湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


福津・古賀・新宮の水道料金(1)
 8月29日の記事で、新宮町が出した新宮町合併効果検討職員研究会報告書ダイジェスト版の改定について少し紹介しました。
 僕は最後に「古賀市との合併の場合は別の負担が増加する可能性があります」と書きましたが、今日はその話です。

 ご存知かと思いますが、水道料金は各市町村によって違います。これは、水道事業が各自治体によって独立採算で行われているためです。

太宰府市の水道料金はなぜ高いの?
というご質問をよくいただきます。
 家事用水道(20m3/月)を基準として比較した場合、太宰府市は3,979円となり、福岡県内で15番目、筑紫地区(春日市、大野城市、筑紫野市、那珂川町、太宰府市)の中では一番高い状況です。
(平成17年4月1日現在)
 では、なぜ料金に差が出るのでしょう。

 それは、水道事業は市町村単位で経営されていますので、次のような条件の違いによります。

 ・水源の場所、水質
 ・浄水場などの施設を造る費用
 ・職員の人件費や施設を維持管理するための費用
 ・給水人口の規模

太宰府市の場合は、

 1.水資源に恵まれていないため、市内にダムを2ヶ所、浄水場を2ヶ所設置している。
 2.自然水圧で送水できない高台(65m以上)の地域が8ヶ所あり、ポンプ室を設置して
   送水している。
 3.福岡市などに比べると、水道利用者が少なく、水道管の利用効率が低くなっている。
 4.使用量が増えると料金単価が上がる料金体系を採用しているが、大口需要者となる
   工場や事業所が少ないため、料金収入が伸びない。

以上のような地理的条件、人口体系等の事情を考慮しながら、料金を設定しています。

 水道事業の経営は、公営企業法の適用を受け、水道料金の収入(給水収益)で経営する独立採算制を原則としています。
 しかし、現在の料金体系では、1m3の水を239円でつくって216円で売っている計算となり、23円の収入不足となります。

 今後とも、ご理解とご協力をお願いいたします。
(参照)

 このようにすぐ隣の市町村と比較してもずいぶん水道料金が違うということはありえます。合併した場合は同じ料金に統一するのが普通です。
 例えば2005年1月24日に福間町と津屋崎町が合併した福津市の場合、上水道料金は「合併後、従前のまま不均一とし、3年を目途に統一」し、下水道料金は「従前のまま不均一とし、2008 年を目途に統一」することになっているようです(参照)。

 ですから現在、福津市役所のサイトでは水道料金を調べることができません(参照)。

 では、福津市、古賀市、新宮町の水道料金はどのようになっているのでしょうか?(つづく)
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 古賀市 福津市 新宮町 合併 福津市・古賀市・糟屋郡新宮町合併問題

テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/351-f2688745
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。