FC2ブログ
湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


原付がなくなる?
 先日、原付のオイル交換をしました。
 同僚の家業がバイク屋さんなのでそこで買ったバイクなのですが、一回分位サボっていました。
 オイルを抜いてオイルを入れるだけの作業で、道具もあるのですが、何だか億劫な作業です。

 さて、排気量50cc以下の原付一種バイクがなくなるのではないかという話があります。

<独自規格はコスト高>

 どうも、50cc以下というカテゴリは日本独自の規格らしく、メーカにとってはコスト高らしいです。
 それで、止めたいとのこと。

スズキの鈴木修会長は5月12日に都内で開いた決算会見で日本独自規格である50ccバイクについて、いずれなくなるとの見通しを示した。
鈴木会長は「東南アジアでは排気量100ccとか110ccが主流だったが、今は小排気量の主流が150ccに移っているという傾向がでているので、いずれ100ccのバイクはなくなっていくのではないか。150ccクラスが小さいクルマ(小排気量バイク)の限界ということになるのではないか」と指摘。
そのうえで「日本でも50ccがどうなっていくかということを考えると、やはり免許の関係もあるだろうが、125ccとか150ccが小さいクルマの限界になるのではないか」と述べた。
50ccバイクは国内二輪車販売の4割強を占めているものの、ピーク時の1割程度にまで市場規模が落ち込んでいる。加えて、燃費規制の強化で規制をクリアできないモデルが生産、販売中止に追い込まれるケースも出始めている。ホンダはロングセラー商品である『モンキー』の生産を8月末で終了し、50年の歴史に幕を下ろすことを決めている。
50ccバイクを巡っては市場縮小や日本独自規格のため海外展開が難しいことなどを背景に、ヤマハ発動機では2018年にもホンダから50ccスクーターを調達することにしている。
こうした他社の協業に関して鈴木会長は、「他社の動きは部分的な問題であって、あまり関心をもってやることは必要ではないのではないかと私は思っている」との認識を示した。
また鈴木会長は「自動車、オートバイ、船外機でメシを喰っていくわけだから、その点で何はともあれ小さいながらも特色をいかしながらやっていく」との考えを改めて強調。
このうち二輪車については「オートバイもようやく危機を脱した。全世界的にオートバイはくまなく赤字だったが、インドネシアを残して全部黒字になった。そういう点ではインドネシアの問題を改善すれば2017年度は黒字になると思っている。2300億が2000億くらいに売り上げが減って一度は縮小均衡になったが、これからは拡大均衡を図っていけるという決意でいる」と述べた。
スズキが同日発表した2016年度業績によると、二輪事業の売上高は前年度比11.8%減の2063億円となったものの、セグメント収益は前年度の102億円の赤字から9億円の赤字に改善した。また鈴木会長が拡大均衡を図るとしている17年度の二輪車販売は同3.8%増の141万9000台を見込んでいる。
《小松哲也》
(スズキ会長、国内二輪「125ccが小排気量バイクの限界になるのではないか」・2017年5月12日20:45付Response)

 お悩みなのは承知致しましたが、原付一種無くなると困るわ。

 鈴木さんはさらっと「免許の関係」と言ってましたが、僕のように普通免許のオマケや原付免許で実技試験なしで原付一種に乗っている人は少なくないはずです。
 正直、死活問題です。

 「ピーク時の1割程度」と嘆いていますが、それでも「国内二輪車販売の4割強を占めている」わけです。
 その中の少なくない部分が「実技なし免許層」であるとするならば、その層を失う事は、国内二輪車市場のかなりの部分が無くなる事になるのではないでしょうか。

<125ccまで普通免許のオマケに?>

 そうした中、こういった噂が流れていました。

1: 2018年度よりバイクに関するルールが変更!?
される予定
125ccまでが普通自動車免許取得者は無条件で乗れるようになる予定
50ccバイクの免許所持者は教習所にて3時間の講習後に小型二輪免許交付予定
そして50ccの30速度制限は撤廃、しかし二段階右折はそのまま残す予定

だそうだ
(2018年度よりバイクに関するルールが変更!?・2016年03月31日付)

 普通免許取得二輪乗車者にとって願ったり叶ったりの朗報です。

 しかし、ただの噂ですからね。
 実際は、二輪車メーカの団体等が、以下のように色々お願いしているらしいです。

   現在、「原付2種」と呼ばれる125ccバイクに乗る場合、普通免許とは別に「小型自動二輪免許」が必要になる。その125ccバイクの免許取得について、全国オートバイ協同組合連合会や日本自動車工業会などは2010年から「簡便化」するよう、警察庁などに要望していた。
(自動車免許で125ccバイク 規制緩和の動きに賛否両論・2016/9/27 07:30付J-CAST)


   全国オートバイ協同組合連合会は「自動車教習所の講習時間の短縮や実技の上限時間の緩和などの、免許を取得するのにかかる負担を軽減して、もっと簡単に免許を取得できるようにしてほしい」と、訴える。
(自動車免許で125ccバイク 規制緩和の動きに賛否両論・2016/9/27 07:30付J-CAST)

 無条件ではなく、簡便化のお願いらしいですね。

 政府側の発言も見つかりました。

   そうしたなか、経済産業省自動車課の川野大志課長は2016年9月17日に神戸市で開かれた「BIKE LOVE FORUM」で、「そう簡単ではないのかもしれないが、排気量125ccの免許取得を今までより簡単にするというような取り組みにチャレンジしてみたい」と話し、バイク市場を活性化する規制緩和策として、125cc(原付2種)の免許取得の簡便化について意欲をみせた。ただ、現行の50ccの原付バイクのように、 普通免許で乗れるようになるかどうかは不明。経産省は「免許取得に必要な講習をなくしたり、その質を落とすようなことはありません。安全を重視し、確保したうえで(免許を)取りやすくすることを検討しています」と説明する。
(自動車免許で125ccバイク 規制緩和の動きに賛否両論・2016/9/27 07:30付J-CAST)

 運転免許制度を所管しているのは警察庁でしょうから、この意見が政府の方針と見るわけにはいかないのでしょう。
 ただ、海外大型二輪車メーカの圧力で免許制度が緩和された事例もあるようです(参照参照)。
 国内メーカの意向を受けた経済産業省も、結構力を持っているのかもしれません。

<障害は二輪免許保有者>

 周囲にいる二輪免許保有者(実技あり層)に聞くと、実技なし層に対する現行小型二輪免許交付にはほぼ反対していました。
 まあ、自分達がお金と時間をかけて取得した免許を無条件で貰えるなんてのは腸煮えくり返る思いなのでしょう。
 自分達はきちんと実技も学んだという自負もあるようです。

 確かに、「四輪と二輪は別物なのだから、実技も学ばずに二輪に乗るのは危険」という主張には、説得力があります。
 僕も、初めて原付に乗ったときは面食らいました。
 自転車に乗ってたからか、すぐに慣れましたが。

 あれ?その理屈だと、原付乗れたらもっと大きな二輪にも乗れるって話になってしまいますね。

 実技なし免許層は50ccまでのままにしろという意見は、実技あり免許層のポジショントークのように思います。
 ま、実技なし原付乗りのポジショントークをしている僕が言うのもなんですが(^_^;)

<裾野が広いほど山は高くできる>

 とは言え、実技なし免許層の広い裾野があってこその、現在の二輪市場なのです。
 現在の50ccバイクに乗っている層が二輪市場から消えてしまうと、二輪車の国内市場は壊滅的になる恐れがあります。
 それは、実技あり免許層にとっても避けたい未来なのではないでしょうか。

 その層をカバーするのが電動アシスト自転車であるとの見解もありますが、それはいささか無理があるでしょう。
 まあ、電動スクーターになる可能性はあるのでしょうが。

<実技なし=50cc以下は絶対ではない>

 そもそも現在の形も規制が厳しくなった結果です。
 普通免許があれば125ccまで乗れた時代(参照参照参照参照)もあり、「1965年(昭和40年)8月31日までに普通(当時)を取得した人は自二(当時)がオマケで付いてきた(参照)」のだそうです。

 外国を見てみると、ヨーロッパでは車の免許で125ccまで(参照)乗れるとの話もあるようです。

 とりあえず、僕の日常の交通手段が失われないことを望みます。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/1748-8d95064d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。