湾鉄調査部
興味ある事を興味あるままに調査しています
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


セルフハンディキャップ
 先日、仕事である高齢者施設のイベントに行くと、子ども達が紙飛行機を作っていました。
 見ていると、すぐに失速して堕ちています。
 なぜだろうと思ってさらに見ていると、尾部が重いため、飛ばしたら上に行ってしまい、揚力を失って堕ちているようでした。

 紙飛行機は、堕ちていくもの。
 堕ちてしまうまでの時間をいかに長くするかが、遠くまで飛ばす秘訣なのかもしれません。
 失速しない程度に上を目指し、なるべくゆっくり堕ちていきたいものです。

<それはセルフハンディキャップだよ>

 さて、僕の大学時代、とても賑やかでノリがいい後輩がいました。
 パッと見はとてもふざけていて、明るい雰囲気でした。
 でもそれは、周囲に気を配ってやっている事だと気付くのにそれほど時間はかかりませんでした。

 その後輩の口癖は、「俺、バカだから。」というものでした。
 「俺、頭いいから!」が心の中の口癖かもしれない恩師は、それが気になったのでしょう。
「そういうのは、セルフハンディキャップだよ。」
 と、指摘していました。
セルフ・ハンディキャッピング(Self-handicapping)とは、自分の失敗を外的条件に求め、成功を内的条件に求めるための機会を増すような、行動や行為の選択のことを指す概念。エドワード・ E・ジョーンズ(英語版)らによって提唱 された。自分自身にハンディキャップを 付けること、という意味である。
(参照)

 うーん。先生。
 なんか、ビミョーに違いませんかね??

<先生あれは悪口ですか?>

 Wikipediaだけ読むと、セルフハンディキャッピングって、なんだか嫌味な概念です。

自らにハンディキャップを課すことで、 たとえ失敗した時でも他のせいであると言い訳ができるようにして自尊心を守る。成功した時はハンディキャップがあるのに成功したと自己の評価をより高められる予防線を張る防御的な行為である。これらの行動に能力の向上や生産的な価値はない。失敗や成功の原因が自己 の能力や努力ではなく、外部から与えられた要因にあるとすり替えて思いこむ、 行為だからである。無意識に行動に組み込まれている人が多く自分に向き合えず改めることができない場合が多い。
(参照)

 俺バカだからは、自分の能力に要因を求めているのだから、これは違うようですね。
 てか先生。これって悪口やろ。

 しかし、自分を守ろうとしているだけなのに、えらい言われようです。
 ジョーンズさんって、人間の弱さに共感できない人なんですかね。

<獲得的セルフ・ハンディ キャッピング>

 Wikipediaでは、セルフハンディキャッピングの例として、試験前に大掃除したくなるアレを出していました。

このうち、なじみ深いのが、試験前などにあえてゲームをしたり、突然に時間のかかる机や部屋の掃除や整理を始める、 あるいは最優先で取り組むべき、期限付きの仕事や課題、作業の準備にわざわざ妨害になるようなことを始める行為で 「獲得的セルフ・ハンディキャッピン グ」といい、自らハンディキャップを作り出してしまう現象である。自分の能力に自信がないとき、成績が悪かった場合、本当はできるのに、ハンディキャップがあったからできなかったんだと言い訳するために行う自己評価や自尊心を守るようにする自己防衛のための行為であ る。成功した時は、問題があったのにできたと自己の評価を高められる。
(参照)

 僕も試験前に片付けを始めてしまうクチですが、だから成績が下がったとは思いません。
 単に、勉強から逃避したかっただけだと自分で分かっているからです。

 てか、言い訳を作ってるってことは、最初から失敗を想定してるわけです。
 それは逃避なんだか言い訳作りなんだか分からないではないですか。

 まあ、最悪の事態が起こったときに自分のショックを和らげるために行うというのは分かる気がします。

<主張的セルフ・ハンディ キャッピング>

 実際掃除しちゃう僕らのような人たちばかりで、世の中成り立ってるわけではありません。
 中には、掃除してないのに掃除したと言うような人もいるようです。

「あー。あたし勉強してない~。」
とか、テスト前にほざいてる輩がそれですな。

また、試験前などに「全然勉強してない」、「体調が悪い」、「これは私は苦手で、うまくいかない」など予防的な発言をして周囲の友人などに広める行為も この一種で、「主張的セルフ・ハンディキャッピング」という。この場合は失敗したときに、周囲の評価を下げないようにし、成功した時はより周囲の評価を高めるための事前工作として、周囲の人からの防御のためにする。
(参照)

 これは明らかに嘘つきですから、自分の評価を落とさないためかもしれないですね。
 あるいは、周囲を油断させるための遠大なる作戦か。

 しかし、そんなに評価が気になるということは、自分に自信がもてない状況だということなのでしょうか。
 それならやはり、他人の評価を落とさないようにしたいってのは切実な願いです。
 非難される謂れはないと思うがなあ。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:心理学いろいろ - ジャンル:心と身体


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/1695-9c1580cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。