湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


古賀海岸の離岸流で今年も犠牲者
 福岡県古賀市の古賀海岸は、離岸流が起こりやすい場所として知られています。
 離岸流とは、海岸から沖に向かって流れる潮の流れのこと。
 これに流された場合、岸に向かって遡るのは難しく、海岸と平行に泳いで流れから抜け出すのが肝心のようです。


 福岡県古賀市天神6丁目の海岸で11日に父子ら計4人が溺れ、2人が死亡した水難事故で12日朝、行方不明だった同県宇美町神武原3丁目の会社員小野克弘さん(36)と、息子の小野健君(7)が心肺停止の状態で発見され、搬送先の病院で死亡が確認された。死因はいずれも溺死。同日早朝から県警や福岡海上保安部が捜索を再開していた。
 粕屋署によると、小野さんは12日午前5時半ごろ、海岸近くの大根川河口付近で、健君は同7時50分ごろ、河口の沖合100メートル付近でそれぞれ見つかった。
 小野さんは11日、近く結婚する予定だった女性や息子たちと計5人で海水浴に来ていた。午後0時40分ごろ、海で一緒に遊んでいた健君と、森尾陵ちゃん(5)=11日に死亡確認=が沖へ流された。浜辺にいた小野さんは2人を助けるため海に入り、波にさらわれた。また、3人を助けようとした福岡市東区松崎3丁目の会社員寺田一也さん(49)も溺れて亡くなった。
 県警などによると、死亡した4人は、沖合に向かって強い流れが起きる「離岸流」に巻き込まれたとみられる。海に入って浅瀬を歩いているときに健君や陵ちゃんと一緒に沖へ流され、自身は救出された男性(69)は「父親が浜辺から海に入って助けに来たが、父親も一緒に見えなくなった。あんな強い(海の)『逆流』は初めて」と話す。
 一帯は離岸流が発生しやすい場所とされ、昨年8月にもベトナム人留学生が沖合に流されて死亡する事故があり、古賀市が注意を呼び掛ける看板を設置していた。11日に一家を見掛けたという近所の住民(68)は、「地元の人はここでは泳がない。事故当時も波が高くていつもより波が手前まで打ち寄せていた。せっかくの夏休みにこんな事故があるなんて」と嘆いた。
(福岡・古賀水難、不明の7歳と父も死亡 死亡4人に、事故時は波高く・2017年08月12日 13時21分付西日本新聞夕刊)

 僕も子どもの頃に流された経験があり、他人事ではありません。
 あの頃と海岸の形も変わったので、あの頃より強くなっているのかもしれませんが、最近事故が多いようにも思います。

 今日、海岸に行ってみましたが、確かに注意する看板はありました。
 できれば、離岸流への対処法も書いていればもっと良かったのかなと思いました。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/1754-85b2c1c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。