湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


区長を止めた市長?
 先日、福津で宮地岳線の存続を求める会で一緒だった方と偶然お会いしました。
 最近、津屋崎だか宮司だかの区長(町内会長)の方にある話を聞いたのだそうです。

 その話というのは、実は区長会でも宮地岳線存続のための運動をしようという動きがあったということです。
 4月頃に話が出たらしいのですが、そういうことはしない方がいいと市長に止められたということだったそうです。

 まあ、市長が直接止めに来たわけではないでしょうから「市長が」というのは言葉の通りの意味ではないでしょう。
 福津の市長は最後まで存続を訴えていた人ですしね・・・。


 まあ、本気で存続を考えていたのなら、事業者の公募や西鉄への鉄道資産譲渡の価格交渉なども主張していたのではないかという疑問もあるにはあります・・・。
 福津市の担当者はわかやま電鉄貴志川線の事例を研究していたと思われますし、複数の団体が条件によっては引き受けるかも知れないという情報もあったようです。
 ポーズにしては結構頑張ってくださったので、本気だったと信じたいのですが・・・。


 鉄道存続運動をしていると、「地域住民の意識を高める」のが重要だとよく言われます。もちろんそれは非常に重要なことです。
 でも、地域住民の意識を高めるのは鉄道廃止を阻止する段階で重要なのではなく、廃止を阻止した後存続させていくために重要なものなのです。
 いくら住民の意識が鉄道存続という意味で高まっても、廃止は覆りません。近年廃止を阻止した例としてわかやま電鉄貴志川線富山ライトレールが挙げられますが、どちらも行政のトップが存続・再生に熱心でした。
 宮地岳線の例を見ても、新宮まで存続できたのは新宮町の動きが早かったからだという説もあります。

 古賀市福津市の行政の方も頑張っていたとは思います。古賀市役所では、自主的な学習グループを作って宮地岳線の活性化を考えようとしていた矢先に廃止届を出されてしまったといいます。

 もちろん、行政のトップにはトップとしての責任があります。住民がやって欲しいことをすべて行えば、自治体は破産するでしょう。
 問題は、その意思決定過程が住民にとって分かりやすいかどうかだと思います。
 地域のことを地域のみんなで考えられるような地域(くどい)ができればなぁ。というのが、宮地岳線存続運動を終えた僕の個人的感想です。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 西鉄宮地岳線(現貝塚線) 宮地岳線存続運動 福津市

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用


この記事に対するコメント
こんな感じ(^^;
先の存続運動に関しては、鉄道に固執し、存続して欲しいと言う声以外の他の交通手段でもいいから地域の足を確保して欲しいと言う地域住民の声を聞き入れられなかったのが、オレ自身の大いに反省すべき点だ。勿論、存続運動だから鉄道としての存続が一番だが、拘り過ぎたとの思いもある。

最初から行政と業者で話は出来ていたのかもしれない。また、無理、無駄、やっても一緒と言われていたのも承知している。端から見れば無駄な活動だったかもしれないが、まぁあれはやった者にしか解らないな。

住民運動と言うやつは、主導する者達に柔軟性が要求されるとオレは痛感した。今後、この様な運動をすることがあるならば、その点を心掛けたいと思う。
【2007/03/27 09:38】 URL | 元主幹 #- [ 編集]

伝聞
「市長が…」というのは市長本人が言ってないことを言ってるんでしょうね。
かつて、太平洋戦争当時、上官の命令は天皇の命令と同じだという教育が日本軍の中でされていたそうです。
それに近いものを少し感じました。
市長が言ったわけでもないのに言ったことにされる、言葉を発した人としては「市長ならそういうと思った」とでも言い訳をするんでしょうね。
こういうことは往々にしてあることなんでしょうね。
【2007/03/27 13:26】 URL | やひ@久留米 #ADR/QmPY [ 編集]

確かに・・・
>>元主幹さん
 ポスト宮地岳線の地域交通体系について、常に西鉄のリードを許してしまったのは反省点の一つだと思います。
 ただ、代替バスが赤字だの何だのの理由で廃止や縮小されるかも知れませんので、そうなった時が次のチャンスなのでしょうね。
 それまでに地域住民が地域の問題について真剣に考え、それが反映される地域ができたらと思います。

>>やひさん
 誰が言った言葉かすら不明ですので、東京スポーツ新聞1面の宇宙人記事並み(失礼)の確度とお考え下さい。
 まあ、「市長の言葉」が市長本人の言葉でない可能性も高いのでしょうね。
【2007/03/28 23:58】 URL | therapie #SFo5/nok [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/166-e611a217
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。