湾鉄調査部
興味ある事を興味あるままに調査しています
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


保育園はうるさい
 先日、古賀市の出来事が全国的な(?)話題になりました。

 ● 住民「ついのすみか…戸惑い」 園「まちづくり理解を」

 安心して産み育てる環境を整えるため、保育所や幼稚園の整備が急がれる。しかし「子どもの声がうるさい」「親の送迎マナーが悪い」など近隣住民の苦情で建設が難航したり、園児の活動を制限したりするケースも出ている。子育て施設は迷惑施設なのか-。来週(25日)と2回にわたって考える。

 4月の陽光が降り注ぐ園庭で、社会福祉法人「新芽会」の鶴丸聡一郎理事長(52)は高さ3メートルの防音壁を寂しそうに見上げた。「子どもの声は不快なのか…」
 福岡県古賀市に1日、新設された認可保育所「舞の里バディ保育園」(定員110人)。建設を計画した2年前から近隣住民の反対運動に遭った。(1)騒音対策として防音壁を設置(2)住宅側にある幅6メートルの市道を送迎に利用しない-ことを求められた。資金不足のため、鶴丸理事長はブロック塀での代用や高さ1・5メートルの防音壁などを提案したが、「民家側の約60メートル全てに高さ3メートルの防音壁を設置」は譲ってもらえなかった。
 結局、約600万円掛けて防音壁を設置。駐車場や給食食材の搬入口の位置も市道を通過しないよう変更した。鶴丸理事長は「いろんな意見があると思うが、子どもの存在が活気あるまちづくりにつながると理解してほしい」と話す。

    §   §

 「子どもたちには何の罪もない。保育所が必要なのも分かる。でも、自分たちには死活問題ということも理解してほしい」。市道を挟んで保育所に隣接する自宅に住む男性(65)は訴える。
 約20年前に今の家を購入し、7年前に退職した。夫婦で老後を過ごしてきたが、保育所ができれば環境が激変してしまう。「この辺りの静かな環境を気に入って家を買った。子どもの声や送迎で騒がしくなると…。ついのすみかと思っていたのに」と戸惑いを隠せない。
 近隣約200世帯への説明会や意見交換会は4回開かれたが、住民でつくる「新設保育園建設計画の再考を求める会」は、見直しを求める3717人分の署名を市に提出した。同会代表の男性(50)は「保育所が迷惑施設とはこれっぽっちも思っていなかった。でもここは開発から約30年たった住宅地。60代、70代を超えた住民が多いことを配慮してほしかった」と振り返る。今のところルールは守られ、トラブルは起きていない。

    §   §

 4月から始まった「子ども・子育て支援新制度」。深刻な待機児童問題の解消に向け、保育の量と質の充実を図るのが狙いだが、どのような施策を展開していくかは市町村に任される。
 福岡市のベッドタウンである古賀市(人口約5万8千人)では2013年度に待機児童が発生。「ありがたい話」(同市子育て支援課)と新芽会に建設費として国、県合わせて約1億7千万円を補助するなど支援してきた。しかし、防音壁設置など具体的なトラブルについては「民と民の問題」との立場だ。
 都市部で土地を探すのは難しい。住宅街に保育所が建設され、トラブルが起きることは珍しくないだろう。次回は、住民と良好な関係を築いた保育所を紹介し、あるべき姿を考えたい。
(保育所は迷惑施設か<上>福岡県古賀市の新設保育所の場合 反対運動で高さ3メートルの防音壁・2015年04月18日付西日本新聞)



<地元ではあまり話題になってなさそうですが・・・>

 この記事。全国的な話題になったようですね。

 舞の里バディ保育園の公式サイトによると、保育園の住所は福岡県古賀市舞の里2丁目8番6号。
 以前、独立行政法人都市再生機構九州支社福岡東部開発事務所があった場所のようです。

 新設保育園計画の再考を求める会で検索をすると、先日県議選で落選をした(参照)許山秀仁市議会議員を紹介議員に古賀市議会に提出した「新設保育所建設計画の延期と再協議を求める請願」というのがあったようです。
 自民党系で県議候補になるほどの保守系市議の重鎮が紹介議員なら安泰ですね。

 ・・・と思いきや、この請願は2014年9月3日の文教厚生委員会(芝尾郁恵委員長)で全員一致で不採択(吉住「ぱっしょん」ブログ)になっています。
 3717人分の署名というのはこのことでしょうね。

 請願というのは、日本国憲法第十六条に「何人も、損害の救済、公務員の罷免、法律、命令又は規則の制定、廃止又は改正その他の事項に関し、平穏に請願する権利を有し、何人も、かかる請願をしたためにいかなる差別待遇も受けない。 」と定められている国民の権利だそうです。
 地方自治体への請願は、地方自治法第七節に定められていて、「請願することができる者は、日本国民であると、外国人であると、また当該地方公共団体の住民であると否とを問わず、また法人も請願できます。(名古屋市:請願・陳情の案内(市会情報))」とのことです。
 ただし、法的拘束力はないとのことです(請願権と請求権はどう違うか。法的拘束力を持つかどうか。)。


 3717名といえばかなりの数ですが、請願で署名できるのは住民だけではありません。
 結構伝手をたどって色々な人に頼んだりしますしね。

 舞の里地区の保育園新設計画には様々な紆余曲折があったようです(参照参照)。
 しかも、舞の里地区は色々な意見の方がいらっしゃる場所です(参照参照)。

 しかし、結局は3月20日に落成し、舞の里にも地盤がある市議会議長も落成式であいさつしています(舞の里バディ保育園 落成式で挨拶 - 古賀市議会議長 ぬま健司 ページ!)。
 どのくらいの人が、どのくらいの本気度で署名を集めたのか、地元を離れた僕には見当が付きにくいです。

<・・・で、伝手で来たこの署名はどうなのでしょう>

 先日、どういう伝手なのか富士圏域の障害児(者)医療と福祉の充実を求める請願書というのが回ってきました。

富士圏域の障害児(者)医療と福祉の充実を求める請願書

 本年2月、富士圏域内にある独立行政法人国立病院機構静岡富士病院(以下、富士病院)は、2年以内に富士圏域でのすべての診療を終了するという方針を一方的に打ち出しました。富士病院はこの圏域の重症心身障害児(者)や発達障害の唯一の拠点病院であり、関係する市民にとっては深刻なサービスの低下を招く方針変更です。国立病院機構は、当初、現在地において診療機能を充実するために新築整備を行い、在宅支援の充実も方針として内外に示していました。
 この方針変更は、厚生労働大臣が独立行政法人国立病院機構に中期目標において示している「各病院の診療機能や地域のニーズに応じ、セーフティーネット医療分野をはじめとした在宅療養患者やその家族を支援する取組を進め、地域における在宅医療提供体制の充実に貢献すること。」の内容に反するもので、機構の目標と今回の機構の方針は相容れない内容です。
 重い障害に苦しむ患者・家族にとって富士病院は希望の支えです。私達は、弱いものが切り捨てられ、地元の医療福祉の低下につながる計画には賛同できません。独立行政法人国立病院機構が、厚生労働大臣が提示している中期目標に向けて、当該地で一層の医療・福祉の充実をしていくことを求めるために以下の内容を市議会に請願いたします。



 富士圏域の障害児(者)とその家族が安心して地元で暮らしていけるように、医療・福祉の拡充をはかってください。
 静岡富士病院の統合移転「構想」を当初示していた現在地での新築・整備計画に戻すように、機構及び静岡富士病院に求めてください。
 地元の医療・福祉の向上のために、別紙「富士医療圏の地域医療・福祉の充実に関する意見書」を国会及び関係行政官庁に提出してください。


 ここにある「富士医療圏の地域医療・福祉の充実に関する意見書」は添付されていなかったので、この請願に署名しろと言われても困ってしまいます。
 で、署名をしませんでした。
 すみません(^_^;)

 で、請願書取り扱い団体のサイトを片っ端から検索してみました。
 れんげの会、さんざしの会、富士市 重症心身障がい児者親の会 はなみずき、、静岡県重症心身障害児(者)を守る会、富士市手をつなぐ育成会、富士宮市手をつなぐ育成会、富士ぶどうの会、富士圏域社会福祉施設長会と見てみましたが、まったく関連情報はありません。

 で、検索して見つかったのが、富士圏域の障害児(者)医療と福祉の充実を求める請願書
 この文書は、全医労という団体のサイトにありました。
 全医労とは、全日本国立医療労働組合のこと(参照)。

 僕がフリーター時代に、博多駅前で「国立病院の看護師の給料は安すぎる!」とフリーターにとっては寝言のような署名をするように迫ってきたあの人たちでしょうか(^_^;)

 もちろん、そこにもこの請願の説明はありません。

 調べてみると、一応背景は分かりました。

 富士宮市にある静岡富士病院について、運営する独立行政法人国立病院機構(本部・東京)は16日、同機構の静岡医療センター(清水町)に移転し、統合することを発表した。
 静岡富士病院は、神経・筋疾患や重症心身障害などが専門。同機構は、静岡富士病院の移転統合の理由として、建物の老朽化や現在の機能では患者の高齢化に対応することが難しいことなどを挙げている。
 静岡医療センターは循環器病やがんの治療を専門としており、この統合で総合的な機能を持つ病院にするという。
 静岡医療センターの病床数は現在380床だが、統合により450床程度に増やす。病棟改修や重症心身障害病棟の新設などをして、2016年度内の統合完了を目指すという。
(静岡富士病院の移転・統合発表 16年度完了目指す 国立病院機構・2015年2月18日付朝日新聞掲載)

 で、独立行政法人国立病院機構 静岡富士病院独立行政法人国立病院機構 静岡医療センターのサイトも見てみましたが、当然ながら統合反対についてなんて書いてません。

 で、両病院の場所を調べてみました。

 まず、静岡富士病院はこんな感じ。

●交通機関利用の場合
JR身延線「富士宮駅」で下車、富士急バス2番線のりば(白糸の滝方面)より
「猪之頭行」「足形行」又は「休暇村富士行」に乗車(約30分)
《静岡富士病院入口》で下車し、徒歩約3分。

●自動車利用の場合
東名高速道路「富士インターチェンジ」から「西富士道路」を経由、
国道139号線を走行し、上井出インターチェンジを降りる。(約25分)
最初の信号を左折し500m。
(交通アクセス - 独立行政法人国立病院機構 静岡富士病院)

 一方の静岡医療センターはこうです。

バス・タクシー

■JR三島駅前から静岡医療センター経由(柿田経由)沼津行バス乗車
東海バス・・・(のりば4番にて約20分 医療センター下車)

■JR沼津駅前から静岡医療センター経由(柿田経由)三島行バス乗車
東海バス・・・(のりば2番にて約15分 医療センター下車)

■JR御殿場線長泉なめり駅から静岡医療センター方面 長泉・清水循環バス乗車
長泉・清水循環バス・・・(約40~50分 静岡医療センター下車)


■JR三島駅又はJR沼津駅よりタクシーにて約15分

自動車

以下の地図を参考にして下さい。
東名高速道路沼津I.Cより約10分(5.2Km)

国道1号線バイパス「八幡」交差点を南に折れ、道なりに旧東海道を沼津方面へ、1つ目の信号のある交差点(医療センター入口)を左折して、500mくらいすると右側に病院があります。
(アクセス - 独立行政法人国立病院機構 静岡医療センター)

 こうしてみると、全体的には静岡医療センターの方が便利そうです。

 ちなみに、富士宮駅から沼津駅は580円で1時間弱だそうです(富士宮駅 沼津駅 - Google 検索)。
 自動車で移動した場合、東名高速道路と国道139号線経由で43.5 kmの50分(渋滞なしで44分)だそうです(参照)。

 僕は、基本的に学校や病院なんかは移転すべきでないと思っています。
 だって、ある種の人たちにとっては生活すべてを変えざるを得ないのですから。

 でも、この場合は、便利になる人も多そうな気がしますね。
 その辺、請願をしている方が発信して下されば幸いなのですが・・・。

<署名って意味あるのかな・・・>

 そもそも、両病院の距離も分からない人に署名を頼んで意味があるのでしょうか。
 でも、せざるを得ないんですよね。

 僕も以前、署名活動をしたときに、「数は力だ」と言われて、結局町内会で署名を回してもらったことがあります。
 熱意のない署名なんて、意味ないと思うんですけどね。
 受け取る議会も、所詮署名なんてそんなものだと思っているので、軽視しがちなのではないのでしょうか。

 まあ、署名が多いほど、熱意は伝わると思いますが。
 それに、熱意なんて署名簿を見たってわからないのですから、枯れ木も山の賑わいってことになるのでしょう。

 なんだか今回もわけのわからないことを書いてしまいました・・・。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 古賀市 古賀市政 地方自治 政治 心理学 教育

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/1551-d94c7b34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。