FC2ブログ
湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


島原鉄道が長崎自動車の傘下に
 島原鉄道長崎自動車(長崎バス)の傘下になるそうです。

長崎県島原半島で鉄道やバス、フェリー事業を手掛ける島原鉄道(島原市)は13日、自主再建を断念し、長崎自動車(長崎市)傘下で再生を目指すと発表した。同社と政府系ファンドの地域経済活性化支援機構の出資を受ける。バス事業などを展開する長崎自動車と連携し、外国人観光客の雲仙・島原への誘客を強化、観光貸し切りバス事業の共同受注や運行管理を共通化し、収益を早期に改善する。

島原鉄道は1909年に設立、諫早―島原外港間の鉄道のほか、乗り合いバス、半島と熊本県を結ぶフェリーを運航している。雲仙普賢岳の噴火災害で鉄道が分断されるなど、復旧経費の増大や観光客の減少などで借入金が大幅に増加、老朽化した設備の更新投資などができなくなっていた。

再生計画は島原鉄道が12月に臨時株主総会を開き、承認を得た上で、長崎自動車と同機構が第三者割当増資を引き受け、議決権割合で90%超の株式を保有、島原鉄道は長崎自動車の子会社となる。同社は島原鉄道に社長や役員を派遣する。

島原鉄道のメインバンクの十八銀行と親和銀は債権を放棄。同機構などは他の金融機関にも債権放棄を要請する。島原鉄道の社名や300人以上いる従業員の雇用、バス路線網などは原則維持する。

同日、長崎市で記者会見した島原鉄道の本田哲士社長は「鉄道事業が非常に厳しい。現状のままでは事業の存続が困難になり、地域の足を守れなくなる」と説明した。長崎自動車の嶋崎真英社長は「島原は観光も物産も豊かな資源がある。バスの整備や、長崎自動車のバスの更新車両を島原鉄道に譲渡すればシナジー効果が得られる」と指摘した。

島原鉄道の2017年3月期の売上高は18億2200万円、経常損益は2億5700万円の赤字。同機構執行役員の國府利計・地域活性化支援部マネージング・ディレクターは「島原鉄道は実質的に債務超過の状態。今後は単独ではできなかった施策を打つ。計画ではある段階から黒字になる」としている。
(島原鉄道、自主再建を断念長崎自動車傘下で再生へ・2017年11月13日 21:58付日本経済新聞)


 島原鉄道は、きかんしゃやえもんで知られる重要文化財一号機関車(参照)や、島原の子守唄とまぼろしの邪馬台国で知られる作家の宮崎康平(1917.5.7-1980.3.16)が在籍していた(参照)ことで知られる長崎県の会社です。

 また、2008年4月1日に島原外港~加津佐間を廃止しています(関連関連関連関連)。
 半分くらい廃止して、これで楽になったのかと思っていたら、それでも大変だったのですね。
 とりあえず、長崎自動車が入ってくれて、良かったです。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 西鉄宮地岳線(現貝塚線) 西日本鉄道 西鉄 歴史 古賀市 福岡市 福津市 新宮町

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/1756-e583d60e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。