FC2ブログ
湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


鹿児島大学はどこにあったのか(2)~鹿児島県立大学はどこにあったのか
 (前回のつづき)現在の鹿児島大学工学部と医学部の前身は、鹿児島県立大学(県立鹿児島大学)。
 その鹿児島県立大学は、前身の2校の校地をそのまま利用したようです。
 その前身とは、旧制鹿児島県立工業専門学校と旧制鹿児島医科大学(旧制県立鹿児島医学専門学校)のようです。

<鹿児島県立大学工学部はどこにあったのか>

 旧制鹿児島県立工業専門学校は、「創立当初は県立鹿児島工業学校に併設されたが、授業開始を延期している間に空襲で校舎を失った(参照)」とのことで、県立鹿児島工業学校は現在の鹿児島県立鹿児島工業高等学校に当たります。

 その後、「終戦後の1945年11月、鹿児島市伊敷町 (現 下伊敷) の旧西部十八部隊跡に移転し、元兵舎を校舎として使用した。伊敷校地は後身の鹿児島県立大学工学部に引き継がれた(参照)」ということですが、西部18部隊とは、歩兵第45連隊のこと(参照)らしいです。

 1971(昭和46)年に発行された鹿児島市史第三巻(参照)付録の昭和3年訂正増補鹿児島市街図を見ると、歩兵第四十五連隊は、市電伊敷停留所の北東方面にあったようです。
 伊敷電停は、現在の鹿児島下伊敷郵便局辺りにあり、第四十五連隊の敷地は現在の玉江小学校、伊敷住宅、県立聾学校、県立短大、鹿児島医療センター附属看護学校、県青年会館、国道工事事務所維持出張所等がある一帯らしいです。

 ちなみに、鹿児島市史はこちらにpdfで公開されているのですが、なぜかこの付録は公開されていません。

 その中でも、「工学部の旧下伊敷校地は、隣接の旧鹿児島大学教育学部校地と共に、1959年以来 鹿児島県立短期大学が使用している(参照)」とのことなので、現在鹿児島県立短期大学がある場所だったようです。

<鹿児島県立大学医学部はどこにあったのか>

 旧制県立鹿児島医科大学(県立鹿児島医学専門学校)は、ちょっと複雑です。
 「1943年4月の医専開校時は、鹿児島市山下町19番地の仮校舎を使用した。1944年12月に鹿児島市鴨池町の新校舎第1期工事が竣工、純心女学校から買収した校舎と合わせて、校舎は 3箇所となった (第1校舎: 鴨池町新校舎、第2校舎: 旧純心校舎、第3校舎: 山下町仮校舎)。1945年6月の鹿児島大空襲で第3校舎・附属病院を共に焼失した(参照)」とありますが、どこも同じような記述なのです(参照)。

 現在の鹿児島純心女子高等学校・中学校は、当初は聖名高等女学校という名前だったようです。
 カトリックに対する広範な迫害があった上に、太平洋戦争も開戦したため、聖名修道会の外国人スタッフがカナダに帰国。
 長崎の純心聖母会の傘下になったということのようです(参照)。
 しかしその後も迫害は止まず、港が丸見えの高台にキリスト教系の学校があるのは国防上危険であると、攻撃されていたようです。
 そこで校地を医学専門学校に明け渡し、谷山市(現在の鹿児島市谷山)にあったフランシスコ会修道院跡地(現在のラサール)への移転を強いられたということらしいです(参照)。
 戦後、純心聖母会に校地を返還するように占領軍が命令したらしいので、第二校舎は現在の鹿児島純心女子高等学校・中学校の場所であると分かります。

 また、第三校舎(仮校舎)は現在の県立博物館(参照)であることも分かりました。
 現在の県立博物館には、当時県立図書館があったようですね(参照)。

 問題は、第一校舎です。
 元々の鹿児島市鴨池町はかなり広く、1990年代前半までは現在の唐湊も鴨池町でした。
 範囲が広い上に、学校として存在した期間が短いため、今のところ全く手がかりがありません。
 1945年頃に占領軍が作った地図が公開されていますが参照参照)、こちらにも出ていません。

 指宿枕崎線が載っているので1930年以降(参照)の内容だとは思うのですが、当時の最新の情報ではないのかもですね。
 スタンフォード大学に戦前の五万分の一地形図(参照)や二万五千分の一地形図(参照)等が保管されているようですので、占領軍が日本側の地図を元に作成した可能性もあるのかなと思います。

 後、山下町の附属病院跡地には、後に国立病院機構鹿児島医療センター(九州循環器病センター・国立南九州中央病院)が作られています(参照)。
(つづく)
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 鹿児島大学

テーマ:鹿児島 - ジャンル:地域情報


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/1751-3829cf2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。