湾鉄調査部
興味ある事を興味あるままに調査しています
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


声なき声を聞け
 昔、某家電量販店で働いていたことがありました。
 家電量販店って、BGMとしてオリジナルのテーマソングを流す所が多いような気がします。
 ヤマダ電機しかり、ベスト電器しかり、ヨドバシカメラしかり。

 ディスカウントストアでも、ドンキホーテの歌は有名ですよね。
 スーパーでは、今はなき寿屋なんかはオリジナルの歌がありました。

 最近気づきましたが、なぜかイオンではオリジナルっぽいけどテーマ曲っぽくない曲が何曲か交互に流れているようです。
 深夜だけかもしれませんが。

 コンビニだと、ファミリーマートやローソンなんかはオリジナル放送の形式で、ローソンなんか時報まで流してますね。

 マクドナルドでは聞き慣れない洋楽が流れていますが、オリジナルではないそうです。
 プレイリストは公開されてないらしいですが、問い合わせには答えるとのことです(参照)。
 洋楽に詳しい人でもよく分からない曲が選定されているそうで、社内に担当部署がある(参照)のだとか。

 そんなこんなで、最近有線放送ってあまり聞かなくなった気がします。

<群れるなと言われた>

 そんなわけで、買い物とか行っても、なかなか流行りの曲を聞くことがありません。
 去年聞いたのですが、欅坂46なるグループがいるらしいですね。
 けやき坂というのは、東京都港区六本木にある六本木ヒルズの中の坂だそうな(参照)。
 そのグループが昨年だした曲の一つが、サイレントマジョリティ(silent majority)というものらしいです。

君は君らしく生きて行く自由があるんだ
大人たちに支配されるな
初めからそうあきらめてしまったら
僕らは何のために生まれたのか?
夢を見ることは時には孤独にもなるよ
誰もいない道を進むんだ
この世界は群れていても始まらない
Yesでいいのか?
サイレントマジョリティー
(参照)

 いやー。作詞の秋元康大先生。お説ごもっともでございます。
 理由は分かりませんが、群れるのは最悪です!

<群れずに異議を唱えよう!>

 で、ワタクシも、群れずにこのヒット曲にケチをつけさせていただきたいと思います。
 「どこかの国の大統領が言っていた(曲解して) 声を上げない者たちは賛成していると…(参照)」と、秋元先生もおっしゃっています。
 そうですよ!この詞に賛成できないんで、声をあげるしかないんです!
 「選べることが大事なんだ人に任せるな 行動しなければNoと伝わらない(参照)」ともおっしゃっています。
 そうそう。他にもケチをつけてる人はいるでしょうが、他人に任せてはいけません。
 僕のNoは、僕自身が書かなければ!

<一緒に歩いただけで追従なのか?>

 秋元先生は、「先行く人が振り返り列を乱すなと ルールを説くけどその目は死んでいる(参照)」とおっしゃっています。
 誰かのルール。お仕着せのルールに盲従する方々を揶揄していらっしゃるのでしょう。

 しかし、我が国は法治国家。
 やはり、議会制民主主義の下で論議の末に成立したルールというものは、守らないといけません。

 でも、自分ルールで他人を縛りたがる人とかいますよね。
 秋元先生は、「誰かの後ついて行けば傷つかないけど/その群れが総意だとひとまとめにされる(参照)」とおっしゃっています。
 でもねえ。それは「先行く人」の論理です。

人が溢れた交差点を
どこへ行く?(押し流され)
似たような服を着て
似たような表情で…

群れの中に紛れるように
歩いてる(疑わずに)
誰かと違うことに
何をためらうのだろう
(参照)

 皆と一緒に歩いてるからといって、皆と同じとは限りません。
 それぞれがそれぞれの考えや感情や目的や夢や悩みや喜びや問題や幸福を抱えて歩いているのです。
 声を出していないだけで、群れていると決めつけられるのはなあ。

 それを同じだと捉えるのは、世間を知らない無知な人か、人がゴミのように見える「先行く人」たちなのではないでしょうか?
 そして、僕から見れば、秋元先生は立派な「先行く人」です。

<似ている「似ている」という捉え方>

 確かに内面がどうであれ、一緒にいれば同質に見えるのは分かります。
 若いアマチェアミュージシャンがそういう勘違いを歌うのはよくあります。
 そういった意味では、「似たような考え」であり、「似たような言葉」です。

 そのような捉え方を、中原中也の「正午 丸ビル風景」のようにユーモラスに昇華できている方は稀です。

ああ十二時のサイレンだ、サイレンだサイレンだ
ぞろぞろぞろぞろ出てくるわ、出てくるわ出てくるわ
月給取の午休み、ぷらりぷらりと手を振って
あとからあとから出てくるわ、出てくるわ出てくるわ
大きなビルの真ッ黒い、小ッちゃな小ッちゃな出入口
空はひろびろ薄曇り、薄曇り、埃りも少々立っている
ひょんな眼付で見上げても、 眼を落としても……
なんのおのれが桜かな、桜かな桜かな
ああ十二時のサイレンだ、サイレンだサイレンだ
ぞろぞろぞろぞろ出てくるわ、出てくるわ出てくるわ
大きなビルの真ッ黒い、小ッちゃな小ッちゃな出入口
空吹く風にサイレンは、響き響きて消えてゆくかな
(正午 丸ビル風景)

 四角いビルに囲まれた四角い空を眺めていたサラリーマン時代。
 この詩を思い出しながら自嘲し、よく歩いていました。

 でも、そういう言説を「先行く人」に言われたくはありません。
 これはきっと、「先行く人」への嫉妬なのでしょう。
 でも、不快な感情は抑えられません。

<one of themの論理>

 では、秋元先生はどうしろとおっしゃっているのでしょうか。

君は君らしくやりたいことをやるだけさ
One of themに成り下がるな
ここにいる人の数だけ道はある
自分の夢の方に歩けばいい
見栄やプライドの鎖に繋がれたような
つまらない大人は置いて行け
さあ未来は君たちのためにある
No!と言いなよ!
サイレントマジョリティー
(参照)

 「One of themに成り下がるな」ってのが、なんか違和感あります。
 誰もがみんな、どこかの局面で「one of them」です。

 秋元先生は、「群衆になんてなりたくなかった/俺は俺だと叫んでいたいよ(参照)」とおっしゃっていたあの頃のままなのでしょう。

 でも、僕は僕らしく、群衆のなかで、one of themとして、一隅を照らせる人になりたいと思います。

<時事ネタ>

 日本郵政が野村不動産の買収を検討してるとか(日本郵政 野村不動産を買収へ)。
 そういうあまり縁のない所じゃなくて、元国営繋がりでJRを買収すればいいのに。
 JR九州なら、不動産事業もやってるし、(本州三社よりは)安いですよ。

 あるいは、元国有地の再開発経験を買って、森友学園グループを買収するか。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/1710-2ae23bd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。