湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


【第38回衆議院議員選挙】選挙が終わりましたね
 台風と選挙が重なり、福岡市では変わった事件(?)が起こったようです。

 台風21号の影響で離島の投票箱を回収できず、即日開票を見送る自治体が出る中、福岡市選挙管理委員会は22日夜、福岡3区に含まれる玄界島と能古島から投票箱を移送できないまま、他の投票箱の開票を始めた。投票箱がそろわないと全体の開票を延期する他の自治体とは異なる対応で、市選管は「できるだけ早く、有権者に結果を知らせるための判断」と説明した。
 市選管によると、開票所単位で投票箱がそろってから作業を始める予定で、両島からは同市西区の体育館に運ぶことになっていた。しかし、悪天候で移送できず、両島の当日投票者465人分を含む計2798人分を除き、この開票所で集計する票の97%に当たる8万6478人分の開票を始めたという。残りは、23日に開票する。
 公選法65条では、開票作業は全ての投票箱が開票所に届いた日、またはその翌日に行うと定める。今回、市は全ての投票箱が届いていない日に一部の開票作業を行った格好となった。
 公選法の規定について、市選管は「(全ての投票箱がそろわない当日の開票を)必ずしも禁止しているものではない。規定に抵触したり、投票が無効になったりする可能性は考えていない」としている。
 総務省選挙課によると、これまで公選法65条の規定に抵触するケースは把握していないという。福岡市選管の対応について、選挙課の担当者は「具体的な状況を把握しておらず、答えられない」と話した。
( 「離島票ない」 福岡市、2島分待たず開票 西区の開票所「結果早く伝える」 ・2017年10月23日 06時00分付西日本新聞)

 「できるだけ早く、有権者に結果を知らせるための判断」というのは、言い訳でしょうね。
 開票には、多くのスタッフが必要です。
 高給取りの市職員を休日出勤させるのでお金がかかりますが、月曜日にやると今度は通常業務に支障をきたします。
 大部分の開票を終えておけば、月曜日に開票に従事する職員を節約できます。

 また、各陣営から派遣される開票所立会人も、翌日に延期されると揃わない可能性が高まります。
 日曜日の夜でさえ派遣できない陣営があるのですから、急に月曜日の昼になったよと言われたら尚更難しいでしょう。

 現在の法律ではヤバいようですが、不正を防ぐ手段を講じた上で、一部の開票を認めた方が現実的なのかもしれません。

<昨日までのあらすじ>

 さて、そんな第38回の衆議院議員選挙でしたが、安倍晋三内閣総理大臣が臨時国会冒頭にいきなり衆議院を解散させるという奇手に端を発しました。

 正確には、内閣の助言と承認によって天皇が解散したらしい(参照)。

 その奇手に、いくら野党第一党民進党が頼りないからって(関連)、京都の鉄道好きの方が野党第一党を事実上消しちゃう奇手で対抗する驚きの展開になった今回(参照関連)。
 これで希望の党維新の会が台風の目になると言われていました。
 でも僕は、自民との違いが分かりにくいので民進以上に盛り上がらないのではないかと思っていました(関連)。
 とりあえずは、低投票率で自民党公明党共産党大勝利だなと予想していました。

 ところが、立憲民主党が発足してああ共産党と社民党消えた~と同情していたら、案外勢力が伸び、希望と維新も埋没したようです。
 おそらく、反自民の方はずっと入れる政党を待ち焦がれていたのでしょうね。
 しかし、何度も言うように自民党には力及ばないと思います(関連)。

<結果>

 では、結果はどうなったのでしょうか?












政党名公示前勢力当選
小選挙区比例区合計
自由民主党28421566281
公明党3482129
希望の党18183250
日本維新の会143811
日本共産党2111112
立憲民主党15173754
社会民主党2112
無所属4526--26
--000

(公示前勢力は、こちらを、結果はこちら参考にしました)
 立憲民主党が他の野党を喰ってしまった形ですが、結果としては自民党大勝利と言えるでしょう。
 ある意味予測通りです。

 ちなみに投票率は53.68%で、前回2014年の52.66%に次ぐ戦後2番目の低投票率(参照)だそうです。
 こちらも予想通りになってしまいましたね。

 民進党の右派と左派が分裂して分かりやすくなったという人もいますが、対する自民党は依然として分かりにくいのですから効果は限定的です。


<全員当選の福岡3区>

 さて、冒頭の福岡3区ですが、立憲民主党の山内康一さんと自民党の古賀篤さんの一騎討ちでした(届け出順)。
 結果は、古賀さんが13万6499票獲得したのに対し、山内さんは9万4772票でした(参照)。

 当然古賀さんが当選したのですが、山内さんも比例復活で当選しています。
 全員当選です。

 ちなみに福岡県でいうと、福岡10区も自民党の山本幸三さんが当選しましたが、希望の党の城井崇さんと共産党の田村貴昭さんも比例復活して全員当選しています。

 死票は減るかもしれませんが、なんかもやっとしますね(^_^;)
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/1773-579aa1aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。