湾鉄調査部
興味ある事を興味あるままに調査しています
広告


プロフィール

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


高齢化社会は別の意味でヤバい
 説教する人が、好きになれません。
 と言うか、アホじゃなかろうかと思うわけです。

 相手がやり方を知らないのであれば、説明すればいいことです。
 相手がやり方を知っているのに、過失や環境的な要因によってできなかったのであれば、原因を追究すべきです。
 相手がやり方を知っているのに、わざとやらないのであれば、なぜやらないのかを追求すべきです。
 説教は、どの場面にも当てはまりません。

 そう考えると、説教する人は理性的な思考ができていないという事になります。
 単純に、相手を支配したいためだけの様な気がします。
 そうなると、原因追及は造反と捉えられます。俺に従わないからだという事ですからね。
 従って、原因追及ができず、組織は停滞します。

<高齢者は死に絶える>

 それはともかく、随分前、高齢化はそれほど深刻ではないと話したことがあります。
 これから団塊の世代が高齢者になると一見ヤバく感じます。
 しかし、団塊の世代もあと20年もすれば大方死に絶えますので、後は我々団塊ジュニア世代が死に絶えればいいだけです。
 恐らく、50年くらい我慢すれば、高齢者が多いと右往左往するような時代は去ります。
 たぶん(^_^;

<嫁とお上>

 しかし、問題は団塊の世代のメンタリティが、それ以前の世代とまったく違うように見えることでしょう。
 団塊の世代と話していると、子の世話にはなりたくないという傾向が強い気がします。
 それ以前の世代が、「嫁」も含めた「家族」が老後を見るのが当然と考える傾向が強く思えるのとはまったく違います。

 例によって、統計的な根拠は微塵もありません。

 逆に言うと、それ以前の世代では、「お上」の世話になりたくないという意識が強く感じますし、団塊の世代以降は公的なサービスを使うことへの抵抗が薄いように感じます。

 これは、介護の社会化という観点では、歓迎すべき変化だと思います。
 ただ、一方では、高齢者福祉に投入される公費が増えるだろうという危惧は生じるわけです。

<受益者意識>

 それ以前の世代では、「お上の世話になる」という意識だったのが、「納税した結果としての利益を享受する」という意識へ変化してるように思います。

<サービスを作ってきた人たち>

 同じような意識の変化を、障害者福祉でも感じます。
 20年ほど前の、まだ福祉サービスが充分でなかった頃を知っている方と知らない方の違いを最近強く感じます。

 以前勤めていたグループホームは、保護者と一緒に作ってきたところでした。
 必要なサービスは自分達が作るという能動的な方が多かったような気がします。
 そういうところで育ったから、なおさらそう思うのでしょうか。

<で、先週の様子>

 先週は、年末年始のお休みを貰いました。やはり、仕事から離れると少し楽になります。
 でもまあ、あくまで少しであって、仕事場以外でも疲れることはあるわけです。
 そうこうしているうちに、4日からは仕事。6日(金)には何だかはじめての仕事が2件ほどあり、結果に落ち込んでしまいました。
 で、7日(土)にトイレに行ったときにうっかり髪の毛を触ったら、今まで見たことないくらい毛が抜けていて、さらに落ち込んでしまいました。
 驚いて、またうっかり鏡を見てしまうと、見慣れない疲れた年寄りがこちらを見ています。
 ああ。なんでこんなに疲れているんだろうと、またさらに落ち込んでしまいました。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:現場職員のぼやき・悩み - ジャンル:福祉・ボランティア


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/1675-bab9d659
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。