湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


千と千尋鉄道
 以前、千と千尋の神隠し(DVD購入解説等)に出てくる電車が僕の中では宮地岳線廃止区間とかぶっているということを書きました(参照)。
 あの世界を鉄道模型で表現してみたいけど、レールから給電しているので、水を入れたらショートするなぁと思っていました。
 ところが、それをやっている物好きな方がいらっしゃるようです。

 その方はNew ZealandのHamilton在住のJonathan Scottさん(参照)。 マジで水をかき分けておもちゃの電車が走っています。びっくりです。
 で、本人のサイトを見ると、なるほど作り方が載っていました。
 どうもアクリルの盆のようなものの底に絵を貼っているようです。てか、問題の水はどうなってるの??

Here is the moment of truth... adding a mixture of blue food colouring and distilled water. The distilled water ensures low conductivity so that the tracks do not act as electrodes in an electrolysis cell and the trolley does not suffer too much corrosion or contamination. It would take 2 litres of the mixture to submerge the track.

And some levelling to keep it there.
(参照)

 これではわけが分かりませんので、エキサイト翻訳にかけてみました。

ここに、青い食物着色と蒸留水の混合物を加えて、決定的瞬間があります。 蒸留水が低伝導率を確実にするので、道は電極として電解セルの中で作動しません、そして、トローリーはあまりに多くの腐食か汚染を受けません。 道を水没させるには混合物の2リットルかかるでしょう。

そこにそれを保ついくつかの平らにすること。

 これでも充分意味不明ですが、つまり蒸留水なら大丈夫ということのようです。本当なのかなぁ・・・。
 仕組みはわけ分からないままですが、綺麗です。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 鉄道模型 映画 西鉄宮地岳線(現貝塚線)

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用


この記事に対するコメント
こういうばあいは
素直にプラレールで作りましょう(笑)
【2007/04/26 13:11】 URL | やひ@久留米 #MkWzKcno [ 編集]

むむ。確かに・・・
 プラレールなら簡単にできそうですね。

 って、ニュージーランドにプラレールはあるんかい!
【2007/04/27 00:16】 URL | therapie #SFo5/nok [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/196-7732cbc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。