湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


近未来通信
 話題になっていますね。近未来通信
 よく新聞広告で見かけましたが、電話中継局オーナーと代理店ばかり募集していて利用者を募集する気はさらさらなさそうなので変な会社だと思っていました。
 IP電話というのは、IP(InternetProtocol)を利用した電話のことで、乱暴に言えばインターネットで使われる方式を利用した電話のことです。
 大体、普通の家庭からNTTの庁舎内に置かれているサーバ(近未来のいう中継局?)までは電話回線を使うのが普通です(ケーブルテレビ業者等がやるのは別でしょうが)。
 日本の市外局番は661局程度みたい(参照)ですので、理屈の上ではその程度中継局があれば大丈夫だと思います。

 素人なので適当・・・(^_^;)誰かツッコンで下さい(*^_^*)
 ADSLなどでは市内局に置いているようですが、サーバを置くのにそんなに金が掛かるとは思えません。

 その程度の出資者も遅々として集まらないようではユーザーも集まらないはずだがなぁと思っていました。

 ところが今回のこの体たらく(参照)です。
 今回僕は古新聞をひっくり返して7月26日付の地元紙に広告が掲載されているのを確認しました。広告に出ていた芸能人への批判もあるようですが、それを言うなら広告を掲載した新聞も同罪ではないかと思います。
近未来通信広告

 ところで、アヤシイ会社についてブログ等で「アヤシイ」と指摘するのには勇気が必要です。
 本当にアヤシイ企業に限って、プロバイダ等に働きかけて削除要求をしてきますし。名誉毀損で訴えられるケースもあります。
 結局、アヤシイ企業側に不利な情報は流れず、被害が拡大してしまいます。このあたり何とか是正していただきたいなぁと思います。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : インターネット 事件

テーマ:インターネット - ジャンル:コンピュータ


この記事に対するコメント
情報フィルター
この情報のあふれ返った中で、大量の情報をどのように捌くかというのは永遠の問題だと思います。
タダでさえ情報を捌ききれてないという状況で、情報の真偽や怪しいか否かなど、判断する暇すらなくなってきていますね。
また、情報の多さに圧倒されて、判断せずに鵜呑みにする人もたくさんいるような気もします。

そんななか、親切にも情報フィルターをかけて出してくれてるわけですね。
フィルターのかかった情報というのは、受け手側の負担を軽くすると思うんですが、その反面、裏に何があるかを簡単に隠蔽できるようになってしまうのも事実ですね。

自動車でAT車が普及しだした頃におもったものです。
「あんな預かりしらんところで勝手に動くような装置、やだ!」
…と。
結果として、日本国内を走っている車は殆どがAT車というところまで普及しましたがね。
【2006/11/28 13:14】 URL | やひ@久留米 #MkWzKcno [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/34-14686a69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。