湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


黒木書店が宮脇書店に
 先日、黒木書店に行くと、ドアの横のガラスに「宮脇書店○○店」と書かれた紙が貼ってありました。
 よく見ると、店員さんの名札も宮脇書店と書かれています。
 レシートは、宮脇黒木書店となっています。

 看板だけは、黒木書店でしたが。

<2015年から移行>

 で、調べてみたら、2015年から移行していたらしいです。

黒木書店の一部の店舗が、宮脇書店になっていますね。

宮脇書店は「北海道から沖縄まで全国350店舗以上を展開する日本最大の書店チェーン」だそうです。


経営別・・かな?

黒木書店六本松店
黒木書店長住店
黒木書店七隈店

この3店は黒木書店のままなのかしら?

黒木 ○○店

以下の店舗は「宮脇書店」に変わったようです。

宮脇書店の公式サイトを見ると、店名が「黒木 飯倉店」などとなっています。 混乱が少ないように“移行措置”ってカンジの店名ですね。

黒木 飯倉店
黒木 歯科大前店
黒木 名島店
黒木 野方店
黒木 室見店
黒木 吉塚店
黒木 若久店

変わったとは言え、実際の店頭では、店名入りの袋や看板などは、まだそのままのお店もあるような・・・?

いつ変わったんでしょう?

歯科大前店のtwitterに「ご報告が遅れましたが・・」と載っているのが、 9月25日付なので、それ以前なのかしら?
(一部の黒木書店が「宮脇書店」になってるーー・2015年11月9日付福岡アンテナ)

 袋は使い切るまで使って宮脇書店に変えたのでしょうが、看板は未だに黒木書店です。
 看板書きかえる余裕もないのが、今の出版不況なんでしょうね。

 旧ダイエーのアシーネは、イオン系の未来屋書店に書きかえてますけどね。

 とりあえず、7店舗が宮脇書店に譲渡されたのは間違いないようです。

 黒木書店は,既に飯倉店,歯科大前店,名島店,野方店,室見店,吉塚店および若久店の7店舗を全国350店舗超を展開する書店チェーン「宮脇書店」(香川県高松市) http://www.miyawakishoten.com/  に譲渡している。
 (福岡市の黒木書店が特別清算開始・2016年06月23日23:23付「身の丈」経営,「身の程」人生)

 長住店と七隈店はまだやってるように見えますが、黒木書店のままなんですかね。

 梅光園にあった六本松店は既に閉店しています。
 天神や片江にあった黒木書店も、無くなっていましたね。

 ちなみに宮脇書店はこんな感じ。

◆宮脇書店 会社概要
会社名 株式会社宮脇書店
創業 1877年(明治10年)3月6日
設立 1947年(昭和22年)
代表者 代表取締役社長 宮脇範次
関連会社 (株)明林堂書店、(株)新丸三書店
事業内容 書籍・雑誌・地図・教育機器・CD・DVD・コンピュータソフト・文具の卸し及び小売、通信販売、絵画・美術品販売・図書館装備、書店開業、経営のコンサルティング・人材派遣
(福岡市の黒木書店が特別清算開始・2016年06月23日23:23付「身の丈」経営,「身の程」人生)


<連鎖倒産らしいです>

 さらに調べたところ、黒木書店は2016年に特別精算を開始していたようです。

 書店チェーンの黒木書店(福岡市)は,今月15日付けで福岡地裁に特別清算開始決定を受けた。負債総額は積算中で営業は継続する。黒木書店は1983年10月設立。福岡市内や近郊に出店し,ピーク時は14店を運営。2002年6月期は売上高31億8000万円を計上している。
 主力の書籍やCD,DVDの販売が低迷,減収傾向となり,2004年1月に出版取り次ぎ大手の栗田出版販売(東京) http://www.miyawakishoten.com/ の100%子会社になった。その栗田出版販売は,2015年6月民事再生法の適用を申請している。
 黒木書店は,2015年に解散を決議し,清算手続きに入っていた。栗田出版販売の連鎖倒産は全国初。
(福岡市の黒木書店が特別清算開始・2016年06月23日23:23付「身の丈」経営,「身の程」人生)

 100%子会社ということは、2004年に一度積んでたんでしょうか。
 知人が以前黒木書店に勤めていて、社長はやり手だったと話していたのですが。

 この親会社の栗田出版販売は、大阪屋と合併統合したようです。

東京都千代田区に本拠を置く出版取次販売の「栗田出版販売株式会社」は,2015年6月26日付で東京地方裁判所へ民事再生法の適用を申請した。1918年(大正7年)に創業の同社は,売上規模で出版取次業界4位に位置する準大手の出版取次業者で,ピーク期には700億円を超える売上を計上していた。
だが,出版不況にあえぐ中で売上はピーク期の半分以下に落ち込み,電子書籍の台頭やメディアの多様化も重なり債務超過に陥るなど業績が悪化したため,自力での再建を断念した。帝国データバンクおよび東京商工リサーチによると,2014年9月期末時点の負債総額は約134億9600万円である。

なお,2015年(平成27年)6月26日付けで,大阪屋が出版共同流通との連携により,栗田出版販売の再生支援を表明した。

2016年(平成28年)2月1日,株式会社大阪屋と栗田出版販売株式会社は合併統合し,新会社「株式会社大阪屋栗田~OaK出版流通~」(新栗田,本社:東大阪市)http://www.osakaya.co.jp/を設立,代表取締役社長には大阪屋の大竹深夫社長が就任した。また,清算会社の旧栗田は商号を「旧栗田出版販売清算会社(株式会社KRT)」へ変更した。
(福岡市の黒木書店が特別清算開始・2016年06月23日23:23付「身の丈」経営,「身の程」人生)

 そうなると、長住店と七隈店は、OaK傘下で生き残っているのでしょうかね。

<まとめ>

 まとめてみると、以下のような流れのようです。

1983年10月

黒木書店設立(参照)

1999年10月

天神店開店(関連)

2004年1月

黒木書店が栗田出版販売の100%子会社に(参照)

2006年8月

千早(スポガ内)閉店(参照)

元は積文館(積文館)だったとのこと

2012年11月15日

筑紫店閉店(参照参照)

2012年12月

飯倉店開店(参照)

2012年12月26日

天神店閉店(参照関連)

2014年2月20日

香椎参道店閉店(参照)

2014年12月31日

井尻店閉店(参照)

2015年1月17日

片江店閉店(参照)

2015年

飯倉店、歯科大前店、名島店、野方店、室見店、吉塚店、若久店を宮脇書店に譲渡(参照)

2015年6月26日

栗田出版販売が東京地方裁判所へ民事再生法の適用を申請(参照)

2015年6月26日

大阪屋が栗田出版販売の再生支援を表明(参照)

2015年7月1日

白水店閉店(参照)

2015年7月31日

西新店閉店(参照)

2015年

黒木書店が解散を決議(参照)

2016年2月1日

株式会社大阪屋と栗田出版販売株式会社が合併統合。株式会社大阪屋栗田を設立(参照)

2016年5月22日

六本松店閉店(参照)

2016年6月15日

黒木書店が福岡地裁に特別清算開始決定を受ける(参照参照)

2017年3月10日

宮脇書店飯倉店閉店(参照)

2017年3月15日

宮脇書店名島店閉店(参照)

2017年8月現在

長住店と七隈店が現存

宮脇書店は歯科大前店、野方店、室見店、吉塚店、若久店が現存

関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/1758-cdc4b898
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。