湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


無茶苦茶アヤシイ株券電子化
 あのディスコ「マハラジャ(参照)」が福岡市博多区中洲に復活するそうです(参照)。
 どうも、何が入居しているのかいまいちよく分からないゲイツ(gate's)に入居しそうだということです。

 マハラジャといえばバブル。バブルといえば株です(強引)。その株が電子化されると最近よくCMしていますね。
 でもどうもアヤシイ。「あなたの株券がそのままだと紙くずに!(参照参照)」と言っていますが、いくら何でもそんなことをしては財産権の侵害です。憲法違反やがな(^_^;)

 で、調べてみました。
 結論としては、上場企業の株でなかったり自分名義の株券であれば何も慌てる必要はありません(参照参照)。

 そもそも金融庁によると株券の電子化というのは以下のようなものだそうです。

 株券電子化(株式のペーパーレス化)とは、「社債、株式等の振替に関する法律(以下「社債株式等振替法」という。)」により、上場会社の株式等に係る株券をすべて廃止し、株券の存在を前提として行われてきた株主権の管理を、証券保管振替機構及び証券会社等の金融機関に開設された口座において電子的に行うこととするものです。
 現在においても、株券保管振替制度の活用により、株券そのものの受渡しや保管等の管理を株主自身が行わなくても売買や株主権の行使をすることができますが、一方で、株券を株主自身で管理し、株券の受渡しを株主自身が行う売買等も認められており、株式の譲渡や管理に当たり様々なリスクや非効率性が指摘されています。
 今後は、新たな株式振替制度により株券電子化が実施され、電子的な管理に統一されることになります。
(参照)

 電子的な管理に統一するならどこかで手続きをしなくてはと思いますが、特に売買する予定のない人はそのままでいいようです。

 株券電子化の実施に際して、すでに証券保管振替機構に預託されている株券については、一斉に新たな株式振替制度に移行できるように措置されているため、株主が特段の手続をとる必要はありません。
 自宅や貸金庫などご自身で管理されている株券、いわゆる「タンス株券」については、移行日における株主名簿上の株主の名義で、発行会社により設定される「特別口座」において管理されることになります。株券電子化の実施により株式の権利を表章するという株券の効力は無効となります。
 特別口座で管理される株式は売却する際に手間と時間がかかります。このため、タンス株券を保有する方は、あらかじめ、証券会社等を通じて証券保管振替機構に預託しておくと、株券電子化後に、売却を行う際には、スムーズに行うことができます。
 なお、証券会社等や証証券保管振替機構における預託のための事務手続に時間を要することも予測されますので、できるだけ早めに上記預託のための手続を行うようにしてください(現在でも当該預託を行うことは可能です。)。
(参照)

 つまりは売却するのに手間がかかるが、そのまま電子化の手続きをしなくても会社側が株主名簿に基づいて電子化するわけです。

 これは是非「(参照)」からリンク先を見ていただきたいのですが、最後の2段落だけ太字かつ色文字かつ網掛けでこれでもかと強調した挙句に証券保管振替機構へのリンクが2つも入っています。
 てか、売買する人はとうに電子化しているわけで、現在「タンス株」を持っている人は特別な事情がない限り売らない人でしょう。

 なぜそこまでするのかと調べてみると、面白いことが分かりました。
 証券会社等を通じて上場株式の8割が預託されている証券保管振替機構の現在の代表取締役社長(参照)は竹内克伸氏。
 氏は証券取引等監視委員会事務局長(参照)や大蔵省主計局主計官(参照)や大蔵省銀行局保険部長(参照)や国土事務次官(これが最高位らしい:参照)を務めた方です。
 役員名簿で2番目に載っている代表取締役常務取締役の村田祥二氏は前歴不明。3番目の同じく代表取締役常務取締役の大前茂氏は横浜税関長(参照)や内閣府大臣官房審議官(参照)や東北財務局長(参照)や阪神・淡路復興対策本部事務局主任局員(参照)を務めたようです。
 ちなみに社長の竹内氏は国土事務次官時代に阪神・淡路復興対策本部事務局長を務めています(参照)。奇遇ですね。

 金融庁は電子化のメリットとして、株主は「紛失や盗難、偽造株券取得のリスクが排除され」るとか株式の売買の際に「実際に株券を交付・受領したり株主名簿の書換申請を行う必要がなくな」るとか「株券の交換のため、発行会社に株券を提出する必要がなくな」ると言っています。

 それは確かに便利かもしれませんが、特に儲けるつもりもない株を保管するのにわざわざ証券会社に行って口座を開いて多くの場合は手数料を取られるわけです。
 それほどのメリットかぁ??

 非常にアヤシイ話だと思いますが、マスコミは何で取り上げないんですかねぇ????
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 政治 社会 マスメディア

テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント
へぇ
マハラジャが復活するんだ。
二度ほど行こうと試みたがあるが、二回とも入れてくれなかった(-_-;)
何故かはご想像にお任せします(-.-)y-~

株はやってみたいけどカネが無い(>_<)
【2007/07/10 08:07】 URL | 元主幹 #- [ 編集]

またマクラかよ(>_<)
 どうしてマクラのネタの方が受けるのでしょう・・・。

 僕の学生時代には鹿児島にもマハラジャがありましたが、1度も行ったことがありませんでした。
 確か天文館にある鹿児島文化企業ビルの地下にあったと思います。

 中洲にできたら行ってみたいけど、金がない(>_<)
【2007/07/13 01:59】 URL | therapie #SFo5/nok [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/288-aec6f31f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。