湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


選挙期間中の評論の自由
 先に選挙について書きましたが、どうやら厳密に言うと選挙違反になるのかもしれないようです。


 この法律に定めるところの選挙運動の制限に関する規定(第百三十八条の三の規定を除く。)は、新聞紙(これに類する通信類を含む。以下同じ。)又は雑誌が、選挙に関し、報道及び評論を掲載するの自由を妨げるものではない。但し、虚偽の事項を記載し又は事実を歪曲して記載する等表現の自由を濫用して選挙の公正を害してはならない。
2  新聞紙又は雑誌の販売を業とする者は、前項に規定する新聞紙又は雑誌を、通常の方法(選挙運動の期間中及び選挙の当日において、定期購読者以外の者に対して頒布する新聞紙又は雑誌については、有償でする場合に限る。)で頒布し又は都道府県の選挙管理委員会の指定する場所に掲示することができる。
3  前二項の規定の適用について新聞紙又は雑誌とは、選挙運動の期間中及び選挙の当日に限り、次に掲げるものをいう。ただし、点字新聞紙については、第一号ロの規定(同号ハ及び第二号中第一号ロに係る部分を含む。)は、適用しない。
一  次の条件を具備する新聞紙又は雑誌
イ 新聞紙にあつては毎月三回以上、雑誌にあつては毎月一回以上、号を逐つて定期に有償頒布するものであること。
ロ 第三種郵便物の承認のあるものであること。
ハ 当該選挙の選挙期日の公示又は告示の日前一年(時事に関する事項を掲載する日刊新聞紙にあつては、六月)以来、イ及びロに該当し、引き続き発行するものであること。
二  前号に該当する新聞紙又は雑誌を発行する者が発行する新聞紙又は雑誌で同号イ及びロの条件を具備するもの
(公職選挙法第百四十八条)

 まあ、僕は別にこういう人が出ていますよと書いただけですが、ブログで報道や評論する自由は「妨げるものではない」ものではないわけです。
 「妨げるものではない」ものには「新聞紙(これに類する通信類を含む。以下同じ。)又は雑誌」と書かれていますので、「類する通信類」にあたるのではないかと思いましたが、「新聞紙にあつては毎月三回以上、雑誌にあつては毎月一回以上、号を逐つて定期に有償頒布するものであること」と書かれていますが、当ブログは1日に1回以上書いているものの厳密に言えば「定期」ではないですし「有償」でもありません。
 また、どう考えても「第三種郵便物の承認」はないでしょう。

 それ以上に、噂が多いので「虚偽の事項を記載し又は事実を歪曲して記載」かもしれないですね。
 あ、噂があると書いているだけだから虚偽や事実の歪曲ではないのか・・・。

 まあ、僕も人間ですから支持している人がいるかもしれませんが、なるべくそれは出さないようにしています。
 むしろ、支持しない人を誉めようと頑張っているところです。
 そういった意味で「選挙活動」にはあたらないということですかね・・・。

 と思ったらそうではなくて、自民党の世耕代議士によると、「今の法律では、できないですね。候補者の名前を書くのは禁じられているんです。公示日後は、マスコミしか許されません。ただ第三者のサイトなどはよほど露骨にやらない限り『お目こぼし』されている状態です(参照)」ということのようです。
 つまり、選挙期間中は僕たちが掲示板等で候補者等について討論することも厳密には法律違反ということのようです。
 本当におかしな話です。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 政治 選挙一般

テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント
これからの時代
これからの時代、選挙運動自体ネットで出来るようにして欲しいです(そしたら誰かさんを復活する会会長ではなく県知事に!)。福岡県外の田舎の方は特に国会議員選挙は選挙カーも滅多に来ないから選挙を忘れることも。それに情報をもっとネットからとりたいし。
【2007/04/10 18:37】 URL | 999(すりいないん) #xf.iqwFY [ 編集]

ここでは・・・
 選挙活動ではなく一般庶民がネットで選挙について評論する是非を書いているのですが・・・。

 選挙カーは名前を連呼するだけで何ら有効な情報はもたらしませんので、できれば他の媒体で立候補者のことを知ることができたらいいですね。
 でも、Webは基本的に興味ある人が能動的に情報を手に入れるためのものですから、Webだけで選挙戦をすると無関心な人はますます情報を手に入れなくなるでしょうね。
 僕としては、政見放送と選挙公報をすべての選挙で義務化して、政見放送は選挙がある地域を放送エリアに含むすべての放送局がゴールデンタイムに流す義務を課すべきだと思っています。
【2007/04/11 01:01】 URL | therapie #SFo5/nok [ 編集]

どちらかというと
ネットだけとか、TVだけとか言わずに、あらゆるメディアで行って欲しいというのが正直なところです。
TVだって、放送時間に家にいない人だっているでしょうし、ビラだって目の不自由な人は読めない、ラジオだって耳の不自由な人は聞けないし、選挙前日まで出張で家に帰れない一人暮らしの独身サラリーマンだっていますからね。

福岡在住の東京出張のサラリーマンは、例えば福岡県議選の情報を知ることができません。
知ることができたとしても、名前と年齢と所属党と性別くらいでしょうか。
新聞は手に入らないし、テレビは見れない、いつ政見放送があるかなんて知る手段もない。
そんな人たちは経済をになう人たちに多いはずです。

であれば、その人たちに候補者の情報をあらゆる手段を使って渡すのは当然のことだと思いますし、投票する人は知る権利があります。投票しない人は別ですが…。

その手の人たちの救済措置として、ネットの活動”も”認めて欲しいですよね。
ただし、それでスパムメールのようにメールが来始めるのも問題ではありますが。

…とここで熱く語ってもしょうがないのか。それは、選挙管理委員会にいうべきことなんでしょうね。
【2007/04/11 17:59】 URL | やひ@久留米 #MkWzKcno [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/173-5244b945
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。