湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


西鉄宮地岳線代替バスについて(3)
 いやー。久しぶりに38度線を超えてしまいました。しかも嘔吐と下痢のおまけつきでした。
 まあ、栄養ドリンク飲んで寝たら治りましたが・・・。

 で、病み上がりの中再度宮司取材を敢行して参りました。

 というか、にぎわいドォーットコム(参照)に遊びに行っただけ。
 商品も増えてなかなかいい感じになってきていました。


 とりあえず、宮地岳線代替バスのラッシュ時の乗車状況を確認していなかった(関連)ので、今回はラッシュ時(8時代)のバス乗車状況を花見古賀間で確認してみました(宮司取材と関係ないやんけ)。
 まず天神行の乗車状況ですが、ほぼ満席です。
 ところが、赤間発も津屋崎発も同じ26A(参照参照)なので僕には見分けがつきません(頼りない)。
 その後やってきた西鉄新宮駅行(5)は10名ほどの乗車でした。

 気を取り直して北に向かうバスを確認すると、5番の津屋崎行はなんと満席なのに26Aの赤間行は5名程度の乗車でした。

 元々このあたりを走っている路線バスは、サンリブ古賀やルミエール古賀店やJR古賀駅などに行くお年寄り等の短距離利用が結構あったようです。
 代替バスはJR古賀駅前まで乗り入れますので、従来のバス路線から乗客が移った可能性もあると当初は考えていました。

 この路線(参照)は以前減便されています(遠い参照)。

 この朝の状況を見ると、とりあえずは津屋崎あたりへの朝の乗客はある程度確保できているようです。

 ただし、その後の南行のバスを見ていると、新宮行が5名程度、(赤間発)天神行が10名程度、新宮行(天神行のすぐ後に来た)が1名程度と続きました。津屋崎発天神行以外は従来のバス路線(赤間発天神行)とあまり変わらない使われ方をしているかもしれません。

 ただ、宮地岳線もラッシュ時はそこそこの乗客はいたらしいことは付記しておきたいと思います。

 こうして見ると、宮地岳線代替バスは成功だったような感じもします。
 以前コメントで触れましたが、代替バスには宮地岳線にない利点があります。

 まず、停留所が多い点。
 宮地岳線の駅を増やしてほしいという要望は以前から沿線住民の中にありました。

 次に、宮地岳線よりも町の中心部を通る点。
 なぜか宮地岳線の駅前は寂れ切っていましたし、駅の存在感も希薄なものでした。

 そして、宮地岳線独自の事情として、もう元気な沿線住民の大部分が便利になったJRに移転してしまった後であるということ。
 つまりは最終的に宮地岳線を使っていた人たちはいくら不便であっても代替バスを使うしかない人が大部分であったということです(関連)。

 また、朝のラッシュ時の国道495号線の渋滞はあまり激しくないというのも挙げられると思います。

 宮地岳線の廃止は、もともと他の鉄道との競争に破れた区間が大部分であったため、公共交通体系の再編という意味はあると思います。
 ただ、そこでも利用者の犠牲は伴っていることを忘れてはならないのではないかと思います。

 と、まとめてしまったような感じもしますが奴間健司古賀市議のところに出ていた数字を検証していませんでした。
 で、続きます。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 西鉄宮地岳線(現貝塚線) 西鉄宮地岳線代替バス

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/376-f51d64a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。