湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


西鉄宮地岳線代替バスについて(2)
 先日、タモリ倶楽部鉄道博物館の回を見せていただきました。
 森田一義氏、原田芳雄氏、岸田繁氏(くるり)、南田裕介氏と「タモリ電車倶楽部」なるものの会員の方が出演していましたが、松尾貴史氏に「田のつく人たち」と呼ばれていました。
 そういえば、宮地岳線の存続運動の際にいらっしゃった鉄道好きの方にも「田のつく人」が多かったような気がします。

 鉄道といえば、博多駅のホームレスの人たちが危険にさらされているそうです。原因は新幹線関連の博多駅立て替え工事(参照)。
 新幹線開通で容積率緩和で都心のビル立て替え(参照)とかうかれていますが、九州新幹線の利用客が減ったと言うデータもあるようですし、やめたら?

 さて、昨日に続いて西鉄宮地岳線の代替バスについてです。

 宮地岳線を使っていた人で、車をもたない人に話を聞いてみたところ、あまり評判はよくないようです。
 古賀市のページにも、「廃線に伴い代替バスになって、ゴルフ場~天神は560円から670円に料金上がった。三苫までは190円から310円に上がった。利用者として不満。(参照)」という意見が紹介されていましたので、値段に関しては色々あるのでしょう。
 他にも、高くなった(花見)とか、乗り換えが増えた(花見)とか、バスがなかなか来ず、来ても数珠繋ぎ(宮司・花見)とか、本数が減って乗り換えも増えた(福間)とか、香椎に行くのに必ず乗り換えをしないといけなくなった(花見)という不満も聞きます。


 花見の場合は花見駅と花見バス停が離れていますので、乗り合いタクシーは便利らしいです。200円と高く、本数も少ないですが。
 あまりに利用者が少ないので、最近はミニバスと名前を変えましたが、中身は変わってないようです。
 1ヶ月間無料や1ヶ月100円運行でもして認知度を高めれば?

 どうも旧津屋崎駅宮地岳駅周辺では意地で歩いている(津屋崎)人は別にして仕方がないから乗っている方も多い(津屋崎)ようです。
 一方で、30分おきに遠回りのバスしか来ない旧西鉄福間駅周辺や乗り合いタクシーしかない旧花見駅周辺ではバス自体影が薄い感じがします。

<余談>

 まったく関係ないですが、今まで日本初のセーラー服と言えば福岡女学院でしたが、実は平安女学院だったようです。
 まあ、現在のセーラー服の原型は福岡女学院のままのようです(参照)が・・・。

 それと「警視庁東大和警察署留置17号」さんすごいですね。
 結局完全黙秘で懲役1年6月、執行猶予3年が決まったようです(参照参照)。
 しかし黙秘しているから反省の色が見られないというのはどういう理屈なんでしょうね。
 そもそも反省すべきなのかよく分からんですし、黙秘する権利だってあったんじゃなかったですかね?アメリカだけ??
「おいらはエライ検察官だ。おいらの質問に答えないのは生意気だ。」
と言っているようにも見えるんですが・・・。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 西鉄宮地岳線(現貝塚線) 西鉄宮地岳線代替バス

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/375-21140dc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。