湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


刈目川増水
 福津市の古賀市との市境に程近い所に刈目川という川が流れています。千鳥パークタウン(古賀市舞の里・福津市有弥の里)から発し、花見の里を左手、花見が丘、花見が浜を右手に見つつ玄界灘に流れ込む短い川です。
 JRで博多から行くと、千鳥駅を出てしばらくすると一瞬高架のように谷を跨ぎこしますが、その谷底に流れている用水路のような川です。

 ちなみに跨ぎこしている橋は煉瓦造の立派なもので、恐らく年代物だと思います。
 また、石井忠氏によるとこの川は護岸工事をする以前は陶磁片が流出していたそうです(参照)。


 ところがこの川、よく増水するようになったのだそうです。
 久しぶりに読んだ松尾ひとみ福津市議のブログで見たのですが、どうも住宅・都市整備公団(後の都市基盤整備公団・現都市再生機構・別名年寄り再生機構)が千鳥パークタウンを造成した際に調整池を作っていたのを廃止した後氾濫するようになったようです(参照)。

 そもそも、山林を造成するともともとその土地がもっていた保水力が著しく低下します。そのため、大雨になると一気に雨水が川に流れ込んで増水してしまいます。
 住宅を作った場合、住宅地に降り注いだ雨水を一時溜めてゆっくり流していくのが調整池の役割です(参照)。
 ところが、開発が終わって排水路が整備されて事などを理由に調整池を宅地に転用して調整池の機能がなくなるケースが結構あります。
 1993年8月に鹿児島で起こった鹿児島水害、特に8月6日に起こった鹿児島市甲突川(こうつきがわ)の氾濫(所謂8・6水害)では、市郊外の台地に住宅地を作りすぎたことが問題視されました。その後鹿児島市では市立小学校のグラウンドの地下に貯水して調整池の機能をもたせる対策をとっています。
 一見無駄に見えても、再び作るとなると多額の費用がかかります。慎重に考えていただきたいものです。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 福津市 環境

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/334-75743c39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。