湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


世界は不満で動いている
 駅で拾った日本経済新聞(2007年3月20日朝刊)に興味深い記事が載っていました。
 「国際支援を考える(上)外交に加え開発援助を 内戦に「経済」的側面 根本原因見据え、戦略策定」という見出しです。
 書いているのは世界銀行スリランカ担当局長石井菜穂子氏。
 ちょっと長くなりますが引用します。


 どうして内戦が頻発・激化したのか。ルワンダ、コンゴ、スーダン、そしてバルカンの例からも察せられるように、一般には民族・宗教的な側面が強調されてきた。しかし、90年代後半になると、内戦と貧困との間に強い関連があることが着目されるようになり、内戦を経済学的に解明しようとする試みが台頭した。
 その一つとして注目されているのが、オックスフォード大のポール・コリエ教授らが提唱する「Grievance(不満)対Greed(欲)仮説」である。彼は政治学では反乱派の動機を「不満」に求めがちだとした上で、経済学の観点から「欲」に着目。ブラウン大学のグロスマン教授の分類に従い反乱派は略奪で利益を得る産業であると位置づけ、オックスフォード大のホフラー氏とともに内戦を説明する計量モデルを作成した。彼らは、反乱派の動機として「欲」「不満」の両方をモデルに入れ、60年から99年に起こった78の内戦について計量分析を行った。

 面白い試みだと思って読ませていただきました。結局「不満」よりも「欲(経済機会要因)」の方が説明力が概ね高いという結果が出たそうです。
 不満と欲の間には切っても切れない関係があるような気がしますが、まあそれは素人だからでしょう。
 知人のM田氏は、この世は嫉妬で動いていると言っていましたが、嫉妬というのは不満であるとともに欲でもあると思います。
 まあ、平和な世界を作っていくにはみんなが豊かになる必要があるということで理解しておけばいいのでしょうかね。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 政治 社会

テーマ:格差社会 - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント
不満と欲
不満というのは欲があるから出てくるのではないでしょうかね?
ということを考えると、欲は不満を生成するためのプロセスともいえますかね?
【2007/04/24 13:28】 URL | やひ@久留米 #MkWzKcno [ 編集]

まずお詫び
 この記事の題名はどう考えても「世界は欲で動いている」ですねorz

 それはともかく、ここでの「不満」というのは恐らく大義だの正義だの主義主張だの宗教だの民族だのいうことだろうと思います。
 恐らく、「欲」を説明するための「感情論理(合理的論理よりも感情が優勢となる非合理的論理)」が「不満」なのではないですかね。

感情論理:http://wantetsu.web.fc2.com/research/d200401.html#19
【2007/04/25 01:30】 URL | therapie #SFo5/nok [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/194-89ac1154
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。