湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


BoAの髪型【解決編】
 解決していない気もしますが・・・(^_^;)

 大体僕はBoAの髪型も知らないのに何を調べているんだと思ったので、公式サイトでアルバムとシングルCDのジャケット写真を見てみました(参照)。

 写真が小さすぎて亜滅多なことは言えませんが、2007年に短くなっているのを除くとほぼ一貫してロングヘアでストレートだったり狼っぽくなったりしているようです(参照)。
 つまりはBoAの髪型と言われると「髪が胸辺りまである髪型」と表現せざるを得ないわけです。
 この女子高生にしても、レイヤーが入っているタイトなロングヘア(用語)なだけで、極めて基本的な髪型のようです(参照)。
 確かによく見ると、5人ともちょっとずつ違いますね。

 これを評して「BoAの髪型」とするのは若干誇大な感じもしますが、「日本の女子高生はみんなBoAの真似っ子」と書かなかっただけまだ良心的なのでしょうか。

 恐らく日本の女子高生が同じような髪形をしているのを見たカメラマンが、「お、ありゃBoAの髪型だ!」とそのまま載せてしまったのでしょう。こういう長さの髪をしている人って、韓国では珍しいんですかね?

 いつのどのような調査か知りませんが、「女性に聞いた真似したい髪型有名人ランキングのトップ3は、1位は『蛯原友里』、2位は『篠原涼子』、3位は『松嶋菜々子』」(参照)なのだそうです。

 僕たち日本人がイギリスに行って、「イギリスは日本と同じで車が左側通行だ。」と思うようなものなのでしょうか(実際は日本が真似っ子)。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:韓国について - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント

日本人が刀をさして歩いている時代。
左側通行だと刀と刀(先)がぶつかってしまうので、右側通行になったと聞きましたが。

間違いだったらすみません。
【2008/12/29 12:27】 URL | 匿名 #- [ 編集]

あーなるほど
ああ。そのほうが納得いきますね。
僕は鉄道なんかが英国の技術で出来たからそのまま鉄道なんかのルールが援用されたのかと漠然と思っていました。

江戸時代なんかも車は左側通行だったんですかね?

って、宿題にしときます・・・。
【2009/01/06 02:22】 URL | 兼梨騒也(仮称) #SFo5/nok [ 編集]

ある本によると・・・
 宿題を忘れていました。

 この前立ち読みした本によると、右側通行とか左側通行とかはなかったそうです。
 特に武士は・・・。
 身分が高い人がそのまま真ん中を歩き、身分が低い方がよけていたのだそうです。

 服装や髪型等で身分を判別して相手が高ければ瞬時に避けないといけなかったとか・・・。

 恐いですねぇ。ほんまかいな・・・。
【2009/05/26 14:01】 URL | 兼梨騒也(仮称) #SFo5/nok [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/266-13dd2d96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。