湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


MOMO7wをwindows10化した
 疲れていると、手に細かい水疱ができる。
とても痒い。
 これ、汗疱 というやつらしい。
 疲れているからではなく、暑いからなのか?

 そんな中、お盆の帰省中に仕事できないかと、PloyerMOMO7W(English)(参照参照)にWindows10導入をしてみました。
 こちら等を参考にしています。

<バックアップ等>

 まず、Windows8.1の回復ディスクを作ります。
 ディスクと言いますが、必要なのは16GBのUSBメモリ
 作らなくてもいいのですが、作らないと途中で何かあったときに困ります。

 僕はデータ等を保存してないので、他には何もバックアップしなくていいはずです。
 ただ、KMDF HID Minidriver for Touch I2C Deviceのドライバだけはバックアップしとかないといけないようです。
 このドライバは、/windows/system32/drivers/にあるSileadTouch.fwをコピーしとけばいいようです。

<Windows10のディスク作成>

 次に、Windows10のディスクを作ります(参照)。
 DVD-RかUSBメモリで作れるようですが、32ビットと64ビットの両対応だと、4.38GB(4.7GB:参照)以上あるようです。
 どちらかだけであれば、DVD-R一枚かUSBメモリ4GBでたりるようです。

 まあ、MOMO7Wの場合は、USBメモリを使うことになるのでしょうが。

<MOMO7Wを出荷状態に戻す>

 次に、MOMO7Wを出荷状態に戻します。
 Windows10のインストールには、4GB以上の空き容量が必要です。
 色々消してみたのですが、なかなか空きません。
 最終的に、出荷状態に戻すしかないという結論になりました。

 チャームから、[設定]、[PC設定の変更] 、[保守と管理]、[回復]、[すべてを削除して Windows を再インストールする]と選択して、[開始をする]をクリックします。
 これには電源ケーブル接続が必須なので、電源ケーブルを挿しておいて下さい。

<Windows10のインストール>

 いよいよ、Windows10のインストールです。
 出荷状態に戻ったMOMO7Wを起動すると、もちろん中国語のWindows8.1になっています。
 そこは無視して、さっき作ったWindows10のUSBメモリを、OTGケーブルUSBハブを介して挿します。
 USBハブは、マウスをつける必要があるからです。
 
 そして、USBメモリのルートにある「setup.exe」を起動すれば、インストールがはじまります。
 電源ケーブルを挿しておかないといけないとの話ですが、USBポートが一つなので難しいです。
 インストールの時間が結構あるのでヒヤヒヤしましたが、なんとか電源ケーブルなしで終わりました。

<タッチパネルのドライバをコピー>

 さて、このままではタッチパネルが効かないので、何かと不便です。
 バックアップしていたSileadTouch.fwを、\windows\system32\Driversにコピーして、再起動します。

 ちなみにこの時点では、\windows.old\windows\system32\DriversにSileadTouch.fwがバックアップされています。
 自分でバックアップしていなくても、慌てる必要はないようです。

 で、完成です。

<Windows8.1の削除>

 しばらくは、Windows10付属とUSBメモリにインストールしたアプリケーションを使って様子を見ていました。
 不都合がなさそうなので、ディスククリーンアップツールで「以前のWindowsのインストール」を削除しました。
 これをしないと、空き領域が少なすぎて、話にならなかったので。

【追記】

 このMOMO7W。
 WIMBootなる機能で、Windows8.1を圧縮してるそうです。
 何やらこれが回復領域であるらしく(参照参照)、削除も難しいとのことです(参照参照)。
 つまり、Windows10を入れると、その部分がまるっきり無駄になるようです。

 とりあえず、Thunderbirdだけでなく、LibreOfficeMozilla Firefoxもポータブルバージョンを使ってUSBメモリにインストールすることにしました。

【2015年8月22日追記】

 こちらに出荷時のリカバリイメージがあるようです。

【2015年9月27日追記】

 先日、液晶が割れてしまいましたorz
 修理をすると新品を買う程度になってしまいますので、どうするのか考え中です。

 さて、稼働状態にあるWindows 8.1のWindows標準を除くドライバを抽出してくれるツールがこちらにありました。
 これはかなり楽ですな!

 また、Windows 8.1のリカバリー領域の削除支援ツールがWindows Installatin Media Creation Toolというのもあるようです(参照)。

 で、既にWindows10を入れた僕の場合は、再度Windows 10をクリーンインストールして、ドライバとタッチパネルファームウェアを再導入すればリカバリ領域を消せるようです(参照)。

【2016年12月14日追記】

 2015年8月22日に追記したもののURLが変更になったそうです。
 情報ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:Windows10 - ジャンル:コンピュータ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/1587-82974b56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。