湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


民主主義
 知人のやひさんのブログでやひさんが仕事を辞めた理由を長期連載(?)しています。
 てか、偽装請負ですか。僕も以前よく書いていたネタですな。
 まあこのまま進めば偽装請負も法的に認められるようになって、偽装請負という言葉はなくなってしまうかもしれませんが。
 搾取され放題ですな(>_<)

 そのブログに興味深いコメントがありました。


 世の中、頑張った人にだけ与えられるのが、報酬である。履歴書を自分で書いて、内容が粗末な人はそれなりに、優秀な人はそれなりに優遇、否認されるのが、民主主義なのである。それが辛ければ、自分の子供にだけは、同じ思いをさせるべからず。北朝鮮は、社会主義だII行きますか??私は、いやです。出来る限りの努力をいたしまーす。
(2007年11月6日付上野隆次氏のコメント)

 このコメントには疑問点が大きく2つあります。
 まず、現在の日本において、完全に公平な競争がなされているのであろうかという点です。
 佐藤俊樹の「不平等社会日本」にもありますが、日本でも親の社会的な地位が子の社会的地位に影響しているようです。

 それ以上に、僕たちの世代は自分たちの年代や卒業年でもかなり差があることを実感しているわけですが・・・。

 つまり、同じ能力で同じくらい努力をして同じ仕事をこなしても同じ収入がもらえるわけではないということです。

 次に、北朝鮮についてですが、この国の正式名称は朝鮮「民主主義」人民共和国です。「民主主義」を標榜しているからと言って国民が幸せな国とは限らないではないかという点です。

 北朝鮮の実態は「民主主義」とは程遠い絶対王政に近いとは思いますが・・・。

 この場合に適当なのは、「自由主義経済」もしくは「資本主義経済」でしょう。対義語は「計画経済」もしくは「社会主義経済」になるのでしょう。よく知らんけど。

 僕が中学校社会科の教員免許資格を取ったのは10年以上前ですからねぇ・・・。


 建前上、社会主義国家も民主主義です。
 多くの人は、商品や労働力を売って必要なものを買います。売る立場と買う立場を使い分けているのです。
 出発点として「売る立場が偉い(被雇用者)」というのが社会主義で、「買う立場が偉い(雇用者)」というのが資本主義なのではないかと思います。

 戦後の冷戦下、「西側」の資本主義国家は自由な経済活動をベースにしながらたりない部分を修正しながら歩んできました。
 また、「買う立場」だけではなく「売る立場」のことも考えながら政策を立ててきました。労働者保護や社会福祉などがそれです。

 ところが、「東側」の社会主義国家は「資本主義の進化形が社会主義であり、我々の国は理想的な民主国家である」として改良を怠っていました。
 今まで金持ち等が独占してきたものを国民のものにして平等にしたんだというのが彼らの考え方であると思われます。
 でも、国民のものというかそれを管理している国家のものなのであり、そうなると国家の中枢に近ければ近いほど結局得をするという現象が出てきました。

 他にも色々問題があったのだろうと思いますが、面倒なので割愛。

 それでも「うちの国は人民のための民主主義国家だ」と言い続けてきたわけですよね。

 で、崩壊。

 何か最近、日本もそうなっているような気がしてなりません。
 日本は自由に競争できる国だと言いつつスタートラインが人によってまちまちだったり、日本は国民主権の民主主義国家だと言いつつお金や権力がある人だけはやりたい放題だったり・・・。

 このまま進めば日本は腐ってしまって崩壊してしまうんじゃないかなぁ。
 一応僕も法律上は主権者ですから、自分にある小さな権利を生かして何とか食い止めないといけないですね。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 政治 社会

テーマ:ワーキングプア(働く貧困層) - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント

戦後日本は自由党や民主党から出発したのと思いきや、社会党から出発してるんですよね。だから、戦後の法整備はそこが前提になってるんじゃないでしょうか?
自民党の55年体制とかいわれて久しいですが「自由の国」「アメリカを追随する国」としての日本のスタートがそうだったというのは目からうろこでした。
もっとも、「ニッポンはよく出来た社会主義国家だ」とはどこかで聞いたせりふなんですけどね。
あながち皮肉でもないんじゃないかなと思います。
【2007/11/11 08:12】 URL | やひ@肥後熊本 #MkWzKcno [ 編集]

へー
社会党が出発点なんですか?それは初耳です。
「よくできた社会主義」とはよく聞きますし、僕もある意味よく言い表しているなぁと思います。
【2007/11/13 01:17】 URL | therapie #SFo5/nok [ 編集]

あ、あれ?
ちょっと自信ないかも(おいおい)>社会党
後でまた調べてみます。たしか、そうだったと思うんだけど。
白洲次郎関連の本を読んでいたときに、マッカーサー率いるGHQがいわゆる社会主義の勢力だったために、日本の占領が終わったときに追放されたとか解任されたとかいっていたような気がします。
【2007/11/13 12:35】 URL | やひ #ADR/QmPY [ 編集]

ニューディーラーのことですね
 GHQの民政部門である幕僚部には戦前の大恐慌の対策として政府が経済に積極的に関与していくという「ニューディール政策」の影響を受けた人々がたくさんいました。
 彼らはいわゆるリベラル派が多く、どちらかというと社会主義的な考え方であるとされているようです。

 彼らは戦後すぐの日本の経済政策を主導したので、恐らくそのことでしょうね。

 その後主導権は軍事部門である参謀部に移ったため、占領政策は大きく転換していくわけですが・・・。
【2007/11/13 14:02】 URL | therapie #SFo5/nok [ 編集]

いい加減なことを書いてしまいました
すみません、いい加減なことを書いてしまいました。
therapieさん、フォローありがとうございます。
ネットでしか調べることが出来ませんでしたが、どうやら55年体勢に入るまで、今のような自由民主党に大きく偏った政治ではなく、二大政党と諸政党で、分裂したり統合したりと色々と混乱していたようですね。
(私の頭も混乱してます)
何かの機会にもう一度本を読み直してみようと思います。
そうか、社会主義で目から鱗と思っていたのはニューディーラーだったんですね。
失礼しました。
【2007/11/13 19:18】 URL | やひ@肥後熊本 #MkWzKcno [ 編集]

間違いではなかったかも
 うろ覚えですが、確かかなり社会主義者であったと思います(さだかではない)。
 で、共産党だか社会党だかに期待していたのも事実だったように思います。
【2007/11/13 23:40】 URL | therapie #SFo5/nok [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/385-d6d53743
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。