湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


明るい日本
 安倍さんがドイツだかなんだかに出かけて「美しい星へのいざない」とか何とか一席ぶってくるそうですね。
 5日は環境の日だったそうで、西日本新聞にもチームマイナス6%とかいう得体の知れない団体の全面広告が出ていました。

注・・・チーム・マイナス6%はチーム・マイナス6%運営事務局が運営しており、その実態は環境省地球環境局地球温暖化対策課国民生活対策室のようです(参照)。決して電器屋さんが省エネ家電を売り込むために組織している悪の秘密結社ではありません。


 その全面広告ですが、安倍ちゃん(1954.9.21-・参照)がおしゃれなリビングで白熱電球を電球型蛍光灯に取替えているのをアッキー(1962.6.10-・参照)が笑って眺めている写真が出ています。

電球から、日本を明るくしよう
いま、世界各地で、地球温暖化による異常気象が起きています。今回のG8でも、温暖化問題が主要な議題となりますが、この問題の解決には、「家庭」がひとつの大きな鍵。すべての人が日常のライフスタイルを見直し、「1人1日1kg」のCO2削減をめざしましょう。家庭でもできるエコの代表的な取組は、日本のすぐれた環境技術でつくられたエコ製品を選ぶこと。
例えば、白熱電球を電球型蛍光ランプに取り替えれば、大幅なCO2削減になり、電気代も節約できます。日本が世界に先がけ、環境のリーダーシップを取る。そんな意気ごみで、みなさんも始めてください。
チームリーダー 内閣総理大臣 安倍晋三
2007年6月5日 環境の日

 記事の画像はこちらに載っています。

 僕が子どもの頃、資源エネルギー庁という役所がありました。正確には今もありますけど影が薄くなっています。
 中学の教室にある電灯のスイッチの下には、その役所が配ったとされる「節電 省エネルギーのため電気を大切に使いましょう」と書いたステッカーが貼られていました。
 でも、あるとき僕は気がつきました。
 いくらここで節電しても、発電してしまっている以上省エネルギーにはならないやんか?
 いくら「家庭」で節電しても、電力会社が動かなければ省エネにも二酸化炭素排出量削減にもなりません。

 先日、知人から田中優氏(未来バンク事業組合理事)の講演DVD(スロービジネススクール)を押し付けられ(?)暇を見つけて見てみました。
 なかなか過激なこともおっしゃっていましたが(^_^;)この講演の中で家庭からの二酸化炭素排出量は全体の1/8に過ぎないということが出ていました。しかも、「開示された上位167事業所で、日本全体の排出量の半分を占める」そうです(資料・pptpdf)。
 まあ、日本の産業界は一部を除いてオイルショック以降かなり省エネしているそうなので難しいということもあるようですが、「家庭が鍵」といわれてもちょっとねぇという気がします。

 もちろん、白熱電球を電球タイプの蛍光灯に置き換えるのは大きな意味があると思います。

 レスター・ブラウンによれば、世界中で街路灯や古い蛍光管をも含めて、すべて新しい蛍光灯に切り替えると、電力消費量は6%以上減るという。白熱灯に比べ、蛍光灯は電力消費量が4分の1にすぎず、寿命は10倍になる。だから、買うときは高いが、電気代を考えればはるかに安く経済的だ。
(参照)

 安倍ちゃんも言っています。

・電球形蛍光ランプの寿命は、白熱電球の約6倍、取り替えの回数も減ります。
・価格はやや割高ですが、電気代は約1/4以下ですみます。
・12w電球形蛍光ランプの明るさは、54wの白熱電球と同じ。
・明るさをガマンしない省エネです。
・あたたかな光を出す電球色。間接照明などにも使えます。
(参照)

 もっと言えば、白色LEDを使う手もあります。

(2)白色LEDの発光効率は蛍光灯とほぼ同じ水準に到達したようです。
 ただLEDを一般照明に利用する上での最大の課題は初期コストにあります。
 60ワットの白熱電球の店頭価格は80円程度、同じ明るさの電球型蛍光灯は900円程度、それに対し高効率の白色LEDは約3000円と大きな差があります。
 しかし白色LEDは、寿命が白熱電球の約30倍、蛍光灯の約5倍あるので、交換の手間と、電気代が白熱電球の約6分の1と蛍光灯とほぼ同水準ということを考えれば、長い目で見ればコスト面でも遜色はないようです。
(参照)

 白色LEDに置き換えようにもあまり売っていないのが最大の難点ですが・・・。まあ色々難もあるようですからこれからの製品でしょう。

 「白熱電球やめて蛍光灯にしよう!」と呼びかけるのは大切なことです。でも、政治家ってもっと大きな仕事ができるんじゃないですかね?

 そういや古賀市役所もクールビズやっていますが、安倍ちゃんのとこの議員は夏でも権威や品位を保つためとかで上着を着ています(という話題を書くように圧力を受けた)。
 あれはきっとエアコンの設定温度を下げただけでは地球温暖化は止まらないと知っているからでしょうね。
 それでも市役所のお金が節約できるから無駄とは言えない訳ですが、それも厚着している人が我慢すれば済むことですからね。
 ただ、上着を着ただけでは権威と品位は守れないのではないですかね。
 ネクタイを緩めるくらいならネクタイをしない方がましですし、上着のボタンを1つも付けないくらいなら上着を着ない方がきちんとして見えるような気がします。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 環境 政治

テーマ:環境・資源・エネルギー - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/247-bc29b859
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。