために発言した」と述べた。
(維新議員、秘書残業代不払い宣言 「労基法は現実に合わない」・2015年3月25日付共同通信)

 労働者保護の歴史は、労働時間の制限から始まりました(参照)。
 より長い時間拘束したい使用者とより長く自由でいたい被雇用者とのせめぎあいは、今も続いているのです。

<庶民感覚を忘れない政治家を保護せよ>

 だから、仕事をサボるような常識ある国会議員がいたとしたならば、国民皆で守らなければなりません。
そんな国会議員が増えたら、「サボり法」と か出来てサボりやすい日本になるかも知れないではありませんか。

 まあ、欲を言えば、そういった主張をこの国会議員本人がして欲しいものですが・・・。
「お前ら社畜どもがサボりやすい日本にするた め、俺が率先してサボってるんだよ!」
 そこまで言ってくれたら、マニアックな人気がでる事でしょう。

 保障はしませんが(^_^;)

<この話ちょっときな臭いですけどね>

 ちなみにこの件、批判された国会議員と秘書は地元市長と親しいのだそうで、その人を追い落とす策略なのではと言われているようです(参照)。
 また、この国会議員って、例のセクハラ野次を受けた人だったんですね(参照)。

<一般就労の利点の一つは労働者としての保護を受けられるという事>

 以前書きましたが、僕自身、福祉的就労と比較した一般就労の魅力が今一つ整理されていません。
 一般就労だと最低賃金は保証されるといいますが、以前書いた通り、お金の魅力ってそんなにないのです。

 そもそも、最低賃金の減額の特例許可制度(参照)もありますしね。

 しかし、最低賃金だけではなく、幅広く労働者としての権利が保障されるのは大きな魅力なのかもしれません。

 誰もが働ける可能性を持っている。とか、人は一生成長できる。とか、一見美しい言葉が曲者だと最近思います。
 言ってる事は正しくて美しいけど、動機 は不純なんだろうと。
 予算にも限りがあるから、福祉予算も削らなきゃならないのは分かりますがね。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:福祉のお仕事 - ジャンル:福祉・ボランティア


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/1538-4f979a2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。