湾鉄調査部
興味ある事を興味あるままに調査しています
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


鈴木伸元 性犯罪者の頭の中 を読んだ
 育児休暇を取ると言っていた国会議員が不倫していた。
 そんなニュースが、先日NHKラジオから流れてきて、坂道発進の修羅場中に笑ってしまいました。

 自民党の****衆院議員(35)が地元・京都で女性タレント(34)と不倫・密会していたことが、週刊文春の取材により明らかとなった。1月30日、**議員は伏見区の自宅に東京から来た女性タレントを招き入れた。女性タレントは一泊した後に帰京した。
 この6日後の2月5日朝方、**氏の妻で同じく自民党の****衆院議員(37)が都内病院で無事男児を出産。**氏も出産に立ち会っている。
 **氏は昨年12月、自らの結婚式後の囲み取材で国会議員としては前代未聞の「育児休暇取得宣言」をぶち上げ、議論を巻き起こしていた。
「公職にある国会議員がプライベートを優先し、育休中も歳費が全額支払われるのはおかしい」といった批判も上がったが、**氏は「ここまで批判があるなら、絶対に折れるわけにはいかない。女性だけに産め、働け、育てろなんて不可能だ」(毎日新聞2月2日付)と反論。女性を中心に「子育ての在り方を考え直すよい機会になる」と期待の声も大きかった。
 週刊文春は**氏に電話で事実確認を求めたが、「いやいやいや。勘弁してくださいよ。どういう時期か分かってるでしょ!」と話し、一方的に電話を切った。**氏は女性タレントの名前すら知らないとトボケたが、電話の直後、女性タレントのブログやツイッターから2人が会っていた1月30日と31日の記述が削除された。
 妻だけでなく、男性の育休取得を応援するすべての人の期待を裏切ったイクメン政治家の“ゲス不倫”。**氏には、選良として責任ある対応が求められる。
(育休国会議員の“ゲス不倫”お相手は女性タレント・2016年02月09日付週刊文春)

 育児休暇の嫌いな方々(関連)は、きっと大喜びなんでしょうね。
 しかし、積極的に家事をやったり子煩悩だったりするのと浮気をするのって、理論的には両立可能なわけです。
 関係ないっちゃ関係ない(^_^;)

 セクハラ野次の被害者が、後に国会をサボって異性と旅行に行ったと非難された(関連)事もありましたし、恣意的な感じもしますね。

 ただし、国会議員は自分達の規則を自分達で作れる人達です。
 育休取ると喚く暇があったら、育休取れる仕組みを作ろうとすべきでは?


 さて、性犯罪被害者について、今まで何度か書いてきました(関連関連)。
 その一方で、性犯罪加害者は一体どういう人たちなのかという疑問も沸々と沸いてきました。

<性犯罪者はどんな人たちなのか>

 そんな中、鈴木伸元 性犯罪者の頭の中という本を読みました。
 この本には、10件以上の犯行を重ねた既婚の元外資系企業社員、のぞきを重ねた後に見ず知らずの女性を襲った妻子をもつ会社経営者等4人の元性犯罪者が登場します。
 ですが、本書中にもあるように、みんな「ふつう」の人ばかり。

 平成22年度中に強姦罪で検挙された995件のうち、実に411件(41.3%)が顔見知りの犯行であったそうです(参照)。
 しかも、平成20年に内閣府が5000人の男女を対象に行った調査によれば、「異性から無理やり性交された経験がある」と答えた女性は7.3%で、そのうちの61.8%が「(加害者は)よく知っている人」と答え、13.8%が「(加害者は)顔見知り程度の人」と回答しているそうです(参照参照)。
 つまり、面識のある人が加害者だった割合は7割強なわけで、本書中に登場する元性犯罪者たちは性犯罪者の中では「異常」であるとも言えます。


 福岡県を中心としたブロック紙西日本新聞が、性暴力の実相という興味深い企画記事を掲載しています。
 この企画の第二部の最初に登場した受刑者も、周囲から「お堅い」と言われていた人でした(参照)。
 本書中である受刑者が、刑務所内で会う元性犯罪者たちはみな温厚だというのもあながち間違ってはないでしょう。
 この受刑者は、そういった表の顔があるがために裏の顔がばれにくく、犯罪がエスカレートしてしまうのではないかと話していたと書かれていましたが、なるほどと思いました。

<性犯罪者はどんな人を狙うのか>

 最近ではよく知られるようになってきましたが、挑発的な服装をしていると性犯罪に遭いやすいというのはないようです。

警察庁科学警察研究所が1997~98年に性犯罪事件の容疑者553人を対象にした調査(複数回答)では、容疑者が被害者を狙った理由は(1)「おとなしそうに見えた(抵抗されないと思った)」37.4%(2)「警察に届け出ないと思った」37.2%(3)「1人で歩いていた」26.5%-の順。「好みのタイプだった」は11.9%、「挑発的な服装をしていた」は5.2%にとどまった。
(参照)

 本書ではそういった事も含め、性犯罪者たちはいかにばれずに目的を達成できるかを、周到に考えていると書いています。

 性暴力の動機は、「衝動的でコントロール不能」と考えがちだが、実際には違う。加害者は、犯行を成功させるという目的に沿って、「狙いやすい対象」を選び、「犯行が成功しやすい場所や時間」を選んでいる。目的に向かった理知的な行動をとっているのである。

 先日、一橋文哉 宮崎勤事件―塗り潰されたシナリオも読みましたが、あの東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件(警察庁広域重要指定第117号事件)の死刑囚も、非常に周到に犯行を行ったとされているようです。

<性犯罪の目的>

 連続幼女誘拐殺人事件で思い出しましたが、この本では幼児が好きだからというより幼児の方が成功率が高いから、幼児を狙う性犯罪者が結構いるように書かれていました。

研究や実例証拠によると、ある性犯罪者が一定の被害者タイプ(例えば思春期前の子女、思春期を越した青年、成人の婦女等)を集中して狙う事がある反面に、他の性犯罪者は色々な被害者タイプを狙います。従って特定の犯人が嗜好する被害者タイプはこうであると決め込むべきでなく、前歴の犯罪内容に差し支えなく注意を払うべきです。
(参照)

 そういった意味でも、性的欲求は二の次であるのかもしれません。
 この本では、性的欲求・欲望の他に、「支配」、「優越」、「復讐」、「依存」等様々な欲求があると書かれていました。

 「性暴力が性欲のみで行われるという考えは間違い。女性を『支配したい』『優越感を得たい』などの欲求が背景にあり、犯行のほとんどは計画的に行われる」。こう話すのは、30年以上、性犯罪者と向き合ってきた藤岡淳子大阪大大学院教授(非行臨床心理学)。「快感が伴うため他の犯罪より習慣化しやすく、思春期前から問題行動を重ねている例が多い」とも言う。
(参照)


性的な欲求を充足する為に犯罪行為を行う犯人もいますが、強姦を犯すの犯人の多くにとっては性的な欲求充足が主因となる動機では無いそうです。それより権威感、支配感、及び怒りの感情が主たる動機である方が頻繁です。
(参照)

 下の文章はミーガン法のサイトから引っ張ってきましたが、アメリカでは41人の連続的性犯罪者のプロフィールを分析した研究が行われ、4つのタイプがあるとしたそうです。
 1つ目は、パワー主張型(power assertive)、2つ目はパワー再確認型(power reassurance)、3つ目は怒り報復型(anger retaliatory)、4つ目は怒り興奮型(anger excitation)。
 内容については割愛しますが、性欲が主って型はないようです。

<受け入れられないことをこえること>

 相手から受け入れられていない。
 そう考えると、僕は結構萎えてしまいます。

 しかし、性犯罪者はそんなことがないようです。

 以前、産経新聞が性犯罪の特集をしていました(参照参照)が、その中では萎えてしまったために被害者に勃起させるような行為を強要する犯罪者が多いと書かれていたような気がしますが、よく思い出せない。

 そのメカニズムの一つとして、この本では「認知の歪み(思考の誤り)」というものが紹介されていました。

 警察庁科学警察研究所で主任研究官を務めた内山絢子目白大非常勤講師(犯罪心理学)の調査では「女性は『嫌だ』と言っても本当はそんなに嫌がっていない」と答えたのは一般男性(対象688人)の2・5%に対し、性犯罪の容疑者(対象553人)は21・1%。10倍近い開きがあった。
(参照)

 つまり、何か理由をつけて、本当は嫌がっていないと思い込むのだそうです。

 カーン(Timothy J. Kahn)という人の回復への道のりという本の中から、筆者は最小化、正当化、遠くのゾウ、一般化という4つを紹介しています。

内山絢子目白大非常勤講師の調査では、「女性は襲われたいと思っている」「関係を持てば女性は自分のものになる」「トラブルが生じれば女性は性犯罪と言い立てる」-などの誤った認識を持っている性犯罪の容疑者は多く、一般男性に比べてその割合は7~15倍に上るという。日常生活の中で、自身の行為を正当化する傾向などから生じていると考えられる。
(参照)

 まあ、正当化したいってのは多くの人が持っている欲求(関連関連)ですし、性犯罪者だけが特にその傾向が強いのかどうかはよく分かりません(関連)。

<性犯罪被害に遭った場合>

 先に述べたとおり、顔見知りが性暴力の加害者に豹変する可能性も結構ある現状です。
 防衛策をいくら講じても、性犯罪に遭う可能性は避けられません。

 以前も書きましたが、そのために性被害のワンストップ支援センター(参照)というのが各地に設置されています。
 こちらにリンク集を作りましたので、ご参考にされてください。


関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 事件 心理学

テーマ:心理学いろいろ - ジャンル:心と身体


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/1621-0deaa635
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。