湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


ブランド
 先日、建売分譲住宅販売に携わっている人についてのお話を聞く機会がありました。住宅といえば、一般人にとっては一生に一度の高価な買い物です。
 そういう物は信頼できる会社、信頼できる人から買いたいものです。

 ところが、そうはなっていないみたいですね。

 その人は、住宅を販売する会社に雇われているそうです。その会社は、複数の会社から住宅の販売を請け負っていて、その人は土日に分譲地に入り、売れると15万円がもらえるのだそうです。
 ただ、買いたいという時の説明はできず、ローンが通るか審査をしている間に販売会社の社員がやってきて以降は説明をする形になっているのだそうです。
 そもそも、「○○建設の分譲住宅」といいますが実際販売しているのは○○建設ではなく別の会社である例が多いとのことです。

 例えば四季彩の杜 美明の場合、売主は株式会社NIPPOコーポレーション(旧日本鋪道株式会社)ですが土地建物販売代理は新日本ホームズ株式会社辰巳住研株式会社ミサワホームイング九州株式会社が受けもっているようです(参照)。
 ここでいうのは、その販売代理の所から更に請け負っている名前の出ない会社があるというお話です。

 四季彩の杜 美明がそのような販売形態をとっているというわけではないので念のため。

 そもそも建設も様々な業者がやってきて作るのが普通です。

 ディベロッパー(developer)というのも開発業者ですが、実際本体は手を下すわけではないですからね。
 もっと分かりやすいのがゼネコンで、総合建設業(General Constructor:和製英語)ではなく総合請負業(General Contractor:やはり和製英語)なのだそうです。
 欧米では設計と施工がもっと厳格に別れているそうで、日本以上にわけわからなそうです。

 建設する際は専門技術が必要なのできちんと管理ができていると仮定すればよしとしましょう。
 でも、お客に説明する人が商品についてまったく知らなくても問題がない体制というのは問題(くどい)ではないでしょうか。

 実際コストを下げるためには仕方ないことです。
 全部売れるまで企画した会社の社員が張り付いて売るのは無理だと思います。
 また、土日の客が多いでしょうが、土日にあわせて社員を雇うのも平日は暇な社員ばかりになって無駄です。
 会社にとってみればコストが抑えられ、顧客にとっては住宅の値段が下がる素晴らしい仕組みだと見ることもできます。

 しかし、それでいいのでしょうか?
 僕には分かりません。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:それでいいのか日本国民 - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/386-31b1b148
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。