湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


熱い温泉~鰻温泉
 昨日、仕事をしながらテレビをちらちら見ていました。仕事中は音を消しているのですが、最近はどの番組でも字幕が多くて助かります。
 ちょうどニュースの時間で福島市の飯坂温泉鯖湖湯の事が出ていました。
 何でも泉温が熱すぎて(番組では47度)地元の人でないと入れないと苦情が出ているそうです。
 で、温泉には「浴槽のお湯が熱い場合は、水を入れてください。」、「観光で公衆浴場の湯めぐりを楽しんでる方が増えてます。熱い湯が苦手な方もおりますので、湯の温度を42度~43度にするようにご協力をお願いします。」と書かれるようになったということです(参照)。
 しかし熱い湯に慣れた地元の人にとってはいい迷惑ですね。

 鹿児島にいた頃、鰻温泉という温泉に行ったことがあります。
 指宿市の南の山川町成川にあって、当時住んでいた西鹿児島駅の裏手からはけっこう距離がありました。
 鰻地区は鰻池というカルデラ湖の東にある小さな集落で、集落に入るとどこの家からも湯煙が上がっています。

 何でも各家庭に「スメ」という地熱を利用したかまどがあるそうです(参照)。

 僕が入ったのは区営鯰温泉(参照参照参照)というところで正直小さな小屋に過ぎません(きれいでしたが)。
 浴室にはちいさな湯船が一つあるっきりで、カランも少なく湯船から洗面器でお湯を汲んで体を洗った記憶があります。
 で、この湯船のお湯がかなり熱いのです。使用位置で41度と書いています(参照)が絶対そんなことはないと思いました。
 僕はぬるい湯にゆっくりつかる方が好みですが、これもこの温泉の特徴だと無理やり入りました。

 安いとは言え1時間以上かけてやってきてあまり長く入れず、損したような気分で帰りました。
 ところが、帰りいつまでたっても体がほかほかしています。これにはちょっと驚きました。

 別の土地に行ったら、その土地のものをそのまま楽しむほうが良いと思います。楽しめなかったらそれはそれで良い思い出なのではないでしょうか?
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 温泉

テーマ:温泉 - ジャンル:旅行


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/33-a0547cd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。