湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


広島電鉄白島線も廃線?
 まずはこちらをご覧下さい。とりあえず、18歳以下の方はリンク先を見ずにお付き合いください。
 久しぶりに秀逸なオチを見ました。


広島商工会議所(宇田誠会頭)は13日、道州制の導入時に広島市が州都の機能を果たすため、総合的な交通体系の整備についてまとめた提言書を広島市と広島県に提出した。広島西飛行場(広島市西区)と山陰や四国の各都市間の「州都便」就航をはじめ、JR広島駅(南区)北口への「広島第2バスセンター(仮称)」建設、広島電鉄白島線の廃止を含めた路面電車の路線の見直しなどを盛り込んだ。
(州都便の就航などを提言・2007年6月14日中国新聞)

 ところが別の記事だとニュアンスが変わってきます。

 ◇道州制の州都前提に、5項目
 広島商工会議所の宇田誠会頭らは13日、道州制の州都を広島市が担う場合に必要な交通体系の整備に関する提言書を秋葉忠利・同市長に提出した。広島西飛行場発着の公営の「州都便」の就航や、広島電鉄白島線の廃線などがうたわれている。
 提言書は5項目で、▽州都と県都を1時間半以内で結ぶため、出雲空港(島根県)や鳥取空港などを小型プロペラ機で結ぶ「州都便」の就航▽広島駅北口地区に「広島第2バスセンター(仮称)」を新設▽空港リムジンバス新路線設置などの「広島空港交通アクセス改善策」▽平和大通りや駅前大橋での路面電車の敷設などの「州都内交通の円滑化に関する基本戦略」▽広島空港での飛行機便の乗り換え機能強化など「航空路線展開に関する基本戦略」。同会議所運輸部会長の大田哲哉・同電鉄社長らが中心にまとめた。
 中区の広島市役所で提言書を渡した後、宇田会頭は「陸海空を結びつけた総合的な視点が必要と考えてとりまとめた」と強調、「経済効果が大きいため平和大通りや駅前大橋を通る路面電車の整備を早くやってほしい」と述べた。
 同市は提言について「04年6月策定の『新たな交通ビジョン』と合わせて意見交換したい」と全体的には歓迎。しかし、白島線を「盲腸線で自然渋滞発生の原因」と廃線を求めている点について、同市の岡村清治都市交通部長は「驚いている。機能を果たしており、残してほしいとの気持ちが大きい」と戸惑いを見せた。【吉川雄策】
(広島商議所:「州都便の就航や白島線廃線」 市長に交通整備の提言書 /広島・6月14日付毎日新聞)

 これを読むとどうも新規路線建設と引き換えに既存路線の一部廃止を提言しているようです。
 なんだかんだ言って近年このような大規模な新規路線が開設された例はありませんので難しいとは思いますが・・・。

 まあ、僕は広島電鉄に乗ったことはないのであまりよく分かりません(^_^;)

2007年6月20日:なぜか知りませんが、記事の末尾が切れていたので修正します。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 広島電鉄

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/261-db817877
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。