湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


DMV試験営業始まる
 JR北海道DMV(Dual Mode Vehicle)の試験営業を始めたそうです。


 JR北海道が世界で初めて実用化した線路と道路の両用車両「デュアル・モード・ビークル(DMV)」の試験的営業運転が14日、オホーツク海を臨むJR釧網線で始まった。
 第1便は午前9時20分に浜小清水駅(網走管内小清水町)を発車。藻琴駅(網走市)まで11キロの線路を約15分で走った。復路は鉄輪を車体下に収納してマイクロバスに変身し、国道244号を走った。定員の12人で埋まった車内ではガイドの宮本絵美さん(25)がDMVの特色とオホーツク観光の魅力を紹介した。
 6月末まで土、日曜日と祝日に1日3往復する。7月から復路のルートを変更し、濤沸湖(とうふつこ)の湖畔をたどる。
 浜小清水駅であった出発式にはJR北海道の小池明夫社長、地元選出衆院議員の武部勤前自民党幹事長らが出席。林直樹・小清水町長(61)は「オホーツク地域が全国に注目されるチャンスだ」と期待を込めた。【斎藤誠】
(JR北海道:線路・道路両用車両の試験営業運転始まる・2007年4月14日11時16分付毎日新聞

 3月9日にも少し書きましたが、僕はDMVの有効性は限定的なものであると思っています。
 DMVの利点としては、以下のようなことが挙げられているようです。

 DMVは02年に開発が始まった。マイクロバスをベースにした車体は全長7・3メートルで17人乗り。道路では普通のバスとしてナンバープレートを付けて走行。線路上ではタイヤの内側に格納した四つの鉄輪を油圧で下ろし10秒で鉄道車両に変身する。線路上でもレールに接したゴムタイヤの後輪が動力となって最高時速70キロで走行する。
 開発の背景にはJR北海道の経営事情がある。一般に鉄道の採算ラインは「1日1キロ当たりの乗客2000人」が目安。広い面積に過疎地を抱える同社は全営業距離(2500キロ)の実に6割が2000人以下の不採算路線だ。経費節減の期待を担って登場したDMVは製造費が1両2000万円でディーゼル車の7分の1、燃費は4分の1だ。車重も7分の1の約6トンと軽く線路の保守・点検経費も軽減出来る。
(デュアルモードヴィークル・DMV)

 最高時速70kmというのは、宮地岳線よりも一般国道を走るバスよりも速いでしょう。
 でも、1両2000万円と言う値段は鉄道車両と考えれば安いですが、マイクロバスと考えると高すぎます。
 例えば、いすゞ のマイクロバス 「ジャーニー」26人乗りの東京地区希望小売価格は396万5000円です(参照)。
 また、以前レールバスについて調べた際に日本型レールバスの欠点として指摘されていたこと(参照)がそのままDMVにも当てはまります。
 17人乗りということですが、それ以上乗る場合に増結すると、運転士が2人必要になり非効率的です。
 また、バス部品の流用だと耐久性の問題が懸念されます。それに、色々部品がひっついているのですから、壊れる可能性の高いところも多くなるでしょう。

 ただ、日本型レールバスのモデルとなったドイツのシーネンオムニバス(Schienenbusse)はかなり長持ちしているらしいですし、増結も考慮されていたようです。何らかの解決策はあるのかもしれません。

 JRのように簡単に鉄道を廃止できない場合や、途中で線路が切れている場合などの特殊な事情がない限り、現段階ではDMVを切り札のように扱うのは危険ではないかと思います。
 まあ、公共交通の一つの挑戦という意味では応援したいものですが・・・。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : デュアルモードビークル(DMV)

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用


この記事に対するコメント
DMVの欠点といえば
乗換え無しで道路から鉄路へ乗り入れできるというのがDMVの利点でしょうが、鉄道車両と違ってバリアフリー化が難しそうですね。
鉄道側のホームと、道路側のバス停では高さに差があるので、どちらにあわせるかという問題もあるでしょうし…。
バス停をかさ上げするのもそれなりにお金がかかるでしょうしね。
【2007/04/19 13:09】 URL | やひ@久留米 #ADR/QmPY [ 編集]

超亀レスです(^_^;)
 お返事忘れていました。すみません(^_^;)

 うーん。そういえばそうですね。バリアフリー化は難しいような外観です。
 リフトでもつければいいのかな?
【2007/07/25 01:42】 URL | therapie #SFo5/nok [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/188-b703c8ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。