湾鉄調査部
興味ある事を興味あるままに調査しています
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


MOMO7wにWindows10TH2
 昔よく通っていた道を、久しぶりに通りました。
 新しく、障害者(児)支援事業所ができていました。

 どうやら2015年11月1日に指定を受けたよう(参照参照)で、ああ、一年以上前にできていたんだなと思いました。

 よくよく思い返すと、以前はここに、高齢者向けのデイサービスがあった(参照参照参照参照)気がします。

 同じ事業者かと思ったら、現在の事業者(参照参照)と以前の事業者(参照参照参照参照)は別らしいです。
 以前の事業所は、開設当時カフェを併設したりして野心的やなと思っていましたが、どうしたんでしょうかね。

<MOMO7Wアップデート不可>

 久々に登場の格安WindowsタブレットPloyer MOMO7Wですが、最近Windowsアップデート(参照)が何度も繰り返されます。
 どうも、Windows10バージョン1607なるものをインストールしようとして失敗しを何度も繰り返しているようです。
 これどうやら、2016年8月から提供されている所謂「Anniversary Update(AU)」へのアップデートに失敗している状態のようです。

<外部ドライブがいくら空いていても・・・>

 AUに失敗するのなら、一気に2016年11月から提供されているWindows10 Threshold2(TH2)を入れてみるのも手かなと思い、インストール用のUSBメモリーを作りました。
 我ながら無謀な試みです。

 案の定空き容量が少なく、「10GBの空き容量がある別のドライブを選ぶか、外部ドライブを接続してください」とお叱りを受けます。
 しかしそれは、想定の範囲内。すかさずmicroSDカードを差しました。
 ところが、microSDカードの空きが20GBあっても「ドライブ C:¥ に追加の2.04GB が必要です」と言われます。
 どうしたことだと調べてみると、こんな記述がありました。

外部ストレージに十分な空き容量があっても、パソコン、タブレットのハードディスク、ストレージ (システムドライブ) 上でアップグレードに最低限必要な容量が足らない場合、ドライブ C: に追加の数百 MB (例 200 MB) が必要ですと表示される場合が あります。その場合は手順 5 に従ってシステムドライブの空き容量を増やします。
(参照)

 いや。容量少ない格安タブレットだとそんなの無理だからね。
 それなら、「10GBの空き容量がある別のドライブを選ぶか、外部ドライブを接続してください」なんて言って期待をもたせないで欲しいものです。

<コンパクトOSしても無理>

 そこで、こちら等を参考に、OSのコンパクト化(コンパクトOS化)をやってみることにしました。
 やり方は実に簡単。
 スタートボタンを右クリックして、メニューから管理者用のコマンドプロンプトを起動し、「compact /compactos:always」と打ち込むだけです(参照参照)。

 かなりの期待をしましたが、そんなにコンパクト化されていませんでした。

 どういう仕組みか分かりませんが、セットアップしながらコンパクト OS を展開する事もできるようです。
 しかし、「unattend.xml ファイルを、設定 Microsoft-Windows-Setup\ImageInstall\OSImage\Compact を指定して使います(参照) 」という説明自体意味不明で、太刀打ちできません。

<一度Windows8に戻す?>

 考えてみれば、Windows10にした時(参照)もかなり面倒でした。
 ん?
 一度、Windows8.1に一度戻して、Windows10TH2を入れればいいのかな?

 で、戻す方法を調べてみました。

③メーカー提供リカバリイメージから再インストールする場合
※念のためWindowsのライセンスキーをバックアップしておいてください。
※中国語の文は似た漢字で表しています

1.リカバリイメージのimages/install.wimのサイズを確認
2.4GB以下の場合はFAT32、4GB異常の場合はNTFSでUSBメモリをフォーマット
3.USBメモリのドライブの名称を「WINPE」にする(カギ括弧は不要)
4.USBメモリのルートに、リカバリイメージを全てコピーする
5.ハブを利用して、タブレットにUSBメモリとキーボードを接続
6.タブレットの電源を入れ、直後にキーボードの「ESC」を数回押す
7.BIOSの画面に移行したら、左右の矢印で「Save & Exit」を選ぶ
8.上下の矢印で「UEFI:USB MassStorage Drive」を選びEnterを押す
9.Windowsの再インストールが始まる
10.状況により、キーボードを外し電源を接続する
11.コマンドプロンプトの入力状態になったら、「exit」と入力しEnterを押す
12.再起動し、Windowsが起動される
(参照)

 幸い、Windows10にする前に回復ディスクを作っていたので、それを使えば何とかなりそうです。
 ちなみに、メーカー提供のリカバリイメージはMOMO7W品牌系统01.09.rarという名前で公開されてるらしいです。

<クリーンインストール>

 しかし、色々調べると、そこまでしなくても新規でWindows10TH2をインストールすればいいらしいことが分かりました(参照参照)。
 USBでキーボードを繋ぎ、電源を入れてからESCキーを押して、表示されたメニューでUSBメモリから起動します。

 音量キーの+と-を同時押ししても同じ画面になりますが、キーボードを繋がないとその画面から何も選択できません。

 で、カスタムインストールを選んでWindowsが入っていたパーテーションを消して、そこに新規でWindows10TH2をインストールしました。
 あっけなく終わりました。

 ただし、このままだとドライバがいくつか入っていなくて、実用上問題があります。
 てか、電源すら供給されません。

 で、予めバックアップしておいたドライバか、ネットで拾ったPloyer Momo7w Drivers.7zというファイル(参照)をMOMO7Wにコピーして、デバイスマネージャから不明なデバイスのドライバを一つ一つ更新していきました。
 電源が供給されていないので、素早くやらないととんでもないことになりそうです。
 で、なんとか不明なデバイスをすべてなくしました。

<アップデートの効果>

 アップデートして何が変わるんだということですが、フリック入力ができるようになりました。
 これが何気に便利で、入力の鬱陶しさがかなり改善されました。

 MOMO7Wが悪いのか、Androidに慣れたのが悪いのか、Windowsが悪いのか分かりませんが、何となく違和感はありますが。

 これで、貰ったVAIOのHDDを当分は買い直さずに済みそうです(参照)。

 まだ試していませんが、アプリを他のドライブに移すこともできるらしいです。

 で、すごいことにメモリの空き容量が3GBくらいになっていました。
 これで次の大型アップデートとも闘えます。
 と思ったら、こちらはWindows updateしたらまた1GB程度になってしまいましたが・・・。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:パソコン - ジャンル:コンピュータ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/1698-ffd69595
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。