湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


バブルとは?
 前「総長」逮捕に揺れる「都築総合学園グループ」の中の学校法人が、福岡市中央区今泉に所有する旧岩田屋体育館をディックスクロキに30数億円で売却する見込みだそうです。
 ディックスクロキは店舗やオフィスの入ったビルを2009年までに完成させたいとのこと。
 「都築総合学園」は例の事件(参照)で評判がさらに落ちており、かなり志願者が減ると予想されています。
 そんな中、現金を確保しておこうという思惑があるとか取引銀行に強く迫られたとか色々報道されているようですね(参照参照参照参照)。

 ちなみに1999年に岩田屋から「都築総合学園」が買った値段は約12億円。
 結果的に得していますが、それまでは塩漬けしながら価格が上がるのを待つという一歩間違えれば単なる地上げに近い物件でした。

 さらに「都築総合学園」は旧岩田屋本館と新館も約205億円で購入しており、新館の方は利用しているものの、本館はほとんど塩漬け状態でした。

 新館には、2000年に青山学院大学法学部4年生(当時)でありながら複数の専門学校長をしていた都築明寿香氏(参照)が資本金5000万円を100%出資して2000年8月25日に設立された(株)ハッチェリー・ベンチャーパートナーズのインキュベーター施設「ハッチェリー福岡天神」(2000年6月28日に開設)と第一医療リハビリテーション専門学校と第一薬科大学附属ハッチェリー薬局というのも入居しているようです。
 本館については、地元財界が共同出資で購入して再開発する計画や、ヤマダ電機が出店する計画(失敗した代わりにベスト電器買収というわけでもないのでしょうが)、はたまた三井不動産に依頼して旧セゾングループ(現在はミレニアムリテイリング傘下)でカッコイイ(参照)ロフトを誘致しようという計画(参照)もあったようです(読売新聞その他の情報による)。
 その度ごとに値段が折り合わなかったということで流れたようです。
 ご存知の通り、ロフトはジークス天神(参照:旧ユーテクプラザ天神)跡地に進出しましたね(参照参照ニュースリリース)。

 バブル崩壊によって儲かった団体というわけですな。

 で、強引な展開ですがバブル経済についておさらいしておきます。

 バブル経済の原因は、1985年9月22日、ニューヨークのプラザホテルで行われたG5(先進5カ国蔵相・中央銀行総裁会議)で発表されたプラザ合意(参照)であるとされています(参照)。
 これは、日本企業があまりに物を売りすぎたので、円の価値が安すぎると叩かれ、円高ドル安にしちゃおうとみんなで約束したというものです。
 これで日本円の価値は一気に上がり、円高不況を恐れた低金利政策が続いたため余ったお金が一気に株式や不動産市場に流れ込みました。
 これによって、株式や不動産が実際の価値(をどう考えるかも問題ですが)よりも高い状態になってしまい、それがいわゆる「バブル」と呼ばれている状態になったと考えられているようです。
 一番分かりやすいのが1987年2月に上場された日本電信電話株式会社(NTT)株騒動でしょう。
 この株は額面が5万円ですが、第一次の売り出し価格が119万7000円ととてつもない金額になりました。で、初値は160万円。最高で1987年4月に318万円まで上昇したNTT株ですが、2007年6月6日の終値は55万9000円(参照)です。

 1993年11月に経済企画庁が発表した所によると、「平成景気は86年12月に始まり、91年4月に終わって、景気後退に転じた」と発表したそうです。
 ただ、株価自体は1990年1月4日から下落しており、地価は1992年に下落に転じたそうです(参照)。

 1993年3月に卒業する予定の先輩が東京海上(当時)の内定をもらったのが1992年の夏ごろだったと思います。
 結局先輩は留年し、東京海上には行けませんでしたが、次の年はもう就職が厳しくなっていたような記憶があります。

 恐らく実感としては1993年ごろにバブルは終わったのでしょう。

【2008年1月9日追記】
 旧岩田屋本館・新館購入に当たっては「七社会を中心とした強い働きかけを受け、当時坪単価1,600万円程度と言われていたものを2,000万円で購入した」という話があるそうです(参照)。
 前「総長」は、「それ以後、地元財界からは転売先などについて何ら協力を得ることができないままになっていた」のが不満で、「地場財界人を毛嫌いする言動も目立っていた」そうです。
 一方、地元財界人が前「総長」を相手にしていなかったというのはよく聞く話です。

【2008年11月15日追記】

 昨日(14日)、ディックスクロキが民事再生手続き開始を福岡地裁に申請したと発表しました。
 負債総額は181億3100万円だそうです(参照)。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 教育 都築総合学園

テーマ:東急リバブル東急不動産不買運動 - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/248-6604e53b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。