湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


サニーとソニー
 昔、魔法使いサリーというテレビアニメーションがありました。
 ところがこの主人公の「サリー」ちゃん。
 横山光輝さんの原作では「サニー」ちゃんだったのだそうです。
 「ソニー」の許諾が得られなかったがために、テレビでは「サリー」ちゃんになったのだとか(参照)。

<「サニー」は「ソニー」のもの?>

 なぜに「ソニー」?

 魔法使い「サニー」をテレビアニメ化するにあたり、製作の東映は「サニー」という車を販売していた日産自動車に許諾を求めたそうなのです。
 しかし、日産から「サニー」の商標権を持っているのはソニーであると言われたのだそうです。
 そこで「ソニー」に許諾を求めたところ拒否されて、やむ無く「サリー」ちゃんになったのだとか。
 「ソニー」が類似商標を避けるために「サニー」等を商標登録したのは、1957(昭和32)年とのこと(参照)。
 特許情報プラットフォームで検索すると、確かにソニー株式会社がやたらと「サニー」を商標登録しています(参照)。

 日産も取っていますね。


<地方の「サニー」にまで許可を求めたらしい日産>

 日産がサニーを発売する際に福岡の百貨店岩田屋(現岩田屋三越の一部門)に許諾を得に来たという話を、以前新聞で読んだことがあります。
 現在は合同会社西友の一部門になっている(参照)サニーという福岡のスーパーマーケットがあります。
 元々は株式会社岩田屋の子会社の株式会社サニーという独立した会社でした。
 そのため、日産は岩田屋に許諾を求めたのですね。

 1963(昭和38)年の設立(参照)ですから、1966(昭和43)年発売の(参照)日産サニーより少し先輩にあたります。

 当時、商標登録していたかどうかは不明ですが、地方のスーパーにまで了解を得ようとするなんて、日産はしっかりした会社だったんですね。

<「サニー」は大丈夫だったのか>

 しかし、スーパーの「サニー」は大丈夫だったのでしょうか?
 例えば、これ
とかはこのサニー旧ロゴに似ていますが、「その他の菓子(甘栗・甘酒・氷砂糖・みつまめ・ゆであずきを除く。),粉末あめ,水あめ(調味料),干菓子,蒸し菓子,掛物菓子,ビスケット,カステラ,ドロップ,アイスクリーム,あめ,砂糖漬け,いり豆,もち,パン」ではないので大丈夫なのでしょう。
 スーパーマーケットは35類に当たる(参照)ようです。

 サニーカステラが販売されたとして、誰もソニーのパクりだとは思わないと思いますが、ソニーの人々はトリニトロン(参照)内蔵のカステラだと思われると考えたのでしょうかね(^_^;)

 そう考えると、別に魔法使いサニーちゃんでも法的には大丈夫そうですが、「サニーちゃんアイスクリーム」とかキャラクター商品を作るときに苦労するのかもしれません。

 しかし、ソニー株式会社がサニーという商標を使ったことはなさそうなので、不使用取消審判(参照)を起こせるのではないかとも思えますが、ソニーがいつかスポンサーになるかもしれませんしね。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/1770-adc67c75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。