湾鉄調査部
興味ある事を興味あるままに調査しています
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


経口避妊薬と月経困難症治療薬
 以前書きましたが、「緊急避妊薬を72時間以内に服用すると70%程度の妊娠を防げる(参照)」とのことです。
 つまり、性犯罪被害に遭った場合、最悪の事態を避けるために緊急避妊薬(アフターピル)を服用するのは有益らしいです。

 以前書いた性犯罪被害者の「ワンストップ支援センター」なんかに行けば、産婦人科への同行の支援なども得られ、緊急避妊薬(アフターピル)の処方についても支援してもらえるようです(参照参照)。
 しかし、この薬、OTC(Over The Counter)になっている国も多いのだそうです。
 OTCとは、「一般用医薬品」とか「大衆薬」とか「市販薬」とか呼ばれてる、いわゆる薬局で買えるお薬の事らしいです。

 確かに薬局で買えれば、早急な服用が可能になり、望まない妊娠をかなり防げそうな気がします。

 これは、緊急避妊薬(アフターピル)の利用が一般化するとSTI(Sexually Transmitted Infections;性感染症)が蔓延するという論理らしいです(参照)。
 いやいや。コンドームつけないやつは妊娠なんて最初から気にしてませんって。

<産婦人科医たちは避妊に無関心?>

 そういったアフターピルに対する姿勢を見て、日本の産婦人科医は「避妊」に対して関心が薄いのではないかという批判がなされることがあるようです(参照)。
 同様の評価を、別のピルに関するページで見つけました。

 月経困難症の治療に使われるルナベル(参照)という薬があるそうです。
 このルナベルの従来品であるルナベルLDという薬は、避妊に使われるオーソM(参照)という避妊用の低用量ピルと同成分同用量なので、避妊効果が実証されているのだそうです。
 ところが最近、この薬の超低用量版のルナベルULDというものが出たのだそうです。

 月経困難症とは「月経にともなう耐え難い痛み(参照)」の事だそうです。

 この薬に関して、産婦人科のサイトを見てみると避妊効果があるとされてはいるのよいうです。
 しかし、そのような証拠はどこにもないのにそのような事を書くのは無責任なのではないか。
 日本の産婦人科医は避妊というものを軽く考えすぎなのではないかという意見があるようです(参照)。

<ピルの仕組み>

 そもそも、ピルというのは、女性ホルモンを配合した薬らしいです。
 卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)という2種類の女性ホルモンが配合されているそうです。
 この2つのホルモンによって、「排卵をおさえ受精の機会をなくす」のだそうで、具体的には卵胞ホルモンと黄体ホルモンの働きで性腺刺激ホルモンの分泌が抑制され、卵胞が大きくならず、排卵が起こらなくなるということのようです。
 そして、黄体ホルモンの作用で子宮内膜の増殖を抑えることで、受精卵が着床しにくい状態を作り出す効果もあるようです(参照)。

 しかし、一般的には「卵胞ホルモンは子宮に作用して受精卵が着床しやすいように子宮内膜を厚く(参照参照)」するとされているようです。ヤバいやんか。
 また、黄体ホルモンには「厚くなった子宮内膜を維持する働き(参照参照)」があるとされています。
 なんなんなんなん???

<経口避妊薬と月経困難症治療薬>

 さて、なぜこの経口避妊薬と同じものが、月経困難症の治療に使われるのでしょう。

 女性ホルモンを投与すると、女性ホルモンの体内分泌がなだらかになり、「排卵をおさえ卵巣や子宮を休ま(参照)」せることになるのだそうです(参照)。
 これにより、生理が軽くなるという仕組みらしいです。
 つまり、女性ホルモンを飲むことで、女性ホルモンが多いよと脳に誤解させて女性ホルモンの分泌を減らすって事らしいですな。

 ちなみにこの療法は「偽妊娠療法」とも呼ばれているそうです。
 妊娠しているときと同じような状態を作り出しているのだそうです(参照)。

 どうでもいいですが、加齢によって性交渉が困難になる女性の一部には、エストロゲンなどが投与されるそうです(参照)


_ _
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:心理学いろいろ - ジャンル:心と身体


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/1657-cb449764
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。