湾鉄調査部
興味ある事を興味あるままに調査しています
広告


プロフィール

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


平成28(2016)年熊本地震
 去る4月14日21時26分に起こった平成28年熊本地震
 僕は職場にいましたが、携帯電話が一斉に鳴り出して半信半疑に備えていた所に、かなりの揺れが来て驚きました。

地震の概要
検知日時
(最初に地震を検知した時刻) 4月14日21時26分
発生日時
(地震が発生した時刻) 4月14日21時26分
マグニチュード 6.5(暫定値; 速報値6.4から更新)
場所および深さ 熊本県熊本地方、深さ11km(暫定値; 速報値約10kmから更新)
発震機構 南北方向に張力軸を持つ横ずれ断層型(速報)
震度 【最大震度7】熊本県益城町(ましきまち)で震度7、玉名市(たまなし)、西原村(にしはらむら)、宇城市(うきし)、熊本市(くまもとし)で震度6弱を観測したほか、中部地方の一部から九州地方にかけて震度5強~1を観測しました。
○ 防災上の留意事項
 この地震による余震が多数発生しています。揺れの強かった地域では、家屋の倒壊や土砂災害などの危険性が高まっているおそれがありますので、今後の余震活動や降雨の状況に十分注意してください。
○ 余震活動の状況
 15日00時03分には、熊本県宇城市で最大震度6強を観測する余震(M6.4、暫定値)が発生しました。15日15時00分現在、震度1以上を観測する余震が134回発生しています(震度6強1回、震度6弱:1回、震度5弱:2回、震度4:16回、震度3:23回、震度2:54回、震度1:37回)。
 今後の余震活動について、ところによって震度6弱以上の揺れとなる余震が発生する可能性は、4月15日16時から3日間で20%、震度5強以上となる可能性は40%です。

※余震回数は速報値で、後日の調査で変更になることがあります。
(「平成28年(2016年)熊本地震」について(第6報)・2016年4月15日付気象庁)

 しかも、16日1時25分頃のマグニチュード7.1(参照)を一例として、大きな余震が頻発しています。

 後に、本震が前震に変更され、その7.1のものが本震になったようです。
 僕はちょうど公園にいたのですが、揺れるというより地面がうねっている感じでした。

 しかも、中央構造線の九州部分を中心に、大分県や阿蘇などにも震源が動いています。
 震源に近い場所にいらっしゃる方や縁のある方へ、お見舞い申し上げます。

<福岡市長がFacebookで対応を発表>

 そんな中、福岡市長の高島宗一郎さん(か代理人)が、震災に関する福岡市の対応をFacebookに書かれていました。

昨夜の地震について、熊本の事が心配な市民の皆さんも多いと思いますので、現在の福岡市の対応をお伝えします。
まず、福岡市では昨夜から被害の大きい益城町役場と熊本県庁にそれぞれ消防の指揮支援隊を派遣して災害救助全般の指揮についてサポートをしています。
また現在、福岡市早良消防署の指揮隊が全体の指揮をとって、熊本の消防学校に集結した九州各県の消防部隊を4つに分けて益城町を中心にローラー作戦を展開しています。
また福岡市の消防ヘリ「ゆりかもめ」は現在益城町の上空から映像を撮影して地上部隊に情報を送りながら連携しています。
また要請に基づき益城町へ福岡市の水道専門職員ら12名と給水車3台が赤色灯先導車と共に向かっています。
支援物資については現在ニーズと現地の受け入れ態勢を調査中ですが、福岡市でも多くの食料や毛布、おむつなどの備蓄品をスタンバイさせています。東日本大震災の時にも多くの市民の皆さんが善意を届けたいという思いを届けていただきましたが、もし市民の皆さんのお力が必要な時には、何をどこに持ってきてほしいと、こちらからハッキリお願いをしますので、その後に行動をしてください。現時点で区役所などに直接物資などを持ち込むと逆に混乱しますので、控えてください。
福岡市役所本庁、各区役所、出張所では午前10時半をめどに義援金箱を設置致します。
「WITH THE KYUSHU」大切な九州の仲間のために、市民の皆さんのご協力をよろしくお願いいたします。
(2016年4月15日9:51付高島宗一郎氏Facebookページ)

 僅かな年収から細々と市税を納めている立場としては、こうして税金の使途を明らかにするのは大切だと思います。
 また、自分たちがやりたくてもやれない被災地への貢献を、市が遣ってくれるのは素直にありがたいです。
 義援金の情報は、純粋に役に立ちます。

<感情的違和感>

 しかし、感情的に市長の書き込みに違和感を覚える僕がいました。
 自分がやったことを殊更強調したり、なんだか「指揮」ってやたら使っていたりと、上から目線な感じがしました。

 そこで、15日に福岡市のサイトを見ると、福岡市 平成28年熊本地震に伴うお知らせには、義援金受付の詳細と市民ボランティア募集の告知とともに4月15日に給水車の派遣、緊急消防隊の出動、動物園の各獣舎用の給水ポリタンクの提供を行ったことを書いています。
 この程度の記述で十分なのではと思います。

 そもそも益城町で救助活動を行っている人の背中に「福岡県警察」と書かれているのも新聞で見ましたし、記事には各県から災害対応の警察官が派遣されたと書かれています。
 他の都道府県だって市町村だって、支援はしているはずです。

 17日付読売新聞によると、自衛隊員の派遣規模は約3100人ですか、約15000人規模に拡大し、18日までに約25000人規模になるとのことです。
 また、16日夜の記者会見で菅官房長官は、県外からの警察の応援は約2400人、消防は約2000人が現地入りしていると発表しています。
 16日の総務省消防庁の発表によれば、熊本県に派遣されている緊急消防援助隊員は135隊489人。追加で396隊1443人が派遣されるとのことで、全体では19都府県531隊1932人になるとのことです。


<九州内政令指定都市・中核市のサイト>

 そこで、15日現在の九州内の政令指定都市と中核市のサイトを見てみました。

 まず、九州初の政令指定都市北九州市は、義援金の募集を行うことを告知しています(参照)。
 義援金募集の告知に止めている自治体は、他には久留米市もそうです(参照)。

 一方で、トップページを見る限りで震災関係の記事が発見できなかったのが、鹿児島市長崎市佐世保市

 詳しかったのは、大分市

平成28(2016)年熊本地震にかかる本市の対応状況についてお知らせします。
大分市内での被害等については特にありません。
以下は、大分市の対応状況です。

1.大分市消防局(緊急消防援助隊)の対応状況
(1)出動人員  大分市消防局から5隊21名を派遣
           (大分県大隊 28隊105名)
(2)時系列(抜粋)
 ・4月14日 午後 9時26分 地震発生(大分県中部 震度4)
        午後10時23分 大分市からの応援部隊参集完了
        午後10時39分 大分県から出動要請
        午後11時 7分 大分市消防局から応援部隊が熊本県へ出発
(3)活動概要
 ・4月15日 午前 6時20分 大分市消防局を含む大分県隊が
                 上益城郡益城町惣領(そうりょう)にて
                 倒壊家屋の救助活動実施中 活動の様子
2.大分市水道局の対応状況
(1)派遣先  熊本県内(詳細は調整中)
(2)派遣内容
 ・給水車(タンク容量3.6トン)・・・1台
 ・給水車(タンク容量3トン)  ・・・1台
 ・応急給水資機材一式
 ・派遣人員          ・・・6名
(3)出発日時 
 ・4月15日 午後 1時
([大分市]平成28(2016)年熊本地震にかかる本市の対応状況について)


 また、被災地である宮崎市は余震への注意喚起を行っています(参照)。

<九州各県のサイト>

 一方で、九州各県のサイトはどうでしょうか。

 15日現在、トップページから記載が確認できなかったのが、福岡県鹿児島県

 佐賀県はボランティア情報(参照)、県庁の対応情報(参照)、交通規制情報(参照)が確認できました。

 県レベルだと、被害があった自治体が多くなります。
 災害情報の記載が確認できたのが、まずは長崎県。「島原市、雲仙市、南島原市、諫早市で震度4の地震が発生しました。(参照)」とあります。
 大分県(参照)、宮崎県(参照)も同様です。

<まとめ>

 今回の地震は、九州全体的に被災地と言えなくはなく、宮崎市、佐賀県、長崎県、大分県、宮崎県の対応が標準なのでしょう。
 北九州市、久留米市の対応は、現実的に必要な情報を提供して下さっていると思います。
 福岡市、大分市はかなり網羅された情報提供をされていて、短時間にすごいなと思います。

 でも、やっぱり、福岡市長のFacebookはなんか違和感あります(^_^;

<熊本県・熊本市の対応>

 最後に熊本県熊本市を掲載しておきます。
 両方とも、被災した方々が必要な情報を見つけやすいようになっています。

【2016年4月17日】

 と、文句を言い垂れていたら、高島氏が無茶苦茶役に立つ事を書いていました。

「WITH THE KYUSHU プロジェクト」として、 福岡市から市民の皆さんに具体的な支援物資提 供についてのご協力のお願いです。以下のよう に致します。
この後日曜日13時から20時まで、大名小学校にて以下の物資のみ提供をお願いいたします。
①ペットボトルの水(未開封でもちろん賞味期限内)
②トイレットペーパー
③おむつ(子供用、大人用)
④タオル(未使用、未開封のみ) ⑤毛布(未使用、未開封のみ)
⑥生理用品
提供をお受けするのは以上の6種類のみです。 現時点ではその他のものを提供されても引き取 れません。
月曜日以降は当面、朝10時から20時まで開設い たします。

大名小学校の教室を、ペットボトルの水の教室 とか、子供用のオムツの教室という風に名前をつけることで、持ち込みの時点から仕分けを 行って効率的に整理します。
当面は市民の皆さんからの支援物資はここで受けて、ここから被災地に物資を送ります。

まさに初めてのチャレンジで完璧な対応が出来るか私たちも手探りですが、何とか迅速に福岡市民の皆さんの思いと被災地・熊本のニーズを 繋ぎたいとの思いの上でのチャレンジですので、ぜひスムーズに成功するようにご協力をお 願い致します。

大西熊本市長とは携帯で直接連絡を取り合いな がらニーズを把握しています。熊本県の災害対策本部に消防職員を派遣して指揮をサポートし ながら情報収集もしています。また明日は新た に支援物資に関する情報収集を目的に職員を派遣して迅速に対応します。

またこの時にサンポー食品様から「九州のために」と、いち早くご提供頂いた1000食のカップ ラーメンもお届けいたします。このように個人ではなくて、企業様が大量にご提供頂ける場合は福岡市役所市民局(092-733-5161)までご相 談ください。

さらに農林水産省と連携して、先日移転したばかりの福岡市の青果市場跡を提供することで、 ここを拠点に熊本に国からの支援物資を送りま す。夕方以降には4万食のおにぎりも入るとの ことですので迅速に被災地に届くようサポート します。
(2016年4月17日付高島宗一郎氏Facebookページ)

.
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:九州(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島)・沖縄地方の各県の路線案内 - ジャンル:地域情報


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/1637-f02be193
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。