湾鉄調査部
興味ある事を興味あるままに調査しています
広告


プロフィール

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


SONYのVAIO VPCS149FJを貰う
 Windows3.1の頃から遊んでいたソリティア。
 単純なトランプの一人遊びゲームですが、結構はまったこともありました。
 このゲーム。マインスイーパーと共にクリックやダブルクリックやドラッグやドロップの練習用として付属していたと言われています(参照)。
 後にフリーセルも加わりましたが、Windows7では標準ではなくなり、Windows8以降は消えてしまいました(参照)。

 Windows10では代替のストアアプリもあります(参照参照)が、重かったり広告が出たりと何だか違います。
 類似のフリーソフトを探している人もいる(参照)ようですが、元々のソリティアがしたいだけなのよ僕は!

 そう考えているのは、どうやら僕だけではないようで、Windows7のPCから移すという荒業が一般的なようです(参照)。
 まあ、動かなくなったらしい(参照)ですが。

<壊れたVAIOを貰いました>

 先日、上司の個人パソコンが壊れて起動できないというので、無理を言って譲り受けました。
 貰ったのは、(当時)SONYのVAIO VPCS149FJ。
 VAIO Sシリーズというシリーズらしいです。
 ハードディスク(HDD)が壊れているとのエラーメッセージが出ていて、確かに起動しません。

<Ultimate Boot CDで検査>

 そこで、Ultimate Boot CD(UBCD)というものを使って、まずは検査してみました。
 UBCDというのは、CDからパソコンを起動して色々な検査をするツール群です。
 無料で公開されていて、ファイルをダウンロードしてCDに書き込むだけで作れます。

 素人なので全くワケ分からない上にすべて英語なので、おとなしくweb上の解説を見つつ検査をしてみました。
 どうやら、HDAT2というツールで、DETECT with VERIFYというのをすると良いようです(参照)。

 調べた結果、内蔵されているHDDは、TOSHIBA MK5065GSXNというものらしく、シリアルATA(SATA)接続で500.11GBの容量のものらしいです。

容量:500GB 回転数:5400rpm キャッシュ:8MB インターフェイス:Serial ATA300 厚さ:9.5mm
(参照)


 一応、2ブロックのエラーが見つかり、とりあえずは修復されたようです。
 と言うか、エラーしてる場所を使わないようにしただけのようで、実際はそこからさらにエラーが広がっていく可能性もあるようです。
 起動すると、壊れてますよと相も変わらず警告されて、少しウザイです。

<CDで起動!>

 調べてみると、「VAIO Sシリーズ はSATA2という最大300M B/sしか出ない古い規格(参照)」らしいです。
 これでどんな規格のHDDを買えばいいのかはっきりしました。

 とは言え、新しくHDDを買おうと思うと5000円くらいはするようです。
 ここはひとつ、HDDを使わない選択肢も考えてみます。

 Linuxには、先程のUBCDと同じような、CDでパソコンを起動できるセットがいくつかあります。

 Linuxとは、パソコンのOperating System(OS:基本ソフト)の一種です。Windowsのようなもんです。たぶん。
 とりあえず無料らしく、よく知りませんが、iOSもAndroidもLinuxの派生版らしいです。

 以前遊んでいたKnoppix 日本語版は開発終了したようですが、ライブCDの部屋にはそういったCDを作ることができるファイルがたくさん公開されています。

 幸い僕は、今でもポータブル版のソフトを多用していて、USBメモリを使って何台かのパソコンを渡り歩いています。
 しかしどれもWindows版。
 多くはLinux版もあるソフトなのですが、わざわざ出先のパソコンをCDで起動するのはいかにも面倒です。

<リカバリーできるか確かめる>

 そうなると、HDDを載せ換えてリカバリーした方が後々楽そうです。
 しかし、新しいHDDを買って、ちゃんとリカバリーできるのでしょうか。
 試しにリカバリーDVDを入れてみたら、何やら破損しているようで、うまくいきません。

 色々探してみると、Windows 7のDVDを作られるファイルはダウンロードできます(参照)が、OME版のWindows7の番号ではダウンロードできないようです。

 ちなみに、VAIOは変態パソコンらしく、ドライバの入手に苦労するようです(参照)。

 これはあかんとDVDを磨いて再度チャレンジしてみたら、今度はうまくいきました。
 また、HDD内のリカバリー領域も無事だったようで、HDDからのリカバリーもできました。

<Microsoft Officeがリカバリーできない>

 しかし、リカバリーしたものの、なにか違和感があります。
 Microsoft Officeが見当たらないのです。
 どうも、Microsoft Officeは別にリカバリーしないといけないようです。
 しかし、上司はMicrosoft OfficeのDVDの入った袋(?)を渡してくれませんでした。
 Microsoft OfficeのDVD自体は僕も持っているのですが、袋に書いてあるプロダクトキーがないと、リカバリー後に起動できないようです。

 ちなみに僕が持っているMicrosoft OfficeのDVDは、現在使っている東芝のdynabook TX 77MWHJのもの。
 このdynabookは、大きくて持ち運びや出し入れがしにくいんです。


 一応、Officeのプロダクトキー再発行は可能らしい(参照参照)のですが、コミュニケーション障害の僕には難しそうです。

 同じ理由で、上司にプロダクトキーを貰うのも不可(^_^;

 こうなったら、LibreOfficeOpenOffice.orgを入れるしかありません。

 Microsoft Officeを新たに買うのは不可。そんな金があったら、躊躇せずにHDD買います。
 あと、Office2000のライセンスならひとつ余ってますが、それからファイル形式が変わってしまったので、それを使うのも不可。


<Microsoft Officeを使わないならLinux?>

 しかし、Microsoft Officeを使わないのであれば、一発Linuxを入れちゃうのも手かも知れません。
 LibreOfficeとOpenOffice.orgには、Linux版もありますからね。

 そこで、vineubuntuをダウンロードしました。
 もちろん無料です。

<でもやはりWindowsが必要?>

 しかし、USBメモリに入れているソフトを使うなら、Windowsでないといけないのでした。
 Windows10を入れれば(参照)、Office Mobileを使って閲覧だけはできるようになりますかね。

 まあしかし、Windows7のままにして、冒頭のソリティア専用機にしてしまうのもいいかもしれません。

 そもそもSONYはこの機種にWindows10を入れるのを推奨してないようです。
 とりあえず、Windows7 Service Pack1(参照)とService Pack2的位置付けのKB3020369KB3125574も確保しておきましょうかね。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:パソコン - ジャンル:コンピュータ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/1700-fb81b619
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。