湾鉄調査部
興味ある事を興味あるままに調査しています
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


診断名は信じられるか
 結局、精神科の受診をやめてしまった僕です。
 理由はいくつか既に書きましたが、同僚から「今の職場で頑張るための受診なら意味がない。職場を替わる(もしくは職場を変える)受診じゃないと意味がない。」と説教されたのも一つです。
 その時の苦しさが軽減してくれればと思っていた僕にとって、驚きの意見でした。

 前回書いた通り、身近に相談相手を見つけられなかったので、とりあえず本を読むことにしました。
 週末には、人と接するのが怖いという本を読んで、かなり救われた気がします。

<精神科を利用する>

 アドバイスを貰ったときには気がつきませんでしたが、冒頭の同僚の意見って、些か怖いです。
 納得できる診断が出るまで、転院もしくは医師との対話を続けていくということでしょう。
 つまり、自分が利用できる診断以外排除するということに思えるのです。
 医師なんて、患者が決めた診断を追認すれば良いということだとも思えます。

<精神科医を騙す方法>

 確か、北杜夫の少年向け小説だったと思いますが、精神科医は精神疾患か詐病か見れば分かると書いていました。
 でも、本当にそうなのでしょうか。

 僕が受診した精神科医は、問診票をもとに判断していました。
 また、チェックリストも自己申告制でした。
 自己申告だから他人から見たら分かりませんけどねと僕は何度か言いましたが、あまり意に介していないようでした。

 僕ら心理学を学んだものもそうなのですが、結局は自己申告頼みです。
 相手が嘘をついていたり、相手の自己像が独り善がりだったり、相手の状況判断が選択的無関心などによって歪められたりすると、正しく検査ができません。

<見捨てられ不安>

 全然関係ありませんが、冒頭の同僚はメンヘラ(精神を病んでいるという意味だと思うネットスラング)仲間です。
 色々な話をしましたが、先日「見捨てられ不安」の話になりました。

 突然キレるのは、人格障害のせいかもしれません。最も感情的になりやすいのは、境界性人格障害(ボーダーライン・パーソナリティー・ディスオーダー)です。強い「見捨てられ不安」を抱いているためです。
 たとえば、20代のある女性は、高校時代から母親と喧嘩するたびにリストカットを繰り返しています。大学入学を機に実家を出て一人暮らしを始めましたが、男性との交際が破局するたびに自殺未遂騒動を起こしています。
 交際当初は、見捨てられたくないあまり、男性に徹底的に尽くします。それに対して、相手が女性の期待に応えてくれなかったり、他の異性に関心を示したりすると、「私はこんなに尽くしているのに!」と激しい怒りを爆発させるのです。
 ときには物を投げつけるので、いつもは優しくておとなしい彼女の剣幕に恋人は驚きます。しかも、恋人が彼女を置いて遊びにいったり、合コンに参加したりすると、「最低の男」「冷たすぎる」などと罵倒ばとうします。
 嫌気がさした恋人が彼女から離れようとすると、大量の睡眠薬を服用したり、手首を切ったりして、朦朧もうろうとした状態で恋人の携帯に電話をします。そして「私はもう死ぬ」と告げるので、びっくり仰天した恋人が119番通報し、彼女は救急搬送され、入院となります。
 こうした騒動を何度も繰り返すのは、見捨てられ不安が強いせいです。見捨てられまいとして、なりふりかまわぬ努力をするのですが、それでも見捨てられそうになったり、裏切られたと感じたりすると、激しい怒りを爆発させます。
 つまり、感情が、0か100かの両極端の間で激しく揺れ動きます。対人関係も、白か黒か、敵か味方かの二極思考でしかとらえられません。感情にも対人関係にも、程々の中間がないので、この女性のように、それまでは「私の理想の男性」とほめそやしていた恋人を、些細なきっかけで激しく罵倒するのです。
(恐怖!感情的になってすぐ「キレる」人たち : 深読みチャンネル : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 3/3)

 確かに、「見捨てられる」という不安に駆られると、そういう行動に繋がるのかもしれないですね。
 でもそれが、なぜ「境界性」なんでしょうか。
 自他の境界がうまく取れないってことかなあ。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:心理学いろいろ - ジャンル:心と身体


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/1676-fad13d8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。