湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


ジェノグラムとエコマップ
 福岡市交通局(福岡市営地下鉄)は、土日祝日に通常620円の一日乗車券が520円になっていたエコちかきっぷと、長期休暇中に子どもが100円で1日乗り放題になるちかまるきっぷ(参照参照)を廃止するそうです。
 その代わりに、大人2人までと子ども無制限が1日1000円で乗り放題になるファミリーきっぷ(仮称)を導入するそうです。

 また、隣駅までは100円としていたおとなりきっぷも廃止。
 その代わりに、隣駅までの乗車は通常200円のところ、ICカードはやかけん(関連関連)利用で100円分のポイントを還元するのだそうです。

 福岡市交通局は今秋にも、家族で利用できる1日乗車券「ファミリーきっぷ」(仮称)と65歳以上対象の全線定期券「ちかパス65」(同)を導入する。一方、小学生が長期休暇中に使えた1日乗車券「ちかまるきっぷ」と、大人が土日祝日に割安に使えた1日乗車券「エコちかきっぷ」は廃止する。
 ファミリーきっぷは、小学6年生以下の子どもがいる家庭が対象。1000円で大人は2人まで、子どもは人数制限なしで使える。子育て支援などが目的で、今秋から半年間で5万6000人の利用を想定している。
 ちかパス65は一般料金(月額1万2340円)の半額以下の6000円に設定した。半年で33万8000人の利用を見込む。70歳以上の高齢者と障がい者には、最高で年額1万2000円分の交通乗車券を交付している。
 また、隣駅まで100円の「おとなりきっぷ」は終了し、市地下鉄のICカード「はやかけん」で隣駅まで(200円)乗れば、月10回まで1乗車につき100円分をポイントで還元するシステムを創設する。市交通局は「はやかけんに独自サービスを求める声も多く、新サービスに移行することにした」と話している。【吉川雄策】
(福岡市交通局地下鉄、家族切符と65歳以上全線定期 今秋導入へ /福岡・2016年2月13日付毎日新聞福岡都市圏版)

 いやー。改悪ですよね。
 僕は通常、長期休暇中の休日に僕と子ども2人を連れて地下鉄に乗ります。
 今までだと、520円+100円+100円で720円だったのが、1000円です。
 夫婦で乗るか子どもが多ければいいのでしょうが、それだとシングル世帯は不利じゃないですか?

 それに、子どもは自分の切符を自分で持つってのが楽しいんじゃないでしょうかね。

<ジェノグラムとエコマップ>

 そんなことは関係なく、先日職場でジェノグラムとエコマップって何だという話になりました。
 福祉関係者って、何の説明もなく専門用語を使いたがる人がいるんですよね(参照)。

 福祉ではなく保育や教育を学んだ人も結構いますし、昨今のように工賃向上が叫ばれてくると工芸系とか芸術系とか経営系とかを学んだ人も増えるんじゃないかと期待をしているわけなんですが。


<ジェノグラム(Genogram)>

 ジェノグラム(Genogram)というのは、家族関係図とも呼ばれているようです。
 家族関係といっても、家系図に毛が生えたようなものです(参照参照)
 「三世代以上の人間関係を盛り込んだ家族関係図(参照)」と書かれているのも見ますが、僕たちは通常二世代くらいしか書いていません。
 恐らく、ご本人にお子さんがいる方のものを作ったことがないからでしょう。

 基本的に、男性を□で表し、女性は○で表します。
 で、本人は二重枠線で表し、物故者は図形内に×を書いて表します(参照参照参照参照)。

 職場ではたまに描く図なので、例を見せたらなんだと言ってた人も納得していました。

<エコマップ(ecomap)>

 一方のエコマップ(ecomap)は、1975年にアン・ハートマン(Ann Hartman)が考案したもので、生態図と訳されていいるようです(参照参照参照)。

 エコマップの場合、その方がどのような社会資源を利用しているかを主に表している使用例(参照)と、その方の人間関係を主に表している使用例(参照参照)がありますが、どちらも同じ資源として等価に扱うもののようです(参照)。
 扱っているものが違って見えるのは、その人の状況の違いによるものなのでしょう。

<さて、僕自身のエコマップは・・・>

 去年の今ごろ、僕は疲れてしまいました。
 それから1年何とかやってきましたが、もう耐えたくなくなってきました。
 加えてここ5ヶ月くらい、疲れが取れません。
 精神的にも参ってしまいました。
 そこで、環境を変えるべく色々やってみましたがまともに聞かれることもなく、状況は変わりそうにありません。
 救いは、外にしかないようですね。

【2016年11月3日追記】

 西鉄のニュースリリースによると、2016(平成28)年11月1日から2017(平成29)年2月28日の間、福岡市内1日フリー乗車券、福岡市内+太宰府ライナーバス『旅人』1日フリー乗車券、北九州都市圏1日フリー乗車券を使うと一緒の子ども一人が無料になるそうです(参照)。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : はやかけん(HAYAKAKEN)

テーマ:現場職員のぼやき・悩み - ジャンル:福祉・ボランティア


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/1623-a90dc182
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。