湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


特許庁に偽ブランドショップ
 知的所有権の守護神で、福岡県知事も輩出し、偽ブランドの摘発なども生業としている特許庁の中に偽ブランドショップがオープンしていたそうです。


 有名ブランドなどの偽造品対策にあたる特許庁の中で、ブランドの偽造品が売られていたという事態が発覚しました。
 3月26日。東京・霞ヶ関にある特許庁の庁舎。地下1階の一角にある展示即売会のコーナーに、ブルガリの財布やイヴ・サンローランのバッグが並んでいました。
 (安心していい?)
 「もちろん。何かあったら、ここに言えばいい、特許庁」
 「商品は本物。問題があったら特許庁にいえばいい」と話す店員。実際に、グッチのバッグとコーチの財布を購入し、有名ブランドの偽造品対策にあたる団体に見せました。
 (これは本物ですか?)
 「違います、偽造品です」
 (どれが偽造品ですか?)
 「全部です」(ユニオン・デ・ファブリカン、堤隆幸氏)
 買った商品は全て偽造品。しかも、業者は3月に偽造品を売ったとして、島根県警の家宅捜索を受けた後に特許庁で売っていたのです。
 問題の業者はこれまで、特許庁のほかにも経済産業省でもブランド品を売っていたことが判明。特許庁は業者から事実確認をして、契約解除を含め検討するとしています。
(特許庁内の売店で偽ブランド品販売・17日09:53付TBS)

 つうか、霞ヶ関のお役人は昼休みに地下売店でブランド品を買っているのかよ!金あるなぁ・・・。

 まあ、恐らく偽ブランド品を取り締まるにはちゃんとしたブランド品をもっていなければということで年に3回しかもらえない雀の涙のような高いボーナスをごく一部使って我々国民のために無駄使いしようという見上げた志なのでしょう。
 まあ、しっかり騙されていますが(^_^;)

 こんなことなら特許庁の職員の給与は本物のブランド品を現物支給しておけば良かったのではないですかね?
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 政治

テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント
これって
灯台下暗しですね。
>商品は本物。問題があったら特許庁にいえばいい
気づかないから今まで問題がなかったんでしょうね。
気づいてしまって問題になったから言ったと(いや順番違うって)
【2007/04/23 17:41】 URL | やひ@久留米 #MkWzKcno [ 編集]

チャレンジャーですね
しかしこの業者さんもチャレンジャーだなとつくづく思います。それともなめているのか・・・。
まあ、本当に気付かれていなかったみたいですから業者側の勝ちでしょうね。
【2007/04/24 02:34】 URL | therapie #SFo5/nok [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/193-d34e0350
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

特許庁

特許庁特許庁(とっきょちょう、Japan Patent Office)は、日本の中央省庁の一つ。経済産業省の外局。工業所有権制度の企画立案と審査・審判などを所掌する。初代長官(特許局長)は高橋是清。組織幹部*特許庁長官*特許技監(「特許庁技監」とは書かない ひよりの記録【2007/05/23 08:17】



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。