湾鉄調査部
元々鉄道ブログですが、福岡県古賀市、新宮町、福津市の情報に移行、その後福岡市近郊の情報に寄り道した後、心理学と障害者福祉に関心を移しています。
広告


プロフィール

therapie

Author:therapie
 元々は鉄道ブログです。
 と言いつつ、福岡市北郊にある新宮、古賀、福津の情報をメインに書いていました。
 筆者転居のため、最近は福岡市内の情報をメインに書いています。
 自分の興味が向いたものを、自分勝手に調査しています。
 今のところ、基本的に毎週日曜日に更新しています。
 お問い合わせはメールフォームからお願いします。



最近の記事



カテゴリ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSフィード



リンク


ブログパーツ類
あわせて読みたいブログパーツ

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

ジオターゲティング


検索






Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign


新・都築家の人々(1)
 一昨日明らかになった件ですが、逮捕された自称「総長」の妻である自称「副総長」(参照)が、15日に「総長」に就任したそうです(参照)。
 また、昨日引用した記事でも自称「総長」の常軌を逸した「セクハラ」ぶりが書かれていましたが、昨日の報道でもさらに異常な実態の一端が明らかにされました。


調べによりますと**総長は日頃から校内で自分好みの女子学生をみかけると「大学で働かないか」などと声をかけ卒業後、職員として働かせていたことが新たにわかりました。警察は、絶対的権力を持った**総長のわいせつ性を裏付ける行為とみて注目しています。
(【福岡】**総長わいせつ事件 好みの女子学生雇用・2007年11月15日付九州朝日放送)

 しかも、FM福岡に寄れば「女性職員らが被害抗議文を学園に提出していた(参照)」そうで、学園ぐるみの「セクハラ」製造・隠蔽が行われていたのではないかとさえ思えてきます。
 報道されたことが事実ならば、以前紹介した「怪文書」が生きてきます。

 衝撃の「強姦疑惑事件」のニュースが入ったのは2000年1月19日のことである。「学長は学園要員に強姦をして、親に慰謝料を支払う始末になった」という話を事情通の先生から聞いた。被害者の元の担任だったK教授は慰謝料を持参して被害者宅を訪問したという。そして、お金を渡したあと学内では事件の報告もせずにこの事件を闇に葬った。
 そこで、別のルートからも調べてみた。調査結果を下記に示すが、その前に学園要員とはどういうものかを説明しておく。学園要員の制度は十数年前から続いている。約20名ほどの第一保育短大卒業生を選び、事務員として第一保育短期大学、第一幼稚園、第一経済大学、第一薬科大学などの関連大学で採用するというのが建前だ。採用時に要求される資質として容姿が一番であるとか、美人だけしか合格しないといううわさが流れている。ここにも「セクハラ」が垣間見えるが、こんなことで「セクハラ問題」だといって取り上げる人などいないほど麻痺しているのがこの学園の特徴である。複数の学園要員の話をまとめると、結局、学長は20名の卒業生の中から学長好みの「セクハラ要員」を4,5名選んで自分の「おもちゃ」にしていたようだ。髪が長いこと、背が高いことが学長に好まれる要素だという。まさに、卒業生を食い物にして、教育界を冒涜する偽善者であったのだ。
 学園要員は「事務員」、「幼稚園」、「学長お付き」(4,5名)要員に振り分けられる。もちろん「学長お付き」は美人ぞろいだという。「お付き」以外は学長と顔を合わせることはほとんどない。つまり、被害者にならずにすむわけだ。事務員と幼稚園勤務で辞めた人は一人もいないのに、「学長お付き」だけはどんどん辞めていくという。五名全員辞めた年度もある。
 学園要員の中でも「お付き」の仕事は過酷である。朝の2時、3時までお茶汲みを何日も連続でさせられたという。20分ごとに新しいお茶を持っていかなければならなかった。更に恐怖のセクハラが待っていた。学長は「お付き」に対して隙あらばセクハラしてやろうと狙っていたそうだ。「お付き」と二人きりになったときが一番危ないという。たとえば「お絞り」を持っていったときに嫌らしく手を握ったり、お尻を触ったり、胸を触ったりする常習犯であるという。回数は人によって異なるが、平均して月に10回ぐらいセクハラを受けたという。しかし、訴えようとすると「ヤクザを送って家庭を破壊する」という話を聞いたので訴える勇気がなかったという人もいる。「お付き」の給料については普通の事務員の給料に10万円プラスされたもので30万円程度だったが、人によってはこのプラス10万円をも支給していない。ここにも差別待遇が現れている。このような状況の中で学園要員は過酷な労働条件を強要され、身動きのできない密室の中で脅えながら働いているというのが実情である。第一保育短大はこの問題に対して何らかの処置をとって彼女らを救う義務があるはずだ。
(3.「学長による強姦疑惑・セクハラ事件」・2001年11月4日付)

 この件については、こちらのページ(参照)で具体的な証言がなされています。

 もっとも、このページを作った方は自称「総長」とあまり仲が良くないご様子なので(参照参照)、すべて鵜呑みにするのは危険かもしれません。

 僕のところにも去年、この記事を紹介したためでしょうが「友人が学園の職員でセクハラを受けている」というメールがありました。
 その際はお力になれない旨をお伝えしたのですが、内心忸怩たる思いでした。

 冒頭に紹介した通り、自称「総長」(段々くどい気がしてきた)はその座から降りました。
 しかし、後釜は配偶者ですからねぇ。

 この怪文書の通り、新自称「総長」が「一度死んだ」のであれば、旧自称「総長」の復活は完全にないかもしれませんが・・・。

 ましてや学校法人都築学園、学校法人都築育英学園の理事長職と第一薬科大学福岡経済大学第一工業大学第一幼児教育短期大学第一福祉大学の学長職はどうなるのかまだ分かりません。

 学校法人や社会福祉法人等の場合、出資しても経営に口を出せるわけではありません。
 理事会のポストや学長や校長の地位を得なければ、何の力もないのです。

 旧自称「総長」がいくら創設者の次男でその跡を継いだ人物だとしても、ポストを失えばただの人なのです。

 もし「セクハラ」が事実だったとして元自称「総長」が復権すると、被害者はさらに苦しいことになってしまうでしょう。
 重ねて書きますが、是非徹底的に追求していただきたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 地域生活ブログ 福岡情報へ にほんブログ村 政治ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ
Keyword : 教育 事件 都築総合学園

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wantetsu.blog61.fc2.com/tb.php/393-9ff112ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



当ブログはリンクフリーです。
ただし、匿名掲示板からのリンクは管理者であろうとも禁止します。
不適当だと判断したコメント・トラックバックは掲載しません。
情報の正確性には常に留意しておりますが、その検証能力には限りがあります。
このサイトにより生じたいかなる損害においても責任は負いかねますのでご了承ください。