FC2ブログ
湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


SUGOCAとJRキューポとJR九州アプリ
 2017年3月17日からのJR九州新しいダイヤ
 かなりの衝撃です。

 JR九州は16日、3月17日のダイヤ改正について、当初計画していた過去最大となる1日当たり117本の運行本数削減を維持すると発表した。自治体からの反発を受け臨時便を運行するなど一部を見直したが、鉄道事業の効率化や実施までの時間的制約のため、修正は最小限にとどまった。
 九州新幹線を含む全22路線で減便する。新幹線は6本減の119本となるほか、在来線の特急は鹿児島線の「きらめき」(博多-小倉)や「有明」(博多-長洲)など24本減の277本、快速・普通は87本減の2615本になる。
 削減対象だった吉都線(吉松-都城)の都城発最終列車については、定時制高校の通学に影響が出ることに配慮、学校のある平日のみ臨時便として運行する。
 JR九州の古宮洋二常務鉄道事業本部長は会見で、減便規模を見直さなかった理由について「全ての要望に応えるのは難しい。総合的に考えた結果、変更は行わないと判断した」と述べた。ダイヤ改正以降、利用状況を検証した上で、必要に応じて手直しする可能性はあるという。
 福岡県内の快速・普通列車は、福岡都市圏で南福岡-二日市(鹿児島線)が10本減の218本▽吉塚-篠栗(篠栗線)が14本減の158本、北九州都市圏は小倉-苅田(日豊線)で18本減の120本▽折尾-直方(筑豊線)が8本減の109本-など(いずれも重複含む)。
 ダイヤ改正に合わせ大分市内8駅で予定していた無人化については、日豊線の牧駅のみ先行して実施する。既に無人の幸崎、滝尾両駅と合わせて3駅に、遠隔地からオペレーターが対応する「スマートサポートステーション(SSS)」を導入。残り7駅のうち大分大学前、敷戸両駅は点字ブロック整備後の今秋、その他の駅もバリアフリー化工事の進捗(しんちょく)を踏まえて無人化する方針だ。
 昨年3月に日豊線の大分-宮崎空港で導入した車掌不在の特急ワンマン化は、宮崎-鹿児島中央を走る特急「きりしま」24本のうち新たに20本で実施する。
(JR九州117減便維持 3月改正 在来線特急24本減・2018年02月17日 06時00分付西日本新聞朝刊)

 注意しておきますが、「修正は最小限にとどまった」というのは減便が多かったということです。

 全体的な報道としては、JRの経営努力を紹介したうえでそれでも赤字にとどまる鉄道事業の厳しさを報じていました。
 さらには災害の影響や鉄道事業の固定資産税の減免措置が2018年度には失効し、毎年約55億円前後もの税負担が増える問題や、上場により利益を向上させなければいけなくなったことなどが紹介されていました(参照)。

 その一方で、沿線自治体とのコミュニケーション不足を指摘する報道も多かったです。

 1年かけて検討した改正だったが、沿線自治体は猛反発。事前協議がなかったことにも不満を募らせた。国土交通省から「柔軟に対応してほしい」(幹部)と水面下で促されたこともあった。古宮常務は「沿線自治体に事前にお伝えしたら良かった。今後も地元とは話をしていく」と述べたが、大幅見直しに踏み込む姿勢は見せなかった。
(経営重視減便押し切る JR九州ダイヤ改正 「地域の足」に人口減の波 路線維持道筋どう描く・2018年02月17日 06時00分付西日本新聞朝刊)

 自治体との対話の必要性は、日経新聞すら指摘していました(参照)。

 一方で、自治体がJRに求めすぎであるという論旨の産経(参照)や、JRが再検証を行うと強調していた読売(参照)が異彩を放っていました。

<JR九州アプリ導入>

 さて、夏にスマートフォンを買い替えました。
 以前はP-01Dという2011年11月に出たもの(参照)を使っていましたが、今回はSO-01Eという2012年11月に出た製品。
 たった1年の違いですが、入れられるアプリが増えました。
 少し前に購入したガラホ、TORQUE X01に色々アプリを入れていたのですが(参照)、使いにくい部分もありました。
 そこで、色々なアプリを試すために少し新しいスマホを導入することにしたのです。

 入れたアプリの一つが、JR九州アプリ。

<JRキューポの導入>

 JR九州アプリを導入してしばらくして、JR九州の共通ポイントであるJRキューポが始まりました。
 そこで無記名だったSUGOCAを登録して、SUGOCAのポイントをJRキューポに一本化。
 JR九州アプリで管理できるようにしました。

<JRキューポの使いづらさ>

 しかし、思ったよりも不便です。
 元々、1ポイントから交換できるnimocaに比べ、100ポイント貯まらないと交換できないSUGOCAポイントは見劣りがします。
 JRキューポになってもそこは変わりません。

 ポイントの有効期限は、獲得月の2年後の月末なので、2年以内に100ポイント貯めないといけません。


 JR九州を利用すれば100円につき1ポイント貯まりますが、JR九州沿線外に住んでいるのでなかなか貯まりません。
 買い物でもポイントが貯まると聞いてAEONで買い物をしてみましたが、AEONではポイントが貯まらないようでした。

 調べてみると、JR関係の店のみ貯まるようです。
 例えばJR博多シティの店だと貯まりますが、なかなか行く機会はありません。

 そこで目をつけたのがJR九州グループのドラッグイレブン。
 買い物だと200円で1ポイントしか貯まりませんが、ドラッグイレブンはTポイントも貯まるので、200円で2ポイント付くとも言えます。

 まあしかし、100ポイント貯めるには、20000円分の買い物をしないといけないのは変わりませんが。

<JR九州アプリが使えない時間帯>

 まあ、ポイントは諦めるとして、JR九州アプリ自体はどうなのでしょう。

 とりあえず、僕の生活パターンに合わないアプリでした。
 僕が一息入れる0時から4時までメンテナンスで使えないことが多いのに加え、たまに暇な12時台はサーバが込み合ってて使えないことが多いです。

<スタンプが貯まらないJR九州アプリ>

 また、スタンプを貯める機能もストレスが貯まります。
 JR九州アプリは、1日に1回、トップ画面でトリップメーターというものを回すことができます。
 トリップメーターを回すとランダムにパーセンテージが増え、100%毎に1回抽選できます。
 だいたい、2、3日に一度貯まる感じでしょうか。
 この抽選で、ランダムにスタンプというものが貰えます(たまにJRキューポも貰えます)。
 空くじはないのですが、重複はあります。
 つまり、貯まれば貯まるほど重なりが増えていくのです。
 一ページ貯まるとJRキューポが入るので、JRも必死だなと思います。

<チェックインできない>

 また、JR九州の駅にいくとチェックインというのができ、マニア心をくすぐります。

 しかし、スマホの性能が悪いのか、位置情報が取得できないとチェックインできないこともしばしば。


 ちなみに、設定で「擬似ロケーションを許可」をしていると、「位置情報が不正です」と怒られます(参照)。


<運行情報はWebでわかる>

 JR九州アプリには、運行情報が視覚的に分かる「どれどれ」という機能があります。
 しかしこの情報は、Webでも見られるという悲しい現実があります(参照)。

 JRキューポが100ポイント貯まったら、SUGOCAとJR九州アプリをやめようかと思っています。

<ダイヤ改訂についての社長のコメント>

 ちなみに、冒頭のダイヤ改訂について、JR九州の代表取締役社長である青柳俊彦がコメントを出しているようです。

平成30年3月17日からの新しいダイヤについて

 JR九州では、これまで列車の増発や新型車両の投入をつづけ、交通ネットワークの充実を図ってまいりました。また、九州各地で地域のみなさまよりご協力をいただきながら、D&S列車の運行やJR九州ウォーキングの開催、また駅の利便性など、地域の活性化と鉄道の利用促進に努めてまいりました。

 しかしながら、高速道路の延伸により他輸送機関との競争が激化し、人口減少や少子高齢化が進むなど、弊社を取り巻く環境は、今後も厳しい状況が続くことが予想されることから、平成30年3月17日に予定しているダイヤ改正において、お客さまのご利用状況を十分に踏まえた上で、列車本数や運転区間等について見直しを行うこととしました。

 この見直しにあたっては、前後の列車との時間間隔を調整することにより、お客さまの利便性が低下するようなことがないよう努めてまいりましたが、沿線の自治体さまへご説明を進めていく過程で、沢山のご意見を聞かせていただき、お客さまのご利用状況について、これまでに弊社が把握していなかったものがあることがわかりました。他の公共交通機関がなく、列車の運転をとりやめることにより、就学の継続が困難になるなどのおそれがあるものもありました。このことから、地域のみなさまからいただいているご意見を踏まえ、ダイヤ改正(案)の一部を見直しました。

 これからも、日頃からお客さまの声や地域のみなさまからのご意見に耳を傾け、お客さまのご利用状況の把握に努め、時刻の修正や車両の増結、列車の増便や運転区間の延長等を柔軟に実施してまいります。

 さらに、安全とサービスを基盤として、駅を中心とした街づくりや、バリアフリー化によるご利用しやすい駅づくりなどを通して、鉄道の利用促進を図るとともに、地域のみなさまと連携して、積極的に地域の活性化に取り組み、ご期待に沿えるよう鋭意努力してまいります。
(JR九州「これからも意見に耳を傾ける」 新ダイヤに関する社長コメント全文 | 乗りものニュース)
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/1789-68887c83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。