湾鉄調査部
興味ある事を興味あるままに調査しています
広告


プロフィール

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


ポピュリズムとは何か?
 先日、ネットでお菓子の作り方を調べていたら、なぜいちご大福はピリピリするのか?という記事にたどり着きました。
 いちご大福が古くなると、いちごが発酵して二酸化炭素が発生し、ピリピリした感じになるのだそうです(参照)。

 いちご大福はお早めにお食べくださいってことでしょうね。

<ポピュリズム2016>

 さて、年末に知人と話をしていました。
 一人で考えるよりも、仲間と多数決した方が正解にたどり着きやすいと知人が言っていてなるほどと思いました。

 しかし、待てよ。
 2016年は、そうじゃないと思い知らされた一年じゃないか!英国が国民投票でEUを離脱するとか、米国がトランプを大統領に選ぶとか!
 とりあえず、そう言うとその場ではうっすらウケました。

 しかし、待てよ。
 それらの事例は、ポピュリズム(populism)の失敗例のように言われてます。
 ですが、果たしてその答えが正しかったのかどうか、まだ分からないのではないか。
 正しくないにしろ、だからと言ってそれ以前が正しいわけではないのではないか。
 そう思ったのです。

<ポピュリズムとは何か>

 Wikipediaによると、ポピュリズムとは以下のような意味らしいです。

ポピュリズム(英: populism)とは、一般大衆の利益や権利、願望、不安や恐れを利用して、大衆の支持のもとに既存のエリート主義である体制側や知識人などと対決しようとする政治思想、または政治姿勢のことである。日本語では大衆主義や人民主義などと訳されるほか、政治指導者、政治活動家、革命家が大衆の一面的な欲望に迎合して大衆を操作する方法を指し、大衆迎合主義とも訳される。
また、同様の思想を持つ人物や集団をポピュリスト(英: populist)と呼び、民衆派や大衆主義者、人民主義者、もしくは大衆迎合主義者などと訳されている。
(ポピュリズム - Wikipedia)

 一般大衆の「不安や恐れを利用」するのはいかがなものかと思いますが、「一般大衆の利益や権利、願望」を利用するというのは、結果的に一般大衆の利益になる可能性はあるのではないかと思います。
 また、「大衆の支持のもとに既存のエリート主義である体制側や知識人などと対決しようとする」というのは、私たち大衆にとってみれば溜飲が下がることでしょう。

 大衆を下に見ているエリート様どもをやり込めるのは、民主的な行為です!
 民主主義では、ポピュリズムは正義だ!

<エリートと民衆>

 元々のポピュリズムという言葉は、そういうエリート主義に対抗する民衆(大衆)派という側面を表していたようです。

「ポピュリズム」の用語は「ラテン語: populus(民衆)」に由来し、通常は「エリート主義」との対比で使用される。
古代ローマでは「populus」は「ローマ市民権を持つ者」の意味であったが、ポピュリスト達は「民衆派(大衆派)」とも呼ばれる事実上の党派となり、ティベリウス・グラックス、ガイウス・マリウス、ガイウス・ユリウス・カエサル、アウグストゥスなどは、元老院を回避するために民衆に直接訴えて市民集会で投票を呼びかけた。
(ポピュリズム - Wikipedia)


19世紀にヨーロッパで発生したロマン主義は、従来の知識人中心の合理主義や知性主義に対抗し、大衆にナショナリズムやポピュリズムの影響を与えた。1850年から1880年のロシア帝国では、知識人(知的エリート)に対立する運動として現れた。
(ポピュリズム - Wikipedia)

 そもそも、エリート様がやってきたことだって、誉められたことばかりではありません。
 「テロとの戦い」は、「先進国」のエリート様たちのために「先進国」のエリート様たちが作り出したものなのではないかとも言われているようです(参照参照)。
 日本においても、東日本大震災の際などに、エリート様たちの中には自分勝手で信用できないのかいるってのが露呈してしまいました。
 やはり、大衆の側に立つのは必要な事なのです!

<大衆を利用する大衆派>

 しかし、まあ、なんか知らんけど、ポピュリズムは悪いという事になっているようです。

19世紀末のアメリカ合衆国では、人民党(通称ポピュリズム党)が既成の支配層である鉄道や銀行を攻撃し、政治思想としての「ポピュリズム」が広く知られるようになった。以後もアメリカでは、マッカーシズムや、2000年代のティーパーティー運動などがポピュリズムと呼ばれている。
1930年代のイタリアのファシズム運動、ドイツのナチズム、アルゼンチンのフアン・ペロン政権などは、既存のエリート層である大企業・外国資本・社会主義者・知識人などに強く反対し、大衆に対して雇用や労働条件向上を実現する変革を直接訴えたため、ポピュリズムと呼ばれる場合が多い。
(ポピュリズム - Wikipedia)

 結局、ポピュリズムというのは大衆のものであると捉えられていないようです。
 「一般大衆の利益や権利、願望、不安や恐れを利用して」という風に、大衆の側に立ってますよと標榜しているに過ぎないとされているのでしょう。

 しかしこれは、従来の政治であっても大筋では同じであろうと思います。
 誰もが、大衆の事を考えているのは自分だと言います。
 ですが、結局誰も大衆ではありません。

 「ポピュリズム」の人々は、「利益や権利、願望、不安や恐れ」という大衆の「本音」にうまく迎合する人たちなんでしょうかね。

ここ数世紀の学術的定義は大きく揺れ動いており、「人民」、デマゴーギー、「超党派的政策」へアピールする政策、もしくは新しいタイプの政党へのレッテルなど、しばしば広く一貫性の無い考えや政策に使われた。英米の政治家はしばしばポピュリズムを政敵を非難する言葉として使い、この様な使い方ではポピュリズムを単に民衆の為の立場の考えではなく人気取りの為の迎合的考えと見ている。にも関わらず近年新たに学者によってポピュリストの見分け方や比較分類の為の定義がまた作られている。Daniele AlbertazziとDuncan McDonnellはポピュリズムの定義を「均一的(人種・宗教などが共通の)良民を、エリート層と危険な『違う人々』を両者共に主権者たる人々から権利、価値観、繫栄、アイデンティティー、発言力を奪う(もしくは奪おうとする)ものと説き、民衆と対決させる」理念としている。

ノーラン・チャートによる定義では、ポピュリズム(および全体主義)は左下に位置する。
近年では、「複雑な政治的争点を単純化して、いたずらに民衆の人気取りに終始し、真の政治的解決を回避するもの」として、ポピュリズムを「大衆迎合(主義)」と訳したり、「衆愚政治」の意味で使用する例が増加している。村上弘によれば、個人的な人気を備えた政治家が政党組織などを経ずに直接大衆に訴えかけることや、単純化しすぎるスローガンを掲げることを指すとする。
民主主義は民意を基礎とするものの、民衆全体の利益を安易に想定することは少数者への抑圧などにつながる危険性もあるという意味では、衆愚政治に転じる危険性は存在するが、それは民主主義の本質であって、ポピュリズムそのものの問題ではない。民主制は人民主権を前提とするが、間接民主制を含めた既存の制度や支配層が、十分に機能していない場合や、直面する危機に対応できない場合、腐敗や不正などで信用できないと大衆が考えた場合には、ポピュリズムへの直接支持が拡大しうる。その際にはポピュリストが大衆に直接訴える民会・出版・マスコミなどのメディアの存在が重要となる。
ノーラン・チャートによる定義では、個人的自由の拡大および経済的自由の拡大のどちらについても慎重ないし消極的な立場を採る政治理念をポピュリズムと位置づけ、権威主義や全体主義と同義としており、個人的自由の拡大および経済的自由の拡大のどちらについても積極的な立場を採るリバタリアニズム(自由至上主義)とは対極の概念としている。
(ポピュリズム - Wikipedia)

 最近の「ポピュリズム」を見ると、大衆が強者の側にあると錯覚させ、弱者を抑圧する手法が取られているとされているような気がします。
 もしそうであるとしたら、それは同一化・同一視(introjection・関連関連)。
 僕ら大衆が自信を失った時、彼らは僕らを魅了するのでしょうね。

<追伸>

 さて先日、パソコンを貰いました。
 HDDは空っぽにしてるって事なので、調べてみると、Windows7はこちらでダウンロードできるみたいですね。
 で、ダウンロードしようとしましたが、プリインストール機のシリアル番号ではダウンロードできないようです。

 そこで、KNOPPIXを使ってCDから起動しようとすると、KNOPPIX Japanese editionの開発はストップしていました。
 こちらでもダウンロードできるようですが、ちょっとびっくりしました。

 びっくりついでに、福岡スタンダード石油株式会社のセルフ新宮SSにあったうどん自販機はなくなったようですね(参照)。
 車に乗っていた頃はよく食べていたので、残念です。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:心理学いろいろ - ジャンル:心と身体


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/1691-556a241b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。