FC2ブログ
湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
三大基礎感覚とは何か
 先日、「三大基礎感覚って何?」と聞かれました。
 障害者福祉の世界に入って15年ほど経ちますが、聞き覚えありません。
 口惜しいので調べることにしました。

<感覚と言えば>

 狭く薄い知識をひっくり返してみると、「感覚統合法」という言葉が記憶の奥底から出てきました。

 Wikipediaには以下のように出ています。

感覚統合療法(かんかくとうごうりょうほう)は、アメリカの作業療法士のエアーズ(Ayres,A.J.)がまとめたもので、LDや自閉症を含めた発達障害のある子等へのリハビリテーションの一つ。前庭系、体性感覚系(固有受容覚、触覚)での感覚情報処理が重視される。 感覚統合とは、環境のなかで自分の身体を適応させるための感覚情報処理過程であり、この機能障害は、環境に対する適切な行動、運動、学習などを妨げると考えられている。近年、自閉症者らによって自らの感覚過敏、身体機能の障害(不器用)が語られ話題となっているが、感覚統合療法では、これらの問題を「感覚調整障害」、「行為機能障害」という枠組みにて整理し治療的介入の実践を積み重ねてきている。  アメリカでは自然環境や動物とのかかわりなどが発達に重要な役割を持っているという考え方のもとに、自宅などに庭などを利用して感覚統合療法を実践している作業療法士もいる。
(参照)

 あまりまとまってないですが、僕にはまとめられません(^_^;)

<三大基礎感覚とは>

 聴覚、視覚、前庭感覚、固有感覚、触覚の5つの感覚が発達の基礎になっているというのが、感覚統合法の考え方のようです。
 その5つのうち、我々が意識しやすい聴覚と視覚を除いた前庭感覚と固有感覚と触覚を三大基礎感覚と呼んでいるようです。
 それらを意識して統合することによって発達の基礎を確立していくというのが感覚統合運動のようです(参照)。

<前庭感覚・固有感覚とは何か>

 前庭感覚と固有感覚と触覚といいますが、触覚が皮膚に触れる感覚なのは分かるとして、あとの二つには馴染みがありません。

 前庭感覚とは、体の傾き(平衡感覚)や動く方向や加速度の感覚だそうです。

 固有感覚とは、筋肉の収縮や関節の曲げ伸ばしの感覚だそうです(参照)。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/1811-30d6819e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。