湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


東京(2)~誰でもテロリストになれる街
 何やら、公認心理師(法案参照参照参照)なる国家資格ができるらしいですね。


 心理職の業務の適正化を図る公認心理師法が9日、参議院本会議で全会一致で可決、成立した。文部科学省、厚生労働省を主務官庁とした、心理職として初の国家資格が誕生する。国家試験は指定試験機関が年に1回以上行う。施行は公布日から2年以内。施行5年後の見直し規定も盛り込んだ。関係団体にとっては、半世紀にわたる悲願がようやくかなった。
 公認心理師法は、衆議院文部科学委員長の提案による議員立法として成立した。衆参それぞれの委員会では、受験資格に関する留意事項など6項目の付帯決議が付いた。
 公認心理師は名称独占の資格で、保健医療、福祉、教育、司法・矯正、産業などの分野で活躍することを想定。医療分野では診療補助職とせず、心理的支援の対象者に主治医がいる場合に限り、医師の指示を受けることを義務づけた。
 養成ルートは三つあるが、そのうち4年制大学と大学院で計6年間学んだ人が国家試験を受けるルートが基本となる。
 心理職の民間資格は多数あるが、取得者数が多いのは臨床心理士(2014年度末現在で約2万7000人)だ。資格取得者の約7割が日本臨床心理士会に入会している。
 同会の11年度の会員動向調査によると、会員の17%が福祉分野に勤務している。特に、児童相談所、児童福祉施設に勤務する人が多い。
 心理職の資格制度の創設運動は、1967年に始まり、90年代半ばから議論が本格化。2005年には法案の骨子が固まったが、医療関係団体の反対により国会に提出されなかった。
 しかし、11年10月には関係団体の足並みがそろい、国家資格化の要望書を確定。14年の通常国会に議員立法で提出されたが廃案となり、今通常国会に再提出された。

■村瀬嘉代子・日本臨床心理士会長の話

 法案作成から成立まで、心理職の国家資格化を推進する議員連盟(代表=河村建夫・衆議院議員)の皆様の多大なご尽力に心より感謝を申し上げます。
 本会はこの法案について数度の機関決定を行い、成立に向けて努力して参りました。法案提出に際して、議連事務局長の山下貴司・衆院議員は、年間3万人近い自殺者の存在に触れられたほか、大震災被災者の心のケア、学校、医療機関、福祉機関、司法・矯正機関などさまざまな面で心理専門職の活用が喫緊の課題であると述べられました。
 公認心理師が社会に役立つ存在となりますよう、さらに研さん努力して参りたいと存じます。

■増沢高・日本臨床心理士会社会的養護部会長の話

 乳児院や児童養護施設に心理職の配置が制度化されたのは1999年で、当時は心理療法の提供が中心でしたが、今日では心理職も積極的に日常生活に関与するようになってきました。「生活臨床」という実践が浸透しつつあると思います。
 市区町村や就学前教育・保育の現場で公認心理師が子どもとその家庭をアセスメントし、他機関・専門職に伝えることは重要です。例えば、不登校の子は「心の問題」ととらえられがちですが、その子の家庭での生活を見れば養育放棄など別の要因が見えたりします。公認心理師の養成、資格取得後の現任者研修には、こうした側面から構築するべきと考えます。
(心理職初の国家資格 公認心理師法成立で、福祉や教育分野での活躍期待・2015年09月29日付福祉新聞)


 まあ、学部卒の心理家が食えない(参照)のは変わらんでしょうが(^_^;)

 そういった動きの震源地、霞が関へ行ってみました。

<日本の首都を歩いてみる>

 さて、秋葉原から東京駅に移動し、霞が関を目指します。
 しかも、歩き。

 僕は、その街を知るにはその街を歩かなければならないと思っています。
 で、日本という国を知るために、日本の首都地区を歩いてみようと思ったのです。

 まずは日本の鉄道の中心である東京駅。
 以前来てから15年ほど経ったのでしょうか。
 歴史的な近代建築の町並みの面影を残しながらも、高いビルが増えています。
 そんな、近代日本の中心ビジネス街丸の内を歩いて皇居の周辺をかすめて霞が関に入りました。
 皇居はべらぼうに広く、歩いても歩いても皇居です。
 これが、「帝都」というものか。
 皇居前広場というのはここでしょうか。
 広い公園の日陰で、たくさんの人々が涼んでいます。

 霞が関に入って驚いたのは、坂が多いこと。
 奈良時代の官道のように、地形を無視して広い道が真っ直ぐ走っています。
 坂の上には、白亜の国会議事堂がチラリと見えます。

<国会議事堂の警備>

 さて、所用を終えると、街は真っ暗。
 福岡との時差は40分程度あり、同じ国とは思えません。

 ライトアップされた国会議事堂を見て、座り込みの人達からチラシを貰います。
 警備の人がいますが、福岡のアメリカ領事館の方が厳しい感じがします。

<内閣総理大臣官邸の警備>

 衆議院の横を通りすぎて交差点で立ち止まると、立っている警察官が声をかけてきました。
「どちらへ?」
 注意して見てみると、そこを通る人々は1人残らず声をかけられています。

 それもそのはず、衆議院の反対側は内閣総理大臣官邸でした。
 首相官邸の正門前は、細い下り坂。
 関係ない車両は通れないように封鎖されています。

<赤坂坂っす>

 少しだけ、テロリスト気分を味わいながら坂を下り、今宵の宿がある赤坂を目指します。
 ところが、赤坂の通りは地下鉄が通っているとは思えない狭さ。
 福岡で言うと、天神西通りと同じくらいでしょうか。
 見落として、六本木の通りまで行ってしまいました。

 六本木と赤坂はすぐ隣。
 脇道を通れば行けるはずです。

 ところが、間を通っているのは狭い路地。坂道でくねくね曲がっています。
 どうもこの辺りは、谷間に通りが走り、丘陵地を路地が覆う構造のようです。恐らく、これが江戸から続く本来の東京の道なのでしょう。
 苦労して、やっと赤坂にたどり着きました。

<アメリカ大使館の警備>

 ホテルにいても仕方がないので、散歩に出ました。
 去年、この出張をした上司が歩いて行ったと言う、東京タワーを目指します。
 ご多分に漏れず、東京タワーと通りには高低差があり、ふもとにはたどり着けませんでした。
 お腹が空いたので、蕎麦屋でうどんを食べ、ホテルに戻ります。
 懲りずに脇道に入ると、またくねくね曲がっています。
 迷いながら歩いていると、歩道に警察官がいます。
 で、丁寧な口調でどこにいくのかここは通れないと言います。

 なぜか聞いても教えてもらえず、Googleで調べるとアメリカ大使館前でした。
 時間帯的なこともあるのでしょうが、首相官邸よりも厳しかったです(^_^;
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:東京23区 - ジャンル:地域情報


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/1600-c91e615b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。