湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


福山の事件について
 哀しい事件が起こっていました。
 昨年11月6日に広島県福山市で、自閉症児の5歳と3歳のお子さんを殺した母親の初公判が広島地方裁判所で行われたそうです。
 以前、同じ福山市から来た家族がウチの職場に泊まったことがありました。そこも2人の男の子が自閉症だったと思います。
 ドキッとしました。


 広島県福山市で昨年、自閉症の長男(5)と二男(3)を殺したとして殺人罪に問われた無職****被告(35)は25日の広島地裁(奥田哲也裁判長)の公判で被告人質問に答え、「世間では障害者は不幸という見方が強く、生きていても幸せになれないなら一緒に死んだ方がいい」と殺害を決意した心境を話した。
 *被告によると、二男は知的障害もあり、パニックになると手に負えなかったといい「わたしの養育方法が間違っていたのか」と悩んでいたと説明。一方で「かわいいという気持ちはなくなっていなかった」と言葉を詰まらせた。
 また「夫に助けを求めたが、『おまえの育て方が悪い』と言われた」「自閉症は障害なので薬をのませるものではないのに、母親に『のませろ』と言われ無理解だと思った」と孤立感を深めていった状況を話した。
 奥田裁判長は、弁護側が求めた精神鑑定の実施を決めた。
(「生きていても幸せでない」 2児殺害の母が心境・2007年7月25日付東京新聞)

 たまたま入った銀行で別の新聞のこの記事を読みました。色々話題になっていたようです(参照参照参照参照参照)が、全然知りませんでした。

 この子たちが亡くなったのは、ウチの子が生まれた頃です。
 僕は子どもが生まれたとき、この子が自閉症でなければよいがと願ってしまったことを告白しなければなりません。
 今でもたまに自分の子に自閉症の傾向がないかチェックしていることがあります(参考参考)。
 自閉症の方と週の大部分を共に過ごす仕事をしているにもかかわらずです。
 いえ、そういう仕事だからこそ望んだのかもしれません。

 僕は、自閉症の家族をもつ方々がどのように苦労されているか、一般の人よりも多く目にしてしまいます。
 親御さんから周囲との軋轢の話も聞くことがあります。行政からの支援もありますが、まだまだたりないという話を聞くこともあります。
 僕ら自身も反省しないといけないのでしょうが、家族への支援の充実が叫ばれている割に、現実はそうなっていないと思います。

 また、今まで何度も書きましたが、自閉症の方と付き合うには自閉症に関してある程度理解していないとかなり疲れます。
 お互いゆったりとしていれば、基本的にあまり問題は起きないのですが、そうでない場合はお互いに疲れてしまいます。

 誤解ないように書いておきますが、普段は結構楽しい生活です。自閉症を治す(?)のは今はまだできないと思いますが、生活への影響は軽減させることはできます。

 仕事ならば疲れたので辞めますが通りますが、家族ではそうもいきません。

 でも、ひょっとしたら本当は僕程度の悩みでもいいのかもしれません。

あなたが本来耐えるべき痛みは、今の三分の一でいいはずなのです。
余分な三分の二は何かというと、まず、過去の痛みの記憶。そして、将来の痛みへの不安です。
だから、『今、この瞬間』の現実の痛みにだけ向き合えば、あなたが感じる痛みは今の三分の一になる。三分の一になれば、それはもうほとんど気にならない痛みになるはずです。

 精神科医のミルトン・エリクソンの言葉だそうです(参照)。

 僕たちは家族の代わりにはなれませんし、なろうとも思いません。仕事としては家族代わりですが、本人たちも家族とは別物だと思っているようです。
 でも、痛みのうち、少なくとも将来の1/3は僕たちがカバーできるものだと思いますし、そのために何ができるか考えていかないといけないと思います。

 だから安倍ちゃん金をクレ。


 障害を理由に命を奪われない美しい日本であってほしいし、そうありたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 福祉 心理学 広汎性発達障害 事件

テーマ:自閉症児の親 - ジャンル:福祉・ボランティア


この記事に対するコメント
そうなんだ・・・
こんにちは^^*
はじめまして・・・
なんか悲しくなりました・・・
もう1人で悩まないで・・・1人でかかえこまないで
と叫びたくなります・・・
私も自閉症の子を持っています
知的に遅れも重度でパニックもすごいです
もう18歳女の子です
理解なんてないです・・・と主人も身内も
好きなこといいます・・・まぁ私もいいますけど・・
でも仲間はいますみんな同じようなこと多かれすくなかれ
あります・・・・辛くて・・・叫びたいときもあります
そんなときは叫びましょう・・・SOSだしましょう・・・

どうぞ・・・どうぞ・・子殺しは止めてください!!

そんなひとがいるんです
優しく、しかし力強く・・・つつんでくださいませ
そんなこと感じコメントさせていただきました。
【2009/02/21 10:44】 URL | チャピ #- [ 編集]

Re: そうなんだ・・・
このような自己満足の文章を読んでいただき、コメントも寄せてくださってありがとうございます。
とは言え、僕たちがちゃんと支えられているかと考えると難しい面も多いのですが・・・。
特に最近は、自分達の無力さを感じることが多いです。

みんなで支えあえたらいいと思いますが、難しいです・・・。
【2009/02/24 01:05】 URL | 兼梨騒也(仮称) #SFo5/nok [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/314-664d31a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。