湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


出生率改善?
 2006年の合計特殊出生率が6年ぶりに上昇したそうです。そういや去年は妊婦さんを沢山見たなぁ。
 って、定期的に産婦人科に行っていたのだから当然か(^_^;)


 一人の女性が生涯に産む子供の推定人数を示す合計特殊出生率が、二〇〇六年は六年ぶりに上昇し、一・三二となったことが六日、厚生労働省の人口動態統計(概数)で分かった。過去最低だった〇五年の一・二六から〇・〇六の大幅上昇で、一・三台に回復したのは四年ぶり。埼玉県は一・二四で、前年の一・二二を上回った。国内で生まれた日本人の赤ちゃんは前年比三万百三十二人増の百九万二千六百六十二人だった。
 厚労省は、景気回復に伴う雇用改善で結婚や出産が増加したことが背景にあると分析。ただ「長期的な少子化傾向は変わっていない」としている。専門家からは「〇五年に予想以上に低下した反動による一時的な上昇」との見方も出ている。
 出生率は〇五年まで五年連続で過去最低を更新していた。上昇したとはいえ、一・三台前半は低い水準で、赤ちゃんの出生数も過去最低だった〇五年に次いで二番目に少なく、政府は抜本的な少子化対策を急ぐ方針だ。
 一方、〇六年の自殺者は二万九千八百八十七人で、厚労省の統計としては四年ぶりに三万人を下回った。人口十万人当たりの自殺者数が最も多かったのは秋田県の四二・七人だった。
 統計によると、出生率が最も高かったのは沖縄県の一・七四で、最低は東京都の一・〇二。
 結婚も五年ぶりに増加。前年より一万六千七百八組増の七十三万九百七十三組だった。
 厚労省付属の国立社会保障・人口問題研究所が昨年十二月に公表した「日本の将来推計人口」では、合計特殊出生率の標準的な推計として〇六年は一・二九と予測。今回はこれを上回ったが、推計では〇七年以降は再び下降するとされている。
 合計特殊出生率 15―49歳の女性が1年間に産んだ子供の数と年齢別女性人口を基に、各年齢層ごとの「出生率」を算出、合計した数値。「1人の女性が、生涯の間に何人の子供を産むか」を推定する指標として、国際比較に用いられる。日本では人口動態統計に導入された1947年は4・54だったが、75年以降は2を割り込んだまま低落傾向が続き、2001年からは5年連続で過去最低を更新した。2・07を下回ると、人口が減少に向かうとされる。
(出生率1.32に上昇 埼玉は1.24に回復 厚労省統計・2007年6月7日埼玉新聞)

 上昇したとはいえまだまだ1.32。人口が減少傾向になるとされる2.07には程遠い数字です。
 まあ、世界的に見れば人口は増えていて食料不足が心配されている(関連)のですから、悪いことと言い切るのは間違いでしょうが。
 日本の人口の適正地はもっと低いと僕は思っています。江戸時代は3000万人台でそれ以前は1000万人を割っていたらしいですからね(参照)。

 しかしまあ、上昇した理由を「景気回復に伴う雇用改善で結婚や出産が増加したことが背景にある」というのは極めて能天気だと思います。
 僕の周りでは去年何人か子どもが産まれましたが、単純に今まで産まれていなかったからです。景気が回復して所得が上がったからいっちょ子どもでも作るかと頑張ったなんて話は聞いたことがありません。
 まあ、来年も改善していれば「景気回復」も要因なのかもしれませんが、それでも人口減少は止まらないのでしょう。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 政治 社会 子育て

テーマ:雑記 - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/251-2d9f4fc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。