FC2ブログ
湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


福岡市の福祉乗車証
 昔、香港には中国国民党の支持者たちが暮らす調景嶺という集落があったそうです(参照)。
 1997年の「香港返還」の1年前に集落はなくなったそうです。
 一国二制度といいつつ、やはり受け入れられないものもあるのでしょうか。

<2017年8月に福祉乗車証と福祉乗車券を統合・福祉割引証廃止(福岡市)>

 昨年7月の福岡市政だよりに「市は、これまで重度の障がいがある人などに交付してきた「福祉乗車証」と、高齢で障がいのある人などに交付してきた「福祉乗車券」を統合して、8月から新たな「福祉乗車券」を交付します。※福祉割引証は廃止になります。(参照)」と書かれていました。

 福祉乗車証とは、「市内に住み、次のいずれかに該当する人。(1)身体障害者手帳1~3級(2)療育手帳A(3)精神障害者保健福祉手帳1級(4)戦傷病者手帳特別項症~第6項症(5)被爆者健康手帳を持ち、医療特別手当、特別手当、原子爆弾小頭症手当、健康管理手当のいずれかを受給している人(6)70歳以上で上記のいずれかの手帳(級は問いません)を持ち、前年の所得が195万円以下の人(参照)」に交付されて福岡市営地下鉄の運賃全額が無料になるものです(関連)。
 これが、高齢者用の福祉乗車券と統合されて福祉乗車証になったということらしいですね。

 一方、福祉割引証とは、「市内に住み、次のいずれかに該当する人(福祉乗車証の該当者は除く)(7)精神障害者保健福祉手帳を持つ人と1級の介護者(8)戦傷病者手帳を持つ人と特別項症~第6項症の介護者(9)被爆者健康手帳を持つ人(10)障がい児・者施設入所者と付添人(参照)」に交付されて福岡市営地下鉄の運賃が半額になるものです。
 福祉割引証は廃止されましたが、それぞれの手帳を持っている方々はその手帳を提示することで割引を受けられるようで、「割引適用を受けるための証明書として交付して(参照)」いたものを廃止するだけということらしいです(参照)。

<選べる4種類>

 ところが、実際は福祉乗車証と福祉乗車券の統合以上のものがあるようです。

 実際は、身体障害者手帳1級~3級、療育手帳A、精神障害者保健福祉手帳1級、被爆者健康手帳、戦傷病者手帳以外の等級の手帳所持者は、割引率が変わらない「高齢者乗車証」なるものが発行されるらしいです(参照)。


 しかも、一種類ではありません。
 福岡市営地下鉄、西鉄電車・バス、JR電車・バス、昭和バス等で使える交通用福祉ICカード、今宿姪浜線マイクロバス回数乗車券、市営渡船乗船引換券、タクシー助成券のいずれかを選ぶことになります。

 以前からあった福岡市福祉タクシ-利用券(参照)との併用はできないようです(参照)。


<地下鉄乗り放題は選べない>

 前年度に福祉乗車証を受けていた人に限っては、平成31年度までは以前までの福祉乗車証も選べます(参照)。
 これは、地下鉄乗り放題の福祉乗車証(参照)の方が得な方もいるからでしょう。
 交通用福祉ICカードは12000円しかチャージされませんからね(参照)。

 どうでもいいですが、追加でチャージもできません(参照)。
 20000円までしかチャージできないので(参照)、年度末に8000円超残っていると無駄になる(逆に言うと、8000円以下なら繰り越せる)。

 しかし、前年度に地下鉄乗り放題を選択しなかった人は、未来永劫選択できないようです。

<普通の交通系ICカードとの違い>

 この交通用福祉ICカードは、通常の交通系ICカードとは色々違うようです。
 まず、店舗等で電子マネーとしては使えない(参照)ようです。

 改札機は使えるらしい(参照)ですが、自動で割引にはならず券売機で割引切符を買うか有人改札を通る必要がある(参照)ようです。

 障害者用交通系ICカードでは、改札機で自動的に半額になります。
 例えば割引はやかけんは自動で割引になります。
 ただ、割引はやかけんはJRや西鉄ではまったく使えません(参照)。
 これは、障害者用nimocaも同様(関連)です。

 ちなみに福岡市福祉乗車券等交付規則こちら

<JRでの障害者割引>

 ちなみに、障害者用SUGOCAは存在しません。
 JRの障害者割引は特殊で、療育手帳(障害者手帳)の「旅客鉄道株式会社旅客運賃減額欄」に予め「第一種」または「第二種」と書いていてもらわないといけません。
 で、本人単独での乗車は片道101km以上の際に普通乗車券のみ半額になります(参照)。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/1780-d2b3c2ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。